SoLabo、東京都のスタートアップ支援事業「NEXsTokyo」に会員パートナーとして参画

資金調達支援の専門家・SoLaboによる新たなスタートアップ支援

起業家・経営者の資金調達サポート事業を展開する株式会社SoLabo(本社:東京都千代田区、代表取締役:田原広一、以下「ソラボ」)は、東京都のスタートアップ支援事業「NEXsTokyo」に、会員パートナーとして参画いたしました。今後、「NEXsTokyo」の会員等に向けて資金調達支援を開始いたします。

◆支援機関として会員パートナー登録
https://nexstokyo.jp/partner/solabo/


◆NEXs Tokyoについて(https://nexstokyo.jp/ より)
「NEXs Tokyo」は、 東京都が運営する、国内外の広域展開に挑むスタートアップのための事業です。
これまで、地域発のスタートアップが、地域の中だけでは成長拡大のための有用な情報や知見のある人・共に闘う仲間に出会い辛い、ユニークなアイデアや技術を持ちながらもフェーズに応じた支援が獲得しにくく事業組成まで至らない、といったケースが数多くありました。
一方で、東京で創業し、ある程度支援や情報獲得の選択肢のあるスタートアップが、国内外の広域へ展開したい、あるいは地域の社会課題に寄与するためフィットする地域と繋がりたいという声もあります。そういった局面で、マッチングの機会が少なく、ビジネスのスピードを保てない、ということも起きていました。
「NEXs Tokyo」は、上記のような課題を解決し、情報とヒューマンネットワークの集積地である「東京」のリソースを最大限活用し、全国各地と連携しながら国内外への広域展開を目指して羽ばたいていくスタートアップを支援することを目的とした、東京一極集中のスタートアップ文化とは一線を画す取り組みとなります。
具体的には、都内に拠点を置き全国各地そして世界への事業展開を目指す東京のスタートアップをJUMP、都外に拠点を置き首都圏そして世界での事業加速を目指す地域のスタートアップをDIVEと名付け、成長・連携の場としての『コミュニティ』と『モデル事業創出プログラム』という2つの特徴的な支援を提供します。

◆ソラボの参画と支援内容
ソラボはこれまで5年間で3700件以上の資金調達支援の成功を導いている専門家集団です。業種を問わず「創業融資分野」の支援に強みを持つソラボでは、国の認定する経営革新等支援機関(認定支援機関番号:104813004612)として、これまで多くの起業家の夢を現実にするためのサポートを実施して参りました。
また、事業者側の目線だけでなく、融資を行う各地の金融機関側の考え方や、最新の業界動向を踏まえ、各融資制度の申請のために必要な事業計画作成や審査面談対策等の助言を、事業者の個々のケースに合わせて実施することが可能です。
この度、ソラボが東京都の「NEXs Tokyo」に支援機関側の会員パートナーとして参画することで、ソラボでは主にスタートアップ事業者における資金調達の課題に対応を開始いたします。まずはヒアリングからスタートし、実際に調達支援が必要で依頼を受ける場合には、経験豊富な融資支援メンバーが専属で担当となりスタートアップの相談に対応していく予定です。
これにより、スタートアップ事業者にとっては、資金調達の悩みを自社のみで抱えるのではなく相談先を持てることとなりこれまで以上に本業に集中して成長を加速させることが期待されます。

◆株式会社SoLabo概要
会社名 :株式会社SoLabo (ソラボ)
所在地 :〒101-0021 東京都千代田区外神田1丁目18-19 新秋葉原ビル7階
代表者 :代表取締役 田原 広一
設 立 :2015年12月
資本金 :4,334万円
URL:https://so-labo.co.jp/
経営革新等支援機関(認定支援機関番号:104813004612)

本件に関するお問い合わせ先:
株式会社SoLabo 広報 keiei-soudan@so-labo.co.jp
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社SoLabo >
  3. SoLabo、東京都のスタートアップ支援事業「NEXsTokyo」に会員パートナーとして参画