文京区・トヨタ自動車株式会社・国連UNHCR協会 主催国際女性デーとデニ・ムクウェゲ医師のノーベル平和賞受賞記念

『女を修理する男』上映会開催のお知らせ

特定非営利活動法人国連UNHCR協会(東京都港区 / 以下、国連UNHCR協会)は、文京区、トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)との共催により、3月8日の国際女性デーとデニ・ムクウェゲ医師のノーベル平和賞受賞を記念して、性暴力の被害に遭いながらも力強く生き抜く女性たちと医師の命がけの治療を追ったドキュメンタリー『女を修理する男』の上映会を開催します。

文京区はかねてより難民支援に取り組み、姉妹都市であるドイツのカイザースラウテルン市での難民支援を支えるため、募金活動などを積極的に行っています。また、トヨタ(文京区後楽)は、2007年からUNHCR難民映画祭に協賛しています。国際女性デーを機に多くの方に難民問題に関心を持っていただくことを目的とし、UNHCR難民映画祭2018のパートナーズ上映として、『女を修理する男』の上映会を三者で開催する運びとなりました。

本上映会の告知にぜひともご協力いただきますようお願いいたします。

■   上映会概要
日時:2019年3月8日(金)18:30~20:45 (18:00開場・受付開始)
会場:文京シビックホール 小ホール (東京都文京区春日1‐16‐21)
入場:無料・要事前予約(先着300名)
主催:文京区、トヨタ自動車株式会社、国連UNHCR協会
申込み方法:ウェブサイトまたは往復はがきでの申込み
【ウェブサイト】https://www.japanforunhcr.org/event/20190308の申込みフォームよりお申込みください。3月4日(月)18時締切。
【往復はがき】必要事項を記載し、事前申込み締め切り日2月25日(月)(消印有効)までに下記宛先へ。
〒107-0062東京都港区南青山6-10-11ウェスレーセンター3F 国連UNHCR協会・上映会事務局宛
①3月8日国際女性デー『女を修理する男』上映会 ②お名前(漢字・フリガナ) ③郵便番号と住所     ④電話番号 ⑤生年 ⑥性別

■   『女を修理する男』作品情報
ノーベル平和賞受賞デニ・ムクウェゲ医師の命がけの治療を追ったドキュメンタリー。コンゴ民主共和国で性的被害にあった女性達を治療するデニ・ムクウェゲ医師は、2012年に脅迫を受け一時は海外へ。しかし翌年には命の危険を冒して再びコンゴに戻る。そして命がけの治療を再開する―。
監督:ティエリー・ミシェル/ベルギー/2015年/112分/ドキュメンタリー/配給:ユナイテッドピープル

■特定非営利活動法人 国連UNHCR協会とは
国連UNHCR協会は、日本におけるUNHCRの公式支援窓口として2000年に設立されました。UNHCR駐日事務所と連携しながら、UNHCRの活動を支えるための広報・募金活動を行っています。皆さまからのご寄付に対して、税控除の領収証を発行することができる認定NPO法人です。https://www.japanforunhcr.org/

■UNHCR難民映画祭とは
国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所と国連UNHCR協会は、日本での難民問題啓発と支援を目的に、世界中から集めた難民を取り巻く現状をリアルに感じることのできるドラマやドキュメンタリー映画を上映する「UNHCR難民映画祭」を2006年より毎年開催しています。また、UNHCR難民映画祭で上映する作品の上映イベントを企業・団体や学校が主催者となって開催する取り組み「パートナーズ上映」を後援しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 特定非営利活動法人 国連UNHCR協会 >
  3. 文京区・トヨタ自動車株式会社・国連UNHCR協会 主催国際女性デーとデニ・ムクウェゲ医師のノーベル平和賞受賞記念