全国でわずか57ペアの、肢体不自由者を支える介助犬の育成。ボランティア団体から始まった取組みについて創業者が語ります。社会福祉法人日本介助犬協会 専務理事 高柳友子(医学博士)

#リハビリテーション  #創業エピソード  #プロジェクトの裏側

2021年3月3日 08時30分 社会福祉法人 日本介助犬協会

  • ストーリーをシェアする

ストーリー素材ダウンロード

このストーリー内で使われている画像ファイルと報道用素材がダウンロードできます。
掲載内容や画像等は各媒体の報道にご利用いただけます。