1位は1971年放送開始の「ルパン三世シリーズ」! gooランキングが「一生見続けていたいテレビアニメシリーズランキング」を発表

gooランキング(グーランキング)は、世の中のあらゆる「こと・もの」をランキング化する国内最大級のランキング情報サイトです。今回は、シリーズとして制作されているテレビアニメをテーマに、一生見続けたいと思うのはどのシリーズなのかについて調査・ランキング化しました。
一生見続けていたいテレビアニメシリーズランキング調査期間:2020年510日~2020年524
 


【集計方法】
gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。

【記事URL】
https://ranking.goo.ne.jp/column/6626/

1位はルパン三世シリーズ
1位に輝いた「ルパン三世シリーズ」は、1作目の放送開始が1971年というご長寿シリーズ。2018年にはシリーズ5作目となる『ルパン三世 PART5』が放送されています。
原作は、1967年にモンキー・パンチが発表した同名漫画。1984年放送の『ルパン三世PARTIII』以降はテレビスペシャルと劇場版、OVAのみでの展開となっていましたが、2015年に『ルパン三世 PART4』でテレビシリーズが復活。シリーズ再開を待ち望むファンの注目を集めました。
ちなみに、原作のアニメ化が初めて企画されたのは劇場版。最終的には企画が頓挫しましたが、テレビシリーズ用のパイロットフィルムは、この劇場版用のパイロットフィルムをベースに制作されたそうです。

2位はドラゴンボールシリーズ
2位に続いたのは、1作目『ドラゴンボール』の放送開始が1986年とこちらも息の長い「ドラゴンボールシリーズ」。1989年の1作目放送終了後も、最新作『ドラゴンボール超』まであまり長い空白期間を空けずに制作され続けてきたため、「子どものころからずっと見ている」という人は「ルパン三世シリーズ」以上に多そうです。
2作目『ドラゴンボールZ』までは1984年から1995年にかけて『週刊少年ジャンプ』で連載されていた原作漫画がベースとなっていますが、原作のその後をオリジナルのストーリーで描いた『ドラゴンボールGT』や、原作者・鳥山明の原案で新たな物語として生まれ変わった『ドラゴンボール超』など、アニメ独自の展開をしてきた同シリーズ。次は一体どんなドラゴンボール・ワールドを見せてくれるのか、気になるところです。

3位はひだまりスケッチシリーズ
3位にランク・インした「ひだまりスケッチシリーズ」は、芳文社の『まんがタイムきららキャラット』で2004年から連載されている蒼樹うめの人気4コマ漫画『ひだまりスケッチ』を原作とするシリーズです。
原作漫画が2000年代の連載開始ということもあり、いわゆる長寿シリーズではありませんが、2007~2012年のわずか6年間で4期までシリーズ作品が制作され、大いに人気を集めました。
現在制作されているのは4作目までですが、原作漫画の連載が今も続いていることを考えると、5作目の登場も期待できるのではないでしょうか?

※記載されているサービス名および商品名などは、各社の登録商標または商標です。

 

「gooランキング」について( https://ranking.goo.ne.jp/ )
「gooランキング」は、芸能からアニメ、ご当地、おもしろネタまで、世の中のあらゆるものをランキングで発表する国内最大級のランキングサイトです。これまで公開したランキングは50,000以上。編集部が考えた独自のネタを調査し、日々新たな切り口のランキングを作成しています。

 

以上
  1. プレスリリース >
  2. gooランキング事務局 >
  3. 1位は1971年放送開始の「ルパン三世シリーズ」! gooランキングが「一生見続けていたいテレビアニメシリーズランキング」を発表