【音楽・芸術アーティスト対象 コロナウイルスと制作に対しての意識調査】アーティストの2人に1人が活動を諦めようと思っていると回答 コロナ禍による音楽・芸術の厳しい現状が明らかに

バドワイザーがアーティスト200人を対象に調査実施

バドワイザーは、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、未曾有の危機に直面している音楽・ファッション・アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト「RE:CONNECT」の発足に際し、全国のカルチャーに携わるアーティストを対象に、「コロナウイルスと制作に対しての意識調査」を実施しました。
本調査は、2020年6月13日から15日の期間、10-40代のアーティスト・200名を対象に調査(シグナル調べ)を実施。コロナウイルスがアーティストの活動、制作意識に与える影響を調査しました。

 

 調査の結果、音楽・芸術にまつわるアーティストの57.5%が新型コロナウイルスの影響を受け、「収入は減った」と回答しました。また、多くのアーティストが収入に影響を受けただけでなく、活動の根源である制作意欲にも大きな状況にあることがわかりました。

データサマリー
  1. 80.5%がアーティストとしての活動に、コロナウイルスの影響があったと回答
  2. アーティストとして収入のあったうちの74.2%は収入が減ったと回答
  3. アーティスト活動のみで生活していたアーティストの40%は副業を始めたと回答
  4. 48%がアーティストとしての活動をあきらめようと思っていると回答

調査概要
調査名: 「コロナウイルスと制作に対しての意識調査」
期間 : 2020年6月13日(土)~15日(月)
方法 : インターネットリサーチ
対象 : 全国のアーティストとして活動をしている人200名
               (音楽系58名、美術系73名、文芸系53名、演劇映画系16名)

調査結果
1.アーティストとしての活動に、コロナウイルスの影響があったと答えた人は80.5%。
苦しさを感じた影響として、「イベントの延期・中止」が69.6%、「収入の減少」が42.9%、「練習場所の制限」が40.4%と様々な理由から苦しい影響を受けていることがわかりました。


2. 収入を得ていたアーティストのうち、コロナウイルスの影響によって74.2%が「収入は減った」と回答。さらにそのうち、アーティスト活動のみで生計を立てていたアーティストの40%は「副業を始めた」と回答。アーティスト活動に集中できない厳しい現状が明らかになりました。

3.コロナウイルスの影響を受けて、36%は制作意欲が弱まったと回答。アーティストとして、既に活動を諦めようと思っている人は48%にも上ることが明らかに。
 

 

 

 

4.アーティストの77%が支援を受けておらず、61%が「支援を十分に受ける機会がなかった」と回答。どのような支援があるとよいかという問いに対しては、ライブ会場・作品公開場所の提供や、経済的支援・給付金などを求める声が上がっていました。

「RE:CONNECT」プロジェクト概要
 「BE A KING」のメッセージを発信しているバドワイザーは、これまでも世界の主要都市において音楽、アート、ファッションなどのシーンで突出した才能を開花させている人物にスポットライトを当てるグローバルプロジェクト「BUDX」を開催し、世界各地のカルチャーシーンを牽引するリーダーたちの支援や、カルチャーを盛り上げる取り組みを多数行ってきました。

 そこでこの度バドワイザーは、アーティストやライブハウス、クラブ・バーなどのエンタテインメント施設、そしてファンの三者をつなぐことで、日本のカルチャーシーンの火を灯し続け、再生を目指す支援プロジェクト「RE:CONNECT」を発足。

 本プロジェクトは、今春実施予定だったクロスカルチャーイベント「BUDX」や広告などのマーケティング活動をキャンセルし、その予算の一部、約2,000万円を寄付としてカルチャーシーンに還元し、次代のカルチャーシーンを担うアーティスト達をキュレーターとして起用。
 やむなく実現できなくなったイベントや、今だからこそできる新たなパフォーマンス、表現手法の実験の場として、オンラインでの音楽プログラム配信やコンテンツ制作など、様々な試みを行う予定です。

「RE:CONNECT」プロジェクト  第二弾 支援イベント


イベント名 : Bye Bye, BLITZ supported by Budweiser
日時    : 2020年7月21日(火)19:30〜
配信会場  : 赤坂BLITZ  https://www.tbs.co.jp/blitz/
LIVE配信 :    YouTube    *配信のURLは後日発表。
                                       *詳細は、BIMのYouTube公式チャンネルにて発表予定
出演    :  BIM

「RE:CONNECT」プロジェクト  第三弾 支援イベント

イベント名 : Tokyo Community Radio Presents 
                      “communities” supported by Budweiser
日時    : ①: 7/26(日) 15:00〜22:00(7H)
                      ②: 8/16(日) 15:00〜22:00(7H)
サポート先 : ① 東京・京都・札幌 のライブハウス/クラブ
                      ② 東京・新潟・岡山 のライブハウス/クラブ
DJ配信   :   Twitch *Tokyo Community Radioチャンネルにて無料配信
                       https://www.twitch.tv/tokyocommunityradio
トーク配信  : YouTube
                       https://www.youtube.com/channel/UCT1oTQC4aaRR-F6kt_vN1hQ/
出演     : Licaxxx & Tokyo Community Radio Regular DJs 他
※イベント内容は予告なく変更になる可能性がございます。

<バドワイザー>ブランドの新しい取り組み
 世界6⼤陸・約85カ国で愛飲され、世界を席巻する<バドワイザー>は、「BE A KING」をブランドメッセージとして、チャンスを掴もうとしている人々を応援しているプレミアムラガービールブランドです。
 国内における<バドワイザー>ブランドは、2019年1月からビールの世界最大手、アンハイザー・ブッシュ・インベブによる自社生産・自社販売体制に切り替わり、プレミアムラガービールとしてのクオリティを一段と実現出来る環境へと変化してまいりました。
 <バドワイザー>は現在日本でも大胆かつ新鮮なブランド活動をスタートしています。ファッションブランドとのコラボレーションをはじめ、音楽やアートなどの要素も取り⼊れ、<バドワイザー>を愛飲するユーザーの野⼼と⾃由を応援し続けています。

バドワイザー公式WEBサイト
https://budweiser.jp
Instagram
https://www.instagram.com/budweiser_jpn/
YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCwyptgjXrIPBoG49jHA0ZTw/about
Facebook
https://www.facebook.com/BudweiserJapan/
Twitter
https://twitter.com/budweiserjp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アンハイザー・ブッシュ・インベブ ジャパン株式会社 >
  3. 【音楽・芸術アーティスト対象 コロナウイルスと制作に対しての意識調査】アーティストの2人に1人が活動を諦めようと思っていると回答 コロナ禍による音楽・芸術の厳しい現状が明らかに