大ベストセラー『資本主義の終焉と歴史の危機』を継ぐ著者渾身の書き下ろし『株式会社の終焉』発売です!

『株式会社の終焉』を、株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン(取締役社長:干場 弓子、本社:東京都千代田区)より発売いたしました。2014年に集英社より刊行されベストセラーとなった「資本主義の終焉と歴史の危機」に続き、特に資本主義の主役である株式会社の今後の在り方について、著者の見解が述べられています。

水野和夫さんは、これまでの著書で「成長信仰宗教」(資本主義は限界を迎えているにも関わらず、衰えることのない成長でなんとかなるという考え方)を批判し、2014年に集英社より「資本主義の終焉と歴史の危機」を出版されました。本書では、資本主義の主役である株式会社にスポットライトを当て、資本主義が資本の自己増殖ができなくなったときに株式会社に未来があるのかについて、その見解を示しています。

[著者の主張]
21世紀のシステムは、過去の延長線上ではなく、潜在成長率がゼロであるということを前提に構築していくことが必要。近代資本主義の「より速く、より遠く、より合理的に」という考え方を見直し、「よりゆっくり、より近く、より寛容に」という中世の原理に立ち返ってみることが必要である。

会社の在り方としては、以下の段階を踏んでいくことを主張。

・初期時点:マクロ経済がゼロ成長なら、その内訳である企業利潤・雇用者報酬・原価滅却日も去年と同額でいい
・第1段階(フローベースの是正):1999年度以降、新自由主義の影響で歪んでしまった労働と資本への分配を見直す
・第2段階(ストックベースの是正):日本が資本を「過剰・飽満・過多」に抱えてきたことを是正する

[内容ピックアップ] 日銀の金融緩和政策はなぜうまくいかなかったのか?
日銀の「マネタリーベースを2倍に増やすと消費者物価上昇率が2%になる」という主張は、ミルトン・フリードマンが(フィッシャーの交換方程式を基に)主張している「貨幣数量(マネーストック)」と「一般物価指数」の因果式を根拠としたものです。しかし、グローバリゼーションが進み、閉鎖的な空間で行われなくなった現代では、この式は成立しません。近代社会を構築し世界をリードしてきた西側先進国が壁にぶつかった際、新しいフロンティアである「電子・金融空間;バーチャル・マーケット」や「新興国のマーケット;リアル・マーケット」を開拓しましたが、一国が市中の貨幣数量を増やしても、これらのマーケットに流れて行ってしまうため、このような関係は成り立たないのです。

結果として、市場の状況を踏まえ、次なる「マイナス金利政策」を進めていくこととなります。
これまでの著書では語られて来なかった「資本主義の終焉の後、未来はどうなるのか・どうあればよいのか」が本書では述べられています。著者が長年の考えの末にたどり着いた結論を、歴史の流れを眺めながら追っていける1冊となっています。水野さんの過去作品を読んだが結論が見えずモヤモヤしている方、今の経済や資本主義の在り方に不安を漠然とした不安を抱いている方に、特におすすめしたい内容となっています。



【目次】
第1章 株高、マイナス利子率は何を意味しているのか
第2章 株式会社とは何か
第3章 21世紀に株式会社の未来はあるのか

【著者プロフィール】
水野和夫(みずの・かずお)
1953年生まれ。法政大学教授。77年、早稲田大学政治経済学部卒業。80年、同大学大学院経済学研究科修士課程修了後、八千代証券(国際証券、三菱証券を経て、現三菱UFJモルガン・スタンレー証券)に入社。三菱UFJ証券チーフエコノミストを経て、2010年退社。同年、内閣府大臣官房審議官(経済財政分析担当)。11年、内閣官房内閣審議官(国家戦略室)。12年、退官。
『100年デフレ』『人々はなぜグローバル経済の本質を見誤るのか』『終わりなき危機 君はグローバリゼーションの真実を見たか』(以上、ケ日本経済新聞社)、『金融大崩壊「アメリカ金融帝国」の終焉』(日本放送出版協会)、『資本主義の終焉と歴史の危機』(集英社)など著書多数。

【書籍情報】
タイトル:株式会社の終焉
定価:1,100円(税抜)
発売日:2016.9.30
判型:新書・並製/240ぺージ
ISBN:978-4-7993-1964-2
発行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
ディスカヴァーサイト:http://www.d21.co.jp/shop/isbn9784799319642

【販売サイト】
Amazon:https://www.amazon.co.jp/gp/product/4799319647/
楽天ブックス:http://books.rakuten.co.jp/rb/14413185/
セブンネット:http://7net.omni7.jp/detail/1106697873
ディスカヴァー・トゥエンティワン:http://www.d21.co.jp/shop/isbn9784799319642
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン >
  3. 大ベストセラー『資本主義の終焉と歴史の危機』を継ぐ著者渾身の書き下ろし『株式会社の終焉』発売です!