【社長チップス】震災からの復興で培われたリーダーシップを語った仙台2DAYS、中小企業の採用・育成を応援するCharming Chairman's Club TOUR 第3回カンファレンス開催レポート

「令和の愛されるリーダーとは」をテーマにした講演やトークセッションを展開するカンファレンス in仙台。仙台の社長と学生の交流を創出し、採用・後継者育成を応援することで地域活性化へ。

おやつエンタテイメント製造会社、株式会社ESSPRIDE(所在地:東京都渋谷区、代表取締役CEO:西川 世一)は、「Forbes JAPAN」(リンクタイズ株式会社、取締役社長:角田勇太郎)をメディアパートナー、河北新報社(本社所在地:宮城県仙台市、代表取締役社長:一力雅彦)を東北地区のエリアパートナーに迎え、2019年9月18日(水)・19日(木)、全国各地で行う社長と学生のカンファレンス 「Charming Chairman’s Club TOUR 2019(チャーミング・チェアマンズ・クラブ・ツアー2019)」 を仙台で開催しました。
カンファレンスでは「令和の愛されるリーダーとは」をテーマに講演やトークセッションが行われました。東日本大震災を経験した仙台ならではのリーダー観は興味深く、今後の組織やリーダーのあり方に対する貴重な意見を聞くことができました。未曾有の災害から復興させてきた精神力と推進力を持つ経営者と学生が集まった2日間をご報告します。

 
  • Charming Chairman’s Club TOUR 2019とは

全国の中小企業の採用ブランディングや後継者育成に効果的な発信を社長に呼びかけ、社長の学び、ビジネスマッチング、学生との交流の機会を創出したいとの強い思いのもと「社長チップス」が企画しました。

カンファレンスとして社長や学生が参加、各地域の社長によるプレゼンテーション、「令和の愛されるリーダーとは」 をテーマに掲げ時代を牽引するリーダーによる講演やトークセッション、懇親会などの内容で行い、7月に開催した東京・銀座を皮切りに、福岡、仙台と続き年内全国各地で展開。地域で活躍する社長を学生と繋ぎ、その地域で育ち学んだ地域に縁ある学生の積極的な採用 「地産地採(ちさんちさい)」を応援します。またメディアパートナーとしてForbes JAPANを迎え、誌面掲載などを通して広くアプローチするとともに、エリアパートナーとして各地の新聞社も迎え、若い世代と社長同士の交流を促進することで地域活性化の実現を目指します。
 
  • Charming Chairman’s Club TOUR 2019 in 仙台 開催レポート
日時:2019年9月18日(水)・19日(木)16:00~21:00
場所:18日(水)enspace (〒980-0803 宮城県仙台市青葉区国分町1-4-9)
19日(木)河北新報社 本館ホール (〒980-0022 宮城県仙台市青葉区五橋 1-2-28)
参加者:報道関係者、経営者、学生 約150名(2日間合計)
 
  • 主催者挨拶:株式会社ESSPRIDE 代表取締役CEO 西川世一

「僕たちは『Charming Chairman’s Club TOUR』と題し、全国を廻りながら魅力的な経営者を発掘、今回は仙台を訪れ、より多くの人に知っていただく取り組みを行っています。このTOURをはじめた経緯をお話ししますと、僕は会社を設立して15期目ですが、元々は父のダンボール紙器の会社の跡継ぎから始まりました。当時は現在のような事業を展開しているわけではなく、社員が1~2名、パートが3~4名の小規模な会社。優秀な若者は集まらないし、このまま経営していてもほとんどの人に知ってもらえないのではないかと感じていました。その時のもどかしい気持ちから、全国の中小企業の社長自身が熱い想いを届けられるサービスを生み出し貢献したい!と考えたのが『社長チップス』です。全国には多くの人に紹介したい素晴らしい会社、面白い会社があるのに、若者は知るチャンスがありません。僕たちはこのプロジェクトを通じて未来を創っていく若者に、魅力溢れる経営者をどんどん紹介したいと思っています。様々な地域で後継者不足による黒字廃業がたくさんある中で、このカンファレンスTOURを通して、社長と若い世代を繋げ、より多くの会社とその社長の声を多くの学生に伝え、少しでも課題解決に繋がるよう取り組んでいきたいと考えております。」

 

  • エリアパートナー挨拶:株式会社河北新報社 営業局 営業部 兼 業務推進部 デジタル担当 八重嶋拓也氏

「仙台の経営層の方々は、熱意もあるしすごくいいビジネスをしているのに、採用に非常に苦労されていると聞いています。学生と経営者のつながりが足りないことが一因ではないかと思っていまして、地元メディアとしてそのようなイベントを作っていかなければならないと感じていました。まさに今日がその場で、我々も微力ながらエリアパートナーとして、経営層の皆様とご参加いただく皆様の広報をお手伝いさせていただきます。今日をスタートとして継続していければいいなと思っています。
今日ご登壇いただく皆様も素晴らしい方ばかりで、よい一日になることを楽しみにしております。」

 

  • 【9月18日(水)】

<Keynote>
テーマ 「社長は会社のためにキャラを立てよ」
登壇者:株式会社千葉ジェッツふなばし 代表取締役会長 島田慎二氏

チームのカラーやイメージ付けにおいて、選手や監督のキャラクターが大きく影響するのが当然のスポーツ界で“経営者”としてメディアやSNSを活用した積極的かつ戦略的な情報発信をしている島田慎二氏に「会社のために社長が“キャラ”を立てること」の重要性をお話しいただきました。

<Talk Session>1部

テーマ 「学生が語る、求めるリーダー像」
登壇者:東北大学 工学部 建築・社会環境工学科 4年 小林稜平さん
東北大学 農学部 生物生産化学科 3年 浅井深志さん
東京大学 文科二類 2年 平河大斉さん

大学生として学生団体やプロジェクトリーダーを務める皆さんに、どんな社長や企業に魅力を感じるか、若い力を必要としている社長が優秀な学生にアプローチするにはどんな働きかけや姿勢が求められているのか語っていただきました。

 

<Talk Session>2部

テーマ 「次世代を惹きつけるオリジナリティ溢れる発信とは」
登壇者:株式会社ゼンシン(宮城) 代表取締役 前田忠嗣 氏
株式会社VISIT東北(宮城) 代表取締役 齊藤良太 氏
株式会社エンライズコーポレーション(東京) 代表取締役CEO 吾郷克洋 氏

ジュニアサッカースクール運営や障がい者支援を行う中、指導者の人間性が最も重要として経営理念に掲げる前田社長、東日本大震災をきっかけに世界に向け東北の魅力を発信するインバウンド事業を行う齊藤社長、エンジニア育成、ベンチャー支援事業の全国展開として、仙台でシェアオフィス・コワーキング施設「enspace」(当日の会場)を運営する吾郷社長に、東北企業が次世代を惹きつけるためのオリジナリティ、情報発信についてお聞きしました。
 

<Talk Session>3部
テーマ 「次世代へ継承したい仙台の伝統と魅力」
登壇者:株式会社サムライアロハ・株式会社仙台買取館(宮城)代表取締役 櫻井鉄也 氏
株式会社チャレンジドジャパン(宮城) 代表取締役 白石圭太郎 氏
株式会社新澤醸造店(宮城) 代表取締役 新澤巖夫 氏

震災で行き場をなくした着物リメイクで地域の待機児童問題を解決しようと立ち上がった櫻井社長、仙台に本社を置くことにこだわり、障がい者の就労支援を通して「ノーマリゼーション型社会の実現」を目指した発信をしている白石社長、明治6年から続く地元で親しまれてきた酒蔵を震災を機に移転、最年少女性杜氏を誕生させるなど、決断力が光る新澤社長に仙台の伝統と魅力の継承について、次世代リーダー育成に対する考えについてお聞きしました。

 

  • 【9月19日(木)】

<Talk Session>1部

テーマ 「地域に愛されるリーダーとしての組織作り」
登壇者:株式会社システムエイジ(宮城) 専務取締役 赤間太地 氏
南三陸ホテル観洋(宮城) 女将 阿部憲子 氏
立教大学ビジネススクール教授、社長チップス応援団長  田中道昭 氏 (ナビゲーター)

地元の若手経営者が集まる商工会での経験から、組織とリーダーについての成功体験を持つ赤間専務、震災直後から旅館の女将として地域を元気づけ、リーダーという存在について改めて考えたという阿部女将に地域に愛されるリーダー像と組織作りについてお聞きしました。

 

<Talk Session>2部
テーマ 「学生が語る、求めるリーダー像」

登壇者:東北学院大学 経済学部 共生社会経済学科 4年 五十嵐旬さん
東北大学 工学部 建築・社会環境工学科 4年 小林稜平さん
東北学院大学 文学部 英文学科 4年 廣嶋竜司さん

大阪大学 医学部 医学科 6年 藥王俊成さん(ナビゲーター)

学生がナビゲーターを務め、東北の学生リーダーたちとの意見交換で盛り上がったトークセッション。それぞれが魅力的に感じるリーダー像のほか、メンバーから仙台・東北を活性化するための提案も挙げられました。

 

<Talk Session>3部
テーマ 「いま仙台に求められているリーダーシップとは」

登壇者:有限会社マイティー千葉重(宮城) 代表取締役 千葉大貴 氏
株式会社フィッシャーマン・ジャパン・マーケティング(宮城)代表取締役COO 津田祐樹 氏
有限会社竹鶏ファーム(宮城) 常務取締役 志村竜生 氏
立教大学ビジネススクール教授、社長チップス応援団長 田中道昭 氏(ナビゲーター)

 

 






アメリカでの外国人ルームメイトからの言葉、そして震災によって自ら価値観が変えられる経験をした千葉社長、石巻で水産業を復興するだけではなく生き残った者として日本の水産業に革命を起こすことが使命と語る津田社長、畜産や農業をかっこいいものにしたいと取り組む志村常務の3人に、いま、そしてこれからの仙台に必要なリーダーシップについてお話しいただきました。

 

  • <Key Talk>「社長チップス応援団長メッセージ」立教大学ビジネススクール教授、社長チップス応援団長 田中道昭 氏

「私は上場のオーナー企業に特化した経営コンサルタントをしています。時価総額が1兆円を超えているような経営者には共通点があって、まず、『夢がでっかい』です。夢を掲げたら絶対諦めないんですよ。夢を実現するために、今ここで何をするべきかということまで逆算して、徹底的にコツコツ愚直に努力できる、これが1つ目の共通点です。2つ目は『突き抜けちゃっている』ことです。孫さんもそうだし、アメリカの経営者で言うと、テスラのイーロン・マスクも、スティーブ・ジョブズも、Amazonのジェフ・ベゾスもそう。彼らは人間性が欠落しているくらい、いっちゃっているんです。3つ目に、『努力は必ず報われる』と考えていること。あとは、一度成功した経験があると、いつでも0から始められるっていう感覚をお持ちですね。お金の豊かさだけでなく、心の豊かさだと思います。
私が初めて経営者と会う時のポイントが3つあるんです。1つ目は『その経営者が自分の事業にどういう哲学と想い、答えを持っているか』。2つ目は『自分の哲学や想いがきちんと文章化されているか、社内外に伝わっているか』。3つ目が一番重要で、『哲学、想い、こだわりが、顧客に提供するサービスや商品に練りこまれているか』です。言うだけでは意味がないですからね。同時に重要なのが『一緒に働いている社員・仲間の行動にも練りこまれているかどうか』。こういう点を見ています。
日本の大企業とGAFAを比較して決定的に違うのは、大胆なビジョンを掲げて、そのビジョンのもとに事業をしているか、ということなんです。大胆なビジョンとは、自分の事業を通じてどういう社会的課題と対峙するか、どういう新しい価値を提供するかということです。
東北、仙台は震災で本当に大変な経験をして、社会的課題がまだまだ山積みになっている。だからこそ、ここで起業している人、経営している人に声を大にして言いたいのは、自分の事業を通じて東北から社会課題と対峙し、東北から新しい価値を生み出そうという想い、まさに大胆なビジョンを持って取り組んでほしいということです。ここにいる学生の皆さんも大胆なビジョンを掲げてください!そして有言実行してください。先ほど申し上げたように上場オーナー経営者の共通点は有言実行することなんですね。孫さんも最近『今の日本で決定的に不足しているのは”大ぼら”』だと言っていました。大ぼらと言うと聞こえが悪いですけど、要はビッグ・ビジョン。米中のテクノロジー企業も最初は大ぼらを吹いていたし、孫さんも最初はほらを吹きまくってきたから、今あれだけの実績と地位があるわけです。だから是非大ぼらを吹いて、有言実行していただきたい。一度掲げたら絶対諦めずに最後の最後まで仲間と一緒にやり遂げてほしい。重要なのは、大胆なビジョンを考えて掲げることであり、そこから逆算して努力を積み重ねることです。」

 
  • 今後の<Charming Chairman’s Club TOUR 2019>開催スケジュール

【大阪】10月23日(水)16:00~21:00 ラグナヴェールプレミア(大阪府大阪市北区梅田3-1-3 大阪ステーションシティ ノースゲートビルディング 28階)
【名古屋】10月30日(水)16:00~21:00 エルダンジュ名古屋駅店(愛知県名古屋市中村区名駅南4-1-3)
【札幌】11月8日(金)16:00~21:00 さっぽろテレビ塔 すずらん・はまなすホール(北海道札幌市中央区大通西一丁目)
【広島】11月22日(金)16:00~21:00 いいオフィス広島(広島県広島市中区東千田町1-1-61 hitoto広島ナレッジスクエア1F)
【埼玉】11月29日(金)16:00~21:00 ベルヴィ 大宮サンパレス/GLANZ 「ダイアリー」(埼玉県さいたま市大宮区仲町1-123)

【沖縄】12月6日(金)16:00~21:00 琉球新報ホール(沖縄県那覇市泉崎1丁目10番3号)
●徳島、東京final:12月開催
※その他の詳細はCharming Chairman’s Club TOUR公式サイトにてお知らせさせていただきます。

  • <Charming Chairman’s Club TOUR 2019公式サイト>

http://charming-chairmans-club.com/tour2019/

 

  • Charming Chairman’s Club (チャーミング・チェアマンズ・クラブ) とは

激動の日本経済を支える、数多くの中小企業。そこには、必ず情熱に溢れた社長たちのストーリーがあります。Charming Chairman’s Club (CCC)は、全国47都道府県から魅力ある経営者を発掘し、事業の功績や人柄を広く世に伝えるとともに、社長同士、社長と未来を担う学生とのインタラクティブなコミュニケーションの場を創出し、更なる飛躍を応援していくコミュニティです。今年4月10日に初開催したアワード “Charming Chairman’s Club CHAMPIONSHIP 2019” (チャーミング・チェアマンズ・クラブ・チャンピオンシップ 2019)では、全国の社長の中からチャーミングな社長No.1を大学生が選び、この社長と一緒に働きたいという観点でBEST100、FINALIST5、そしてCHAMPION社長が選出されました。<http://charming-chairmans-club.com/championship2019/
来年2020年4月10日(金)には第2回のCHAMPIONSHIP開催が決定しています。
 

  • 主催 「社長チップス」とは

「社長チップス」 は、全国の社長が所属する社長プロダクション。
社長をカード付きポテトチップスにしたり、社長の人柄や人生が伝わる詳細な情報をWEB掲載することにより社長のファンを増やす様々な取り組みを企画しています。「社長」×「ポテトチップス」という異色の組み合わせから注目を集め、これまでに500以上のメディアに登場。発売開始から3年で約400人の社長が参画しています。全国の社長を支援することによる地域経済活性化を目指し、社長や学生の交流会、イベントの開催、メディアコンテンツ制作など、社長のプレゼンテーションプラットフォームとしても様々なコンテンツを提供しています。
チップスの種類は2016年4月に発売した「汗と涙のCEO(塩)味」からはじまり、2019年2月「激辛人生スパイCEO(シーイーオー)味」、5月「このインパクトがクセになる 柚子こCEO(ゆずこしょう)味」と続き、9月に「B.LEAGUE 9CLUB 社長チップス~バスケットにたいCEO抱け(大志を抱け)味~」を発売しています。
社長チップス公式サイトhttp://shacho-chips.com/

 

  • 会社概要

社名:株式会社ESSPRIDE(エスプライド)

所在地:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目17-11
代表者:代表取締役CEO 西川 世一
設立年月日:2005年4月25日
資本金:77,500,000円
事業内容:おやつエンタテイメント製造業、社長ブランディング事業
HP:http://esspride.com/

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ESSPRIDE >
  3. 【社長チップス】震災からの復興で培われたリーダーシップを語った仙台2DAYS、中小企業の採用・育成を応援するCharming Chairman's Club TOUR 第3回カンファレンス開催レポート