店舗側の手を介さず、webから店内座席の即時予約ができるサービス、株式会社バカンが東京都中央区内のカフェチェーン店舗で実証実験の取り組みを開始

株式会社バカン(本社:東京都千代田区、代表取締役:河野剛進、以下「バカン」)は、7月下旬より東京都中央区に所在するカフェチェーンの1店舗において、Web上から座席を即時予約できるサービスの実証実験の取り組みを開始します。本取り組みは、9月頃までお客様にご利用いただいた上で、本年秋頃の本サービスの商用化を目指します。
本取り組みでは、実証実験を行う店舗の一人用ブース席計4席の予約が可能になります。席にはそれぞれタブレットが設置されており、お客様が着席される際はタブレットから利用開始の操作をしていただきます。これにより得た、席のリアルタイム利用状況データを使い、web上から現在の空き状況を確認したり予約したりできるようになります。予約されている席のタブレットには、その旨が表示されます。予約されていない席であれば、店舗へ直接お越しいただいた予約のないお客様でもご利用いただけます。予約は専用に設けたwebサイトから行っていただきます。
 

<予約の仕組みと表示画面のイメージ>※画面は開発中のものです<予約の仕組みと表示画面のイメージ>※画面は開発中のものです



バカンは、IoTとAIの力で、飲食店や商業施設などあらゆる場所の空き情報を活用したサービスを提供しています。カフェ等の座席予約サービスは従来存在していましたが、お客様からの予約リクエストの確認作業が必要だったり、予約札を座席に立てに行かなければいけなかったりするなど、店舗スタッフの負担が少なからず伴うものでした。今回の取り組みでは、バカンが既に展開しているweb行列管理システム「VACAN Noline」などを通じ、これまで蓄積してきた技術やノウハウから生み出した複数の特許(出願中含む)を活用することで、それらの困難を解消しています。

 
今回の実証実験を通して、バカンはカフェを始めとした席予約に関する知見やノウハウをさらに蓄積し、サービスを改良の上、本年秋頃の商用化を予定しています。その際は、この予約サービスを広く法人向けに販売する考えです。

 
<本予約サービスに関するお問い合わせ>
本予約サービスのご利用を検討されているなど詳細をご希望の場合は、バカン(contact@vacancorp.com)までご連絡ください。

 
<バカンについて>
■会社概要
会社名:株式会社バカン
代表者:河野剛進
所在地:東京都千代田区永田町2−17−3 住友不動産永田町ビル2階
設立:2016年6月
バカンは経済産業省が選定する官民による支援プログラムJ-Startup 2019選定企業です。IoT、AIを活用してあらゆる空席情報を収集し提供。レストラン街やカフェ、トイレ、会議室、社員食堂などの空き状況をセンサーやカメラで自動検知し、デジタルサイネージやスマートフォンに配信するサービスなどを提供しております。


■展開サービス
いま空いているお店が1秒でわかるマップ「VACAN」
https://vacan.com/ ※スマホからの閲覧推奨


<取材等でのお問い合わせ先>
株式会社バカン 広報
contact@vacancorp.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社バカン >
  3. 店舗側の手を介さず、webから店内座席の即時予約ができるサービス、株式会社バカンが東京都中央区内のカフェチェーン店舗で実証実験の取り組みを開始