京成バス公式ウェブサイトに「triplaチャットボット」を導入~訪日外国人観光客のお問い合わせにAIが24時間5言語で回答~

旅行業界向けIT・AIサービスを展開するtripla株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役CEO 高橋 和久、代表取締役CTO 鳥生 格、以下「トリプラ」)は、トリプラが開発・提供する多言語AIサービス「triplaチャットボット」を、京成バス株式会社(本社:千葉県市川市、代表取締役社長 齋藤 隆、以下「京成バス」)に提供し、チャットボットを通じたお問い合わせのサポートを2020年3月31日より開始したことをお知らせします。本件は、トリプラがバス会社に「triplaチャットボット」を展開する初の事例となります。

 


 この度、京成バスの公式ウェブサイトに導入された「triplaチャットボット」を通じて、利用者は高速路線バスの「路線情報」「予約方法」「発券方法」「乗り場情報」などについて24時間5言語(日本語・英語・韓国語・中国簡体字・中国繁体字)でお問い合わせが可能になります。
 また、「triplaチャットボット」は、学習を重ねるごとにAIの自動回答精度が向上するサービスです。今後、京成バス利用者のご質問内容を継続的に学習させることにより、AIが自動回答できる質問の幅をさらに広げてまいります。
 トリプラは、「triplaチャットボット」を通じて、京成バスのお問い合わせ対応業務の効率化と同時に、外国人観光客のスムーズなバス利用をサポートし、顧客満足度向上に貢献します。

 訪日外国人観光客の増加に伴い、旅行中に多く利用される公共交通機関にバスが挙げられます。一方で、バスを利用する外国人観光客が困ることとして「乗り場、ルート検索」の項目が挙げられ※、利用の難易度は高い状態と言えます。
 京成バスは、成田空港や羽田空港と都心を結ぶ路線、市街地内から人気テーマパークへの路線、千葉を拠点とした国内観光地への路線など、行き先が多岐に渡る高速路線バスを展開しており、近年外国人利用者からのニーズが高まっています。

 トリプラは、今後も、宿泊業界を中心に成長した「tripla チャットボット」を観光客の移動に欠かせないバス・鉄道・レンタカーなど様々な交通手段へ展開することで、業界全体の業務効率化と顧客満足度向上への貢献に努めます。同時に、課題解決に貢献するマーケットイン型の IT・AI サービスの導入を進め、旅行業界に新たな価値を創造します。

※観光庁「訪日外国人旅行者の受入環境整備に関するアンケート」結果:https://www.mlit.go.jp/common/001281549.pdf
 

京成バス公式ウェブサイト上の「triplaチャットボット」利用イメージ京成バス公式ウェブサイト上の「triplaチャットボット」利用イメージ



【京成バス株式会社 概要】
本社所在地            :千葉県市川市八幡三丁目3番1号
会社設立               :2003年10月1日
代表取締役社長     :齋藤 隆
URL                      :http://www.keiseibus.co.jp/

【tripla株式会社 概要】
本社所在地            :東京都中央区新川1-22-13 新川I&Lビル6階
会社設立               :2015年4月15日
代表取締役CEO    :高橋 和久
代表取締役CTO    :鳥生 格
URL                      :https://corp.tripla.jp/

■多言語AIサービス「triplaチャットボット」概要
宿泊施設の公式ホームページ上でお客様からの問い合わせへの対応と同時に宿泊予約の完了が可能となるサービスです。2017年のリリース以降、宿泊施設をはじめとする国内700以上の施設に導入されています。従来、フロントスタッフが電話やメールで対応していたお客様からの問い合わせに、日本語・英語・韓国語・中国簡体字・中国繁体字の5言語に対応するAIが代理で対応することで、大幅な業務削減に貢献しています。業界唯一である、5言語ネイティブの有人オペレーターによるサポート体制も高い評価を得ています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. トリプラ >
  3. 京成バス公式ウェブサイトに「triplaチャットボット」を導入~訪日外国人観光客のお問い合わせにAIが24時間5言語で回答~