【介助犬使用者&介助犬の新たなペア誕生に向けて】愛知県自動車販売店協会が(社福)日本介助犬協会の介助犬育成を支援

●愛知県自動車販売店協会が(社福)日本介助犬協会に200万円の助成金贈呈
●(社福)日本介助犬協会は愛知県内での介助犬使用者と介助犬ペアの誕生を目指す

 

健全な車社会の形成を通し日本経済の発展に寄与する活動に取り組む一般社団法人日本自動車販売協会連合会の愛知県支部である愛知県自動車販売店協会が創立60周年を迎え、2月12日(金)に名古屋市内のホテルで式典が開かれた。

この式典では愛知県自動車販売店協会から社会福祉法人日本介助犬協会(以下、協会)へ、介助犬使用者と介助犬ペアの育成費用を助成することを目的として200万円の助成金目録が贈られた。
 

 

愛知県自動車販売店協会創立60周年記念式典での目録贈呈の様子愛知県自動車販売店協会創立60周年記念式典での目録贈呈の様子


協会は、手や足に障害をかかえる方(肢体不自由者)の日常生活動作や精神面でのサポートを行う介助犬を育成している。全国で介助犬ペアはまだ57組しかいないことに比べ、介助犬がいればより豊かな生活ができる肢体不自由者は全国で15,000人いると言われている。介助犬ペア1組の育成には約240~300万円の費用がかかるが、介助犬は肢体不自由者へ無償貸与され、育成費用の9割以上は寄付や募金でまかなわれている。

協会では年間1~3組のペアを輩出しているが、愛知県内で活動する介助犬ペアは3組に留まる。今回の助成は、愛知県内で活動する新たなペアの育成費用として活用される。

 

 

車いすの横を歩く介助犬車いすの横を歩く介助犬

介助動作(車いすの牽引)介助動作(車いすの牽引)












今回の贈呈をした愛知県自動車販売店協会 小栗会長からは「60年の節目を迎えた今年、交通事故死ワーストワンをなんとか脱却した愛知県として、今後もしっかりと交通事故被害者の支援の一環としての社会貢献活動に取り組んでいきたいと思う」と挨拶があり、贈呈を受けた日本介助犬協会専務理事 高柳友子氏は「介助犬育成普及活動は寄付に頼られており、認知度が低いことが課題なのでこの度の助成金は大変ありがたい。交通事故等で障害を持った障害者が介助犬と共に生活を始めることで笑顔と勇気が戻り、自立と社会参加をもたらすことをより多くの方に知って頂く契機になったことにも感謝している」と話した。

式典には介助犬の訓練犬グラディス(3歳、メス)もトレーナーとともに参加。会場では愛知県自動車販売店協会役員だけでなく、「介助犬を初めて見る」と会場のホテル職員や式典参加者も、グラディスの大人しく愛らしい様子に目を細めた。

 

介助犬訓練犬グラディス介助犬訓練犬グラディス



<社会福祉法人日本介助犬協会>
https://www.s-dog.jp/
0561-64-1277
info@s-dog.jp
 
  1. プレスリリース >
  2. 社会福祉法人 日本介助犬協会 >
  3. 【介助犬使用者&介助犬の新たなペア誕生に向けて】愛知県自動車販売店協会が(社福)日本介助犬協会の介助犬育成を支援