単身高齢者宅への「ふれあい訪問」無料サービスの利用者募集開始!~緊急時の安否確認を速やかに行い、孤独死を防ぐ~

⼤阪府内で賃貸住宅の提供を⾏う大阪府住宅供給公社(本社:大阪市中央区、理事長:堤 勇二、以下、公社)は、緊急時の安否確認を速やかに行い、孤独死を防ぐことを目的に、公社賃貸住宅の単身高齢者宅(70歳以上)を定期的に訪問し、生活状況の把握や日常生活の相談などを行う「ふれあい訪問」サービス(無料)の利用者の募集を、2018年4月1日に開始しました。

安否確認の流れ安否確認の流れ

公社賃貸住宅は、2017年4月5日時点において70歳以上の単身高齢者世帯が約2,200世帯(全世帯の11.3%)となっており、今後も増加が予測されます。また、内閣府の平成29年版高齢社会白書によると、単身高齢者の45.4%が孤独死(誰にも看取られることなく、亡くなった後に発見される死)を身近な問題と感じており、孤独死を防ぐことは社会的な課題となっています。




このようなことから、公社では、緊急時の安否確認を速やかに行い、孤独死を防ぐことを目的に、公社賃貸住宅の単身高齢者(70歳以上)の希望者に対して、定期的に自宅を訪問し、生活状況(鍵の預け先、親族、通院先、介護サービスの利用有無など)を把握する「ふれあい訪問」サービス(無料)の利用者の募集を2018年4月1日に開始しました。訪問時に、日常生活における困りごとの相談、各市町村が行っている緊急通報サービスの利用促進、公社オリジナル救急カプセル(※)の配付も同時に行い、単身高齢者の不安軽減に努めていきます。
 

公社オリジナル救急カプセル公社オリジナル救急カプセル

※救急搬送時に必要な情報が得られるよう、持病や緊急連絡先の情報を入れ、冷蔵庫に保管しておくカプセル。

 






<参考資料>生活状況を把握する「生活状況調査票」サンプル

■会社概要
名称  :大阪府住宅供給公社
代表者 :理事長 堤 勇二
所在地 :〒541-0042 大阪府大阪市中央区今橋2丁目3番21号
設立  :1965年(昭和40年)11月
事業内容:賃貸住宅の管理事業、宅地管理事業、府営住宅の指定管理業務等
基本金 :3,100万円(全額大阪府出資)
URL :http://www.osaka-kousha.or.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 大阪府住宅供給公社 >
  3. 単身高齢者宅への「ふれあい訪問」無料サービスの利用者募集開始!~緊急時の安否確認を速やかに行い、孤独死を防ぐ~