日本で役目を終えたランドセル、学校再開のアフガニスタンで活躍

コロナ禍で止まっていた支援、ようやく再開

公益財団法人ジョイセフ(東京都新宿区)は、アフガン医療連合センターの協力のもと、アフガニスタン、ナンガハール州の小学校で、日本で役目を終えたランドセルの配付を再開。新型コロナウイルス感染症の拡大を受けたロックダウン以降、初のランドセルの支援となりました。今回は支援地域の中でもテロ活動が活発で、コロナ禍でさらに貧困の悪化が懸念されている地域の小学校を対象としています。

 

 ジョイセフが2004年からランドセルを寄贈しているアフガニスタン、ナンガハール州では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受け、2020年3月から10月上旬までの半年間、小学校が休校となっていました。
 日本からは昨年の冬にランドセルを送っていましたが、配付を始めた翌日に学校が閉鎖されたため、配布の中断を余儀なくされました。10月中旬に休校が解除され、新学期がスタートしたことを受け、現地当局の許可を得て、ナンガハール州ハスカミナ郡で、10月15日から配付が再開されました。
 秋空の下、日本からのランドセルと学用品が手渡されると、ようやく登校できた子どもたちに笑顔があふれました。

ナンガハール州でのランドセル配布のようすナンガハール州でのランドセル配布のようす


 今回配付しているランドセルと学用品は、日本の各地で小学校を卒業した子どもたちやその保護者の他、イオンリテール株式会社 他イオン各社(※)、電機連合形県立山形東高等学校生徒会、株式会社ゆうちょ銀行、アスクル株式会社、日本郵船株式会社、その他たくさんの企業・団体の協力のもと、2019年秋から冬にかけてのキャンペーンで集められたものです。
 ※イオン九州株式会社、イオンストア九州株式会社、イオン琉球株式会社、イオン北海道株式会社 

 ランドセルを受け取るアフガニスタンの子どもたちは、9月に入学を予定していた小学1年生と、今年3月から休校のため通学できなかった2年生と3年生、約3600人を予定しており、すでに1800個を配付しました。ほとんどの子どもたちは建物のない青空教室で学ぶのですが、どの子どもも学校に通える喜びを噛みしめています。

 ランドセルを受け取ったガザルさん(3年生)は、「コロナで学校もお休みだったし、もう日本からランドセルや学用品は届かないだろうと思っていました。学校でみんなに会えて、ランドセルとノートももらえるなんて、とてもうれしいです」と話してくれました。

 一方、今回配付されるランドセルを寄贈した方々からも、たくさんのメッセージが寄せられています。

青森県のTさん

「6年間も使用し、思い入れのあるランドセルがまだ活躍する場所があるかと思うとワクワクします。世界中の女の子が必要な教育を受けられるようになることを願っています」

東京都のぽん母さん

「涙、涙、の今回のドネーションでしたが、息子の最初の学びに寄り添い、その人生を開いてくれた彼(ランドセル)がまた、遠い国の小さな子どもの背中で何かしらの役目を果たしてくれたら、と思います」

 ジョイセフとアフガン医療連合センターは、今後もCOVID-19の影響に配慮しつつ、ランドセルを届けていく予定です。
 

手書きの日本とアフガニスタンの国旗の絵を掲げる子どもたち手書きの日本とアフガニスタンの国旗の絵を掲げる子どもたち

 

 

 

 

 

ランドセルには、同じく寄付であつまった学用品も詰まっていますランドセルには、同じく寄付であつまった学用品も詰まっています

日本から贈られたランドセルは教育のシンボルに日本から贈られたランドセルは教育のシンボルに

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人ジョイセフ >
  3. 日本で役目を終えたランドセル、学校再開のアフガニスタンで活躍