あらゆるオンライン会議を自動で録画・解析・整理するAI 搭載 SaaS 「JamRoll」が経済産業省後援「第7回 HRテクノロジー大賞」でスタートアップ賞を受賞

-遠隔で働くメンバーのチームケアにも貢献すると高く評価-

音声感情解析 AI を提供する株式会社 Empath (本社: 東京都渋谷区、共同代表:下地貴明、山崎はずむ 以下 Empath)が提供する、あらゆるオンライン会議を自動で録画・解析・整理してチームのコラボレーションを促進するAI搭載 SaaS「JamRoll」は、この度「第7回 HRテクノロジー大賞」において「注目スタートアップ賞」を受賞いたしました。

■注目スタートアップ賞の受賞理由
「JamRoll」はオンライン会議の録画・文字おこし・分析・整理をAI書記が自動で行い、一次データである動画・音声を社内の共通資産とすることで、ビジネスコミュニケーションの齟齬を無くすことをサポート。音声感情解析AIも搭載しており、声の状態からチームメンバーの「元気度」を計測できるなど、遠隔で働くメンバーのメンタル状態の可視化やチームケアにも貢献する優れたサービスであると高く評価されました。
 ▶「第7回 HRテクノロジー大賞」特設サイト:https://hr-souken.jp/hrtech_award/
 

■受賞コメント

Co-CEO 山崎 はずむ
 「JamRoll」はこれまで商談や社内会議等のシーンを想定し組織の課題解決に貢献してきましたが、ユーザーの声から採用や人事領域でもご活用いただけることがわかり、今後の可能性がますます拡がっています。この度選出していただいたスタートアップ賞は、社会の皆様からの期待の現れだと考えています。期待に応えるべく、これからの機能拡充とCSの充実にまい進します。


■「HRテクノロジー大賞」について
「HRテクノロジー大賞」(後援:経済産業省、産業技術総合研究所、情報処理推進機構、中小企業基盤整備機構、株式会社東洋経済新報社、株式会社ビジネスパブリッシング、HRテクノロジーコンソーシアム、HR総研(ProFuture株式会社))は、日本のHRテクノロジー、人事ビッグデータ(アナリティクス)の優れた取り組みを表彰することで、この分野の進化発展に寄与することを目的に、今年第7回が開催されました。


■あらゆるオンライン会議を自動で録画・解析・整理するAI 搭載 SaaS「JamRoll」とは
「JamRoll」はAI書記がオンライン会議を自動で録画・文字おこし・整理する動画プラットフォームです。AI書記がオンライン会議に同席し自動録画をすることで、これまで議事録の文字情報や口頭での報告では知ることのできなかった実際の商談の雰囲気や交渉術、お客様の反応をワンクリックでかんたんにチームメンバーや上司に共有することが可能です。また、すべての会議を自動で文字起こしすることで議事録や報告資料作成の時間を削減し、業務効率化を実現します。さらに、手間いらずでかんたんにZoom、Google Meet、Microsoft Teamsと連携が可能。場面に応じて複数のオンライン会議ツールを利用していても、各ツールで録画したデータを自動で一元管理することが可能です。
(JamRoll の詳細 :https://jam-roll.webempath.ai/

<Empath Inc.概要>

Empathは世界50ヶ国3,500社以上で採用実績のある音声感情解析AI「Empath」をはじめとして、音声認識、会話解析など音声分野におけるAI領域の研究および開発を行っています。「共感で声を響かせる」というミッションのもと、お客様はもちろん、それぞれのメンバーの個別具体的な状況や歴史的な背景に配慮した対話を普段から重視しており、科学と人文知をクロスさせた共感に基づくプロダクト開発を行っています。

・設立 :2017 年 10 月 31 日
・本社所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷 3-16-3 メイゾン原宿 502
・代表者 :下地 貴明、山崎 はずむ
・事業内容 :音声感情解析 AI「Empath」の販売
・URL:https://webempath.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Empath >
  3. あらゆるオンライン会議を自動で録画・解析・整理するAI 搭載 SaaS 「JamRoll」が経済産業省後援「第7回 HRテクノロジー大賞」でスタートアップ賞を受賞