累計読者数100万人を突破した『監禁区域レベルX』シリーズより、新作『監禁区域レベルX;THE LAST JUDGMENT』が公開!

e-Storyサービス「peep」の新システム【分岐機能】を採用したインタラクティブストーリー

e-Storyサービス『peep』を運営するtaskey株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:大石 ロミー)は、2020年11月4日(木)に【分岐機能】を採用したインタラクティブストーリーによって、新しい読書体験を提供する『監禁区域レベルX;THE LAST JUDGMENT』を公開いたしました。


今回リリースいたしました『監禁区域レベルX;THE LAST JUDGMENT』は、peep最人気タイトル『監禁区域レベルX』の世界観をそのままに、マンションに住む研究員の主人公=プレイヤーと彼らに襲いかかる謎のモンスター・X(サイ)との攻防を描いたオリジナルシナリオのパニック・ダークファンタジーです。

本作には全4種類のストーリーがあり、本リリースに際して亜梨朱(アリス)編、栗夢(クリム)編の2ストーリーを公開いたしました。
各ストーリーにはそれぞれ、読者の選択に応じて、複数のエンドが用意されています。

読者の選択が結末を決めるインタラクティブストーリー


亜梨朱編のシークレットエンドでは、『Re:ゼロ』シリーズや『Fate/Grand Order』など数々のアニメで人気キャラの声を務める高橋李依さんに、亜梨朱の声を演じていただきました。

▼【分岐機能】とは
読者の選択によってシナリオや結末が変化する、インタラクティブストーリーを実現した機能です。
ストーリーの随所には選択肢が用意されており、読者の選択に応じたマルチエンディングが用意されています。
また、特定の選択肢に戻ってストーリーを読み直すことのできる【セーブ機能】も実装しており、複数エンドを読破するためにご利用いただくことが可能です。

「peep」は、イラスト、画像、映像を組み合わせたストーリーを楽しめる総合エンターテイメントサービスとして、 スマートフォンで楽しめる物語「e-Story」の定義を拡張し、今後もさらに表現の幅を広げた作品を提供できるよう挑戦を続けてまいります。

▼作品概要
【タイトル】

『監禁区域レベルX;THE LAST JUDGMENT』

【公開URL】
https://peep.jp/stories/rRhnBpV5z9Qih8zS


【作者】
Dr.peep(大石ロミー)

【あらすじ】
「このマンションにはXがいる」突如送られてきたメッセージ。襲いかかる謎の未確認生物"X"、そして封鎖されたマンション。最後の審判を下すのは、あなた。

【公開日】
2020年11月4日(木)

▼e-Storyサービス「peep」

■サービス名称:peep(ピープ)
■サービス開始日:2017年12月4日
■対応端末:iOS/Android
■URL
Web版URL:https://peep.jp
iOS版:https://itunes.apple.com/jp/app/id1271282207
Android版:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.peep.app

▼taskey株式会社

■会社名 :taskey株式会社(タスキー)
■所在地 :東京都渋谷区代々木三丁目26番2号新宿カメヤビル8階
■設立 :2014年8月
■代表者 :代表取締役CEO 大石 ロミー(おおいし ろみー)
■事業内容:e-Storyサービス「peep(ピープ)」の開発・運営
■コーポレートサイト:https://taskey.co.jp/

■お問合せ先 info@taskey.me 担当者:坂井

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. taskey株式会社 >
  3. 累計読者数100万人を突破した『監禁区域レベルX』シリーズより、新作『監禁区域レベルX;THE LAST JUDGMENT』が公開!