まもなく端午の節句!ギンザタナカの貴金属製兜最新の売上No.1商品を発表! ~コロナ禍で昨年節句祝いを控えたお客様の購入が増加~

~金への注目を背景に金の兜が銀の販売個数を抜き、売上金額は銀の4倍以上に~

 1892年に創業した貴金属の老舗ギンザタナカ(田中貴金属ジュエリー株式会社 本社:中央区銀座、代表取締役社長執行役員:田中 和和、以下 ギンザタナカ)は、40年以上にわたり、男児の健やかな成長を願い、直営店とオンラインショップにて金や銀などの貴金属製の兜を販売しています。
オンラインショップURL:https://shop.ginzatanaka.co.jp/
 

 

 

 古くから日本では男児を病気や事故などから守り、健やかに成長して欲しいとの願いから「兜」や「鎧」を飾る習慣がありますが、兜が「立身出世」のモチーフであることから、開業祝いや昇進祝いなどビジネスでの特別なギフトとしても多くの方々に選ばれています。今回は貴金属製兜を中心とする端午の節句関連商品の最新の売り上げ状況と、直営店7店舗で実際の購入者に聞いた「購入商品の決め手」や「使いみち」についてご紹介します。

2021年の売上動向 集計期間:2020年12月1日~2021年3月31日
  • 金価格史上最高値を記録した2020年の純金製兜の販売個数が純銀製兜を初めて上回り、売上金額は純銀製の4倍以上に。資産としての金への注目の高まりが伺える結果に
  • 売上ランキング上位の商品はライフスタイルや住宅事情の変化により、モダンなデザイン、コンパクトなタイプが支持される傾向に
  • 巣籠需要で通販部門が伸長。購入者の4割が通販を利用している結果に
  • 地域別では名古屋店が昨年対比で売上金額約1.9倍に。コロナ禍で金の資産性価値を評価する顧客の需要が増加
ギンザタナカの貴金属製兜20年12月~21年3月の「売上No.1商品」をご紹介


兜(銀)部門
1位:純銀兜 「剣」 小

税込価格:85,000円
ギンザタナカの貴金属製兜の中でも毎年売上ランキング上位にランクインする定番人気の逸品。伝統工芸士・武比古が手仕事で仕上げた「剣」をモチーフにしたダイナミックな前立てと細工の美しさも魅力です。

 

 

兜(金)部門
1位:純金兜 「剣鍬形」
税込価格:680,000円

現代のインテリアにもマッチする小型の純金製兜が金部門の1位に。
例年、コンパクトでありながら高い資産性を備えた純金製の兜の人気が上昇しています。

 

関連商品部門
1位:純銀額「兜」
税込価格:43,000円

華やかな彩色仕上げが美しい兜をモチーフにした飾り額は、省スペースで節句のお祝いができることや、お求めやすい価格も人気のポイントです。

 

 

 




============================================================
~ギンザタナカの貴金属製兜・端午の節句関連商品購入者の声~

 

◎「昨年はコロナで来店できなかったのですが、ずっと気になっていて子どもと一緒に購入しに来ました」
(60代・ご夫婦で来店)

(購入した兜 商品名:純銀兜「龍」中)
 首都圏を中心に緊急事態宣言が発令された昨春、お子様の初節句を祝いたい気持ちはあるものの、親族・家族で集まってお祝いすることが難しく購入を先送りにした方が今年になって購入されるケースが見られました。煌めく兜とともにお孫様の健やかな成長を見守りたい、と祖父母世代の方々の購入も多くありました。

 

 

◎「資産性のある“純金の兜”を探していて、ギンザタナカの兜に決めました」
(20代女性/50代女性 親子で来店)

(購入した兜 商品名:純金兜「勝虫」中)
 近年、安全資産として高い注目を集める「金」の兜の人気が高まっています。「リビングに飾っても邪魔にならない」(50代女性)「引っ越しが多いので小さなものが良い」(50代夫婦)など、購入者の声からは資産性の高さに加えコンパクトでディスプレイや収納に便利な点が評価されていることが伺えました。また、「通年飾っていても違和感が無さそうなデザインが良い」(60代女性)と、端午の節句の季節だけではなく一年を通してご自宅のインテリアとして楽しまれるというお客様の声もありました。

◎「家族が増える度に貴金属製の兜を購入していて、今回で4台目です」(60代女性)

(購入した兜 商品名:純銀兜 「剣」小)
 兜を始めとする節句飾り(五月人形)は人の厄を身代わりにし、願いを背負うという意味を持つので、一人に一台用意するものと言われています。そのため、リピーターとして素材や大きさ違いで貴金属製兜を購入されるお客様も多くいらっしゃいます。また、既に兜をお持ちで下のお子様には別の商品を希望される場合は「こいのぼり」や「金太郎」などをモチーフにした端午の節句関連商品をお求めいただいています。

 

◎「会社に飾るために購入しました」(40代男性)

(購入した兜 商品名:純金置物 「初陣」)
出世祈願のモチーフとしても愛される兜は、開業祝いや昇進祝いなどのギフトとしても人気です。購入者の中には「小売店を営んでいます。お店にお雛様と並べて兜を飾るつもりです」(70代夫婦)、「知人への退職祝いとして純銀製の兜モチーフの額を購入しました」(60代男性)といった声も多く寄せられました。ご自身の会社やお店用に購入し、調度品として飾って楽しまれるケースもあります。



============================================================

~節句商品を購入されるお客さまの動向について~
(ギンザタナカ 直営店営業部販売企画室 室長 橘 千佳)

 兜は古来より、子どもの身に降りかかる災難や災いを鎧兜で守り、健康でたくましく成長して欲しいという願いをこめて端午の節句に飾られています。また兜は、成人した男性の出世祈願や成就のお祝いごとなどの進物として使用される場合もあります。近年では両親や祖父母が、男児の誕生に合わせ、資産性の高い貴金属製の兜を購入するケースが増加しています。
 また、昨年より新型コロナウィルス感染対策の影響で、世の中全般的に、より価値あるもの、意味のあるものを求めるという購買行動も見受けられます。ここ数年、資産としての金の価値が再確認されていることを背景に、純金製兜を選ぶ顧客も増えています。当社の純金製兜商品の充実したラインナップから、目的や用途にあった商品をお選びいただきたいと考えています。

~兜と一緒に飾って楽しめる節句商品のバラエティ豊かなラインナップ~

 兜と一緒に飾ることのできる「純金置物 金太郎」(税込価格:332,000円)や「純金額 こいのぼり」(税込価格:250,000円)などの端午の節句関連の置物や額を展開しており、既に兜をお持ちのご家族が2人目以降のお子様用として購入するなど、人気の高いアイテムとなっています。

ギンザタナカは、今後も更にラインナップを拡充し、次世代に受け継がれる資産性の高い貴金属製兜の魅力を訴求してまいります。

【ギンザタナカについて】
1892年に創業したギンザタナカ(田中貴金属ジュエリー株式会社)は、クオリティーの高いジュエリーや工芸品などの提供を通して、一人一人のライフスタイルに更なる輝きを持たせる、歴史と伝統を有する老舗の貴金属店です。純金やプラチナなどの上質な貴金属に匠の工芸技術を駆使して、デザイン性に富み、かつ資産性の高いジュエリーや工芸品などを製作・販売しています。

〔直営店舗〕
銀座本店、新宿店、横浜元町店、仙台店、名古屋店、心斎橋店、福岡 西鉄グランドホテル店

 

 
 

 

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 田中貴金属ジュエリー株式会社 >
  3. まもなく端午の節句!ギンザタナカの貴金属製兜最新の売上No.1商品を発表! ~コロナ禍で昨年節句祝いを控えたお客様の購入が増加~