【野村不動産、アットホーム、レオパレス21、三菱地所レジデンスetc】大手不動産実績多数!Web制作会社サービシンクが「不動産業界に強い理由」をご紹介する特設ページを新規公開しました。

6〜7割の不動産Webサイト・システム開発プロジェクトに「頓挫・失敗」が発生している9つの理由もご紹介しています。ぜひご一読ください。

ホームページ・Web制作会社 サービシンク(東京都新宿区、代表:名村晋治)は、"不動産業界特化"を標榜し、多数の大手実績を保有しています。

・野村不動産
・アットホーム
・レオパレス21
・三菱地所レジデンス
・大東建託
・LIFULL

6〜7割の不動産Webサイト制作・システム開発プロジェクトに「頓挫・失敗」が発生していると言われるなか、わたしたちが多くの不動産会社様からご相談を頂けるのには、理由があります。

そこで、サービシンクが不動産業界に強い理由をご紹介する特設ページを公開いたしました。
不動産サイト制作・システム開発が頓挫・失敗する9つの理由もご紹介しています。

Webの制作パートナーを探しているご担当者の方はもちろんのこと、
今まさに不動産Webサイト・システム開発を担当されているご担当者様もご一読の価値があります。

ぜひご覧ください。
https://servithink.co.jp/specialization

 

 

 
  • 不動産Webサイト・システム開発で発生しがちな問題
6〜7割のプロジェクトに何かしらの失敗や頓挫が発生していると言われています。
その原因の多くは、初期の要件定義や想定が不十分、そして何か起きても後で巻き返せるだろうという過信です。しかし、規模が大きくなりがちな不動産Web制作に慣れていなければ、設計の漏れに気がつかないのです。

また、システム開発ともなると裏側の情報連携が複雑であり、一箇所に変更を加えれば広範囲に影響を及ぼすこともあります。

後になって修正が必要になると、該当箇所全てに変更が必要になるだけではなく、正しく挙動するかを確認するテストパターンも全てやり直しとなることも珍しくありません。

加えて、関係者が多くなるほどデザインやテスト開発の段階で別部署から追加要望や仕様変更の依頼が発生します。
費用が安く不動産に不慣れな開発会社に発注し、自社内のコントロールもうまくいかずにデスマーチに追い込まれたお客様を何社も見ています。
 
  • そうならないために、不動産業界に強いWeb制作会社にご相談ください
サービシンクでは長年の大型開発実績の知見をもとに、初期の要件定義や懸念事項を徹底して詰め、予算を成果に変える開発にこだわります。

大手SIerにも負けない不動産業界のWebサイト制作・システム開発の経験と実績を元に、必ず不動産会社様のビジネスへ寄与するご提案をいたします。

概算見積もりは《無料》でご提出できます。不安なことがある場合はぜひ一度ご相談ください。

詳しくはこちら
https://servithink.co.jp/specialization
 


【株式会社サービシンクのご紹介】
サービシンクは、マーケティングリサーチから企画設計に落とし込む戦略的な制作を得意とし、開発後の効果検証や管理保守まで併走することで成果を追求します。
https://servithink.co.jp/advantage

【会社概要】
会社名:株式会社サービシンク
Webサイト:https://servithink.co.jp/
代表者:名村 晋治
創業:1996年4月1日(個人事業主として創業)
設立/法人化:2010年1月12日
従業員数:30名(2020年9月現在)

【事業内容】
Webサイトの企画・制作業務システムの企画・デザイン
Webシステムの企画・開発・保守・管理・運用
Webインフラの構築・保守・管理・運用
Webビジネスのコンサルティング
自社サイトの運営

ホームページ:https://servithink.co.jp/
Facebookページ:https://www.facebook.com/servithink/
Twitter:https://twitter.com/servithink
採用情報:https://servithink.co.jp/recruit
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社サービシンク >
  3. 【野村不動産、アットホーム、レオパレス21、三菱地所レジデンスetc】大手不動産実績多数!Web制作会社サービシンクが「不動産業界に強い理由」をご紹介する特設ページを新規公開しました。