緊急事態宣言下の子育て世帯を応援。無料のオンライン学童・オンライン社会科見学を提供。放課後の楽しみや居場所がない、ゴールデンウイークに遠出できない子供たちをサポートします。

4/26(月)~5/9(日)、キッズウィークエンド「#緊急事態宣言下の子どもたちを応援!」キャンペーンを実施。

子ども向け「教育×オンライン」の分野では、日本最大級のプラットフォームである「キッズウィークエンド」を運営するキッズシーズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:三浦里江)は、3度目の緊急事態宣言発令を受けて、4月26日(月)~5月9日(日)の期間、「#緊急事態宣言下の子どもたちを応援!」キャンペーンを実施します。未就学児から小学生の子どもたちを対象とした「オンライン学童」「オンライン社会科見学」の提供を予定しており、参加費は原則無料です。

 

■「オンライン学童」
4月26日(月)~4月30日(金)の平日16:00~18:00、キッズウィークエンドで人気のオンライン講座を、毎日2つ以上特別開催します(ライブ配信)。放課後を楽しく過ごしてもらえるよう、各地の中継・見学などのお出かけ気分を楽しみながら学べる講座や、みんなで賑やかに身体を動かす体操教室、商品開発や工作のワークショップ、理科の実験教室などの開催を予定しています。

 


 ■「オンライン社会科見学」
期間中の土日祝日、過去にキッズウィークエンドが開催した中でも選りすぐりのオンライン授業を、授業提供元の賛同を得て、アーカイブ配信します。ミュージアムなど全国各地からの中継でお出かけ気分を楽しむ講座をはじめ、様々な「職業」について知る、社会問題について考える、第一線で活躍するプロから知識や教養を学ぶ講座など、多数の講座を配信予定です(随時追加の可能性あり)。

 


 【「#緊急事態宣言下の子どもたちを応援!」キャンペーン 実施概要】
  • 開催日時:2021年4月26日(月)~5月9日(日)※「オンライン学童保育」は4月26日(月)~4月30日(金)の平日16:00~18:00、「オンライン社会科見学」は土日祝日開催。
  • 参加費:原則無料(一部有料講座あり)
  • 対象:4歳~大人(推奨:小学校中学年)
  • 開催方法:オンライン会議システムZoomや、動画配信サイトYouTubeを利用して配信します。
  • お申込み:「キッズウィークエンド」に会員登録(無料)後、申込みが可能です。

「#緊急事態宣言下の子どもたちを応援!」特設ページ ※タイムスケジュールなど随時更新予定
【「#緊急事態宣言下の子どもたちを応援!」賛同団体・個人】※五十音順
■オンライン社会科見学
株式会社アスコム、一般社団法人アルバ・エデュ 、伊藤晴樹(地域活性化伝道師など)、今ない仕事研究班、遠藤教史(「BonbonROCKett(ボンボンロケット)」「chocolate tailor QUEEN'S JET」創業者・パティシエ)、小川晶子(「やばいことわざ」「ヲタク偉人伝」著者)、漢字ミュージアム(漢検 漢字博物館・図書館)、菊池大樹(TENOHA MILANO 代表)、サイエンスラボ、STAR FOREST(熊野古道-星降る森で天体観測-)、ダルライザープランニング(和知健明)、鶴岡スペースステーション、東北食べる通信、林家ぼたん(落語家)、原ゆかり(株式会社SKYAH 代表取締役 & ガーナNGO法人 MY DREAM. Org)、EventOfficeミキキートス、山崎聡一郎(「こども六法」著者。ミュージカル俳優)、一般財団法人UNITED SPORTS FOUNDATION

■オンライン学童
えいしん先生の「邦楽教室」(邦楽囃子方:藤舎英心)、オンラインこどもヒーロー空手教室(菊野克紀)、一般社団法人キッズM、グローカルな仲間たち GLFP.JP、ちひろ先生の理科実験教室、へやすぽ(PAPAMO)

【キッズシーズ 会社概要】https://www.kidsweekend.jp/
会社名  キッズシーズ株式会社
所在地   〒104-0041 東京都中央区新富 2−5−10 7F
事業内容
子供向けオンラインイベント検索・予約サービス「キッズウィークエンド」の運営
子供向けオンラインイベントの企画・運営
子供向けテクノロジー教育アプリの開発・子供の教育メディアの運営

キッズウィークエンド事業は2019年度 東京都主催 女性企業家育成事業「APT Woman」、2019年 総務省主催 異能ベーションアワードノミネート、ASACスタートアップアクセラレーションプログラム第11期などに採択されました。

【キッズシーズ メディア掲載実績】※五十音順
帰国便利帳Web、KIDSNA、近鉄ライナーズオフィシャルサイト、釧路新聞、cozreマガジン、さくらんぼテレビ、週刊ひがしおおさか、JAM THE WORLD(J-WAVE)、上毛新聞、東京新聞、日経DUAL、日本経済新聞、ハフポスト日本版、東大阪経済新聞、Blue Ocean(Tokyo FM)、Mart(光文社)、山形放送、山形新聞、ラグビーリパブリック(ベースボールマガジン社)、ワールドビジネスサテライト(テレビ東京)など

【取材のお問い合わせ】
取材のご希望がございましたら、キッズシーズ株式会社にお知らせください。
TEL:03-5542-0294  メール:info@kidsweekend.jp (担当:三浦)
※当日の先生の様子や、授業を見ている子供たちの様子を取材いただくことも可能です。
  1. プレスリリース >
  2. キッズシーズ株式会社 >
  3. 緊急事態宣言下の子育て世帯を応援。無料のオンライン学童・オンライン社会科見学を提供。放課後の楽しみや居場所がない、ゴールデンウイークに遠出できない子供たちをサポートします。