ラストワンマイル物流「エニキャリ」が、5.5億円の資金調達を実施

エリア拡大とシステム強化を加速

短距離・ラストワンマイル物流に特化した物流ソリューション事業を展開する株式会社エニキャリ(以下当社)は、7月8日に、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ株式会社が運営管理するテクノロジーベンチャーズ5号投資事業有限責任組合およびENEOSイノベーションパートナーズ合同会社、Logistics Innovation Fund投資事業有限責任組合、JA三井リース株式会社、りそなキャピタル6号投資事業組合を引受先とした第三者割当増資による総額約5.5億円の資金調達を実施しました。これにより累積資金調達総額は約12.5億円となります。
引き続き物流ソリューション事業へ投資し、エリア拡大を推進するとともに、即時配達型物流プラットフォームのシステム開発ならびに人材採用を更に強化していきます。

  • 株式会社エニキャリについて
時代の変化を捉えた新しい物流インフラ構築を目指しています。短距離配達を効率化する配達管理システムをコアに「オンラインとリアル」「企業とヒト」「ヒトとヒト」をつなぐ、短距離・ラストワンマイルに特化した物流サービスを展開する企業です。さまざまな業種・業態と連携した物流DXを通して、カーボンニュートラル実現の一員となるべく、CO2排出ゼロの自転車を中心とする近距離物流網を構築しています。

■エニキャリが展開するサービスの3つの特徴


1.デリバリーの注文受付に必要な機能がそろったフロントサイト
自社デリバリーサイトを簡単に構築可能です。Webサイトやスマホアプリからの注文・受付が可能で、お届け予定時間や配達状況といった注文者向け機能や注文受付からお届けまでを管理する店舗向け機能など、フードデリバリーはじめ即時配達の注文管理に必要なすべてを搭載しています。飲食店の公式デリバリー(ショップ形式)やテナントをとりまとめる商業施設デリバリー(モール形式)など、企業や小売店のデリバリー事業の成長につながるフロントサイトを提供します。

2.地点情報を基にする最高効率の配達管理システムと外部システム連携
ランダムに発生する配達情報における始点(ピックアップ)・終点(お届け先)の地点情報を基にする自動配達アサインシステムをSaaS形式で提供しています。店舗用注文管理タブレットAPPと配達員スマホAPPとも自動連携し、即時配達サービスにおける店舗や本部の人的管理コストを大幅に低減します。また豊富なAPIを提供しており、例えば、既存ECサイトや自社店舗アプリなどとの連携利用も容易です。

3.企業や小売店のニーズに合わせた配達クオリティーとサポート体制
即時配達をスポットで手配したい、既存ECシステムと連携した配達代行を委託したい、マッチング方式ではなく雨の日なども安定して配達してほしい、トレーサビリティやサポート体制を重視したい、など企業や小売店のニーズに合わせた手段とクオリティーを提供します。

 

未開封証明シール未開封証明シール

※フードを運ぶ際に心配される異物混入や時間経過に伴う品質劣化などが起こらないようなトレーサビリティの仕組み、未開封を証明できるシールなど、「安心・安全」の体制でお届けします(「フードデリバリーに関する異物混入を防ぐ 商品配達システム及び商品配達プログラム」として特許を取得しています)。
※ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)に関する国際規格「ISO/IEC 27001:2013」の認証を取得しています。

 


【会社概要】
名称 : 株式会社エニキャリ
代表者 : 代表取締役 小嵜 秀信
本社 : 東京都千代田区平河町二丁目5番3号
渋谷オフィス : 東京都渋谷区桜丘町29-31
設立: 2019年8月8日
資本金 :約630百万円
事業内容:デリバリーのシェアリングプラットフォーム運営
コーポレートサイト:https://www.anycarry.co.jp/
注文サイト:https://anycarry.jp/

【店舗・企業ご担当者からのお問い合わせ先】
株式会社エニキャリ 営業企画本部
Tel:03-6416-0089 (受付:平日11:00-20:00)

【報道関係者からのお問い合わせ先】
株式会社エニキャリ 広報事務局
Tel:080-4104-7711(担当:ハッピーPR株式会社 広瀬)
Mail:anycarry_press@happy-pr.co.jp

※本プレスリリースのPDFはこちら→ https://prtimes.jp/a/?f=d56779-20220725-0bc61c80c214e56f7a24a18ab91aaed5.pdf
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エニキャリ >
  3. ラストワンマイル物流「エニキャリ」が、5.5億円の資金調達を実施