日本オプロ、クラウドセキュリティの国際規格「ISO/IEC27017:2015」の認証を取得

日本オプロ株式会社(代表取締役社長:里見 一典 以下、日本オプロ)は、クラウドセキュリティの国際規格である「ISO/IEC27017:2015」の認証を5月29日付で取得いたしました。

ISO/IEC 27017:2015は、国際標準化機構が定める、クラウドサービスにおける情報セキュリティ管理策のガイドライン規格です。本認証を取得したことで、日本オプロがクラウドサービス特有の情報セキュリティ対策に取り組み、お客様に安全で安心なクラウドサービスを提供していることが、第三者機関により証明されました。

【認証取得の背景】
日本オプロは、ドキュメントフレームワーク『OPROARTS』をはじめとした、お客様のビジネスコミュニケーションを進化させるさまざまなクラウドサービスを提供することに力を入れております。今回、日本オプロでは、本認証を取得することで日本オプロの提供するクラウドサービスが適切に情報セキュリティ対策されたサービスであるとしてご認識いただくべく、認証の取得に至りました。すでに取得している、情報セキュリティ全般に関するマネジメントシステム規格ISO/IEC 27001における取り組みをISO/IEC 27017で強化することで、オンプレミスだけでなくクラウドサービスにも対応した情報セキュリティ管理体制を構築し、より一層透明性の高いサービスをお客様に提供いたします。
 

登録事業者 : 日本オプロ株式会社

認証規格  : ISO/IEC 27017:2015

認証取得日 : 2018年5月29日

審査機関  : European Quality Assurance

認証範囲  : ソフトウェア及びクラウドサービスの開発と販売
        IaaSサービスを用いたASPサービスの提供及び運用・保守

【日本オプロ株式会社とは】https://www.opro.net/
日本オプロ株式会社は、【Less is More】を開発指針とし、「無駄を省くことで、より最適になる」という考えで、パフォーマンスの高い製品開発を続けております。あらゆるサービスと連携し、それらを培ってきた技術と発想力をもとに、ドキュメントフレームワーク「OPROARTS」を形成し、マルチクラウドを利用した最適なサービスを提供しております。お客様にとってのOptimized Providerであることをお約束し、お客様に喜んでいただけるサービスを更に進化させて参ります。

【OPROARTS(オプロアーツ)とは】https://micro.opro.net/Prime/
OPROARTS(オプロアーツ)は、あらゆるドキュメントを自由にします。自由自在なドキュメント作成・生成はもちろん、ドキュメントフレームワークで実現する連携は、クラウドサービスだけでなくオンプレシステム、デバイス、サービス、ビジネスなどをつなぐことが可能ですので、お客様の高度なご要望を実現することができます。

【報道関係お問い合わせ先】
日本オプロ株式会社
プロダクト推進部 麻生
TEL:03-5765-6510 E-mail:mktg@jp.opro.net
  1. プレスリリース >
  2. 日本オプロ株式会社 >
  3. 日本オプロ、クラウドセキュリティの国際規格「ISO/IEC27017:2015」の認証を取得