【経産省認定】飲食企業として『株式会社ファイブグループ』が経済産業省による「健康経営優良法人2020」を3年連続で認定されました。

飲食企業の株式会社ファイブグループが「健康経営優良法人2020」認定!

”「楽しい」でつながる世界をつくる。”をミッションに、飲食店などを運営している『株式会社ファイブグループ』(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:坂本憲史 以下ファイブグループ)は、2020年3月2日に経済産業省が推進する「健康経営優良法人2020」(大規模法人部門)の認定を受けました。この制度は従業員の健康管理を経営的な視点で考える健康経営を、戦略的に実践している法人を顕彰するもので、3年連続での認定となりました。

※健康経営優良法人認定制度とは
地域の健康課題に即した取り組みや、日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を目標としています。

経済産業省「健康経営優良法人2020」認定法人一覧
https://www.meti.go.jp/press/2019/03/20200302004/20200302004.html


『ファイブグループ』では、代表取締役社長自らがCHO(Chief Health Officer:健康管理最高責任者)となり、経営方針の中に従業員の健康管理に関する項目を設け、健康経営推進委員会を中心に健康施策を推進し、従業員の健康増進を経営課題の一つと位置付けています。


主な取り組み
具体的には下記、健康経営方針に則り、健康経営を実践してまいります。
・職場の活性化施策や幅広い健康施策に積極的に取り組むことで、心身の健康を保持・増進する。
・「セルフケア」「ラインケア」「事業場外資源によるケア」の3つのケアを充実とメンタルヘルスの予防。
・健康診断の定期受診および、その結果に基づくフォローアップの徹底、またインフルエンザ予防接種支援金制度により、従業員の疾病を予防する。
・労働時間適正化、年休取得促進、育児・介護支援等、仕事と家庭の両立への取り組みを推進する。
・会社補助によるダイエットプログラムの実施で生活習慣病予防。
・会社支援金によるクラブ活動の推進で運動機会の提供。
・休暇取得の奨励で健康増進を実施し、健康かつ良好なワークライフスタイルを実現
 


21世紀を代表する飲食カンパニーへ
2020年2月、『ファイブグループ』は経営理念を一新し、“21世紀を代表する飲食カンパニーになる”というビジョンを掲げました。大前提として社員・アルバイトを含む全員の健康を守り、安心して楽しさをつくり、お客さまの“また来たい”を生み出す。そして、全員で飲食業界のイメージを変えるくらい“働きがい”のある職場を作る。それが、私たちの目指す”21世紀を代表する飲食カンパニー”の姿です。
この認定を受け、当社で働く従業員とその家族が、さらに心身ともに健康になる環境づくりに一層努めてまいります。

【会社概要】
■社名
株式会社ファイブグループ

■設立
2003年6月30日

■本社所在地
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-5-10 いちご吉祥寺ビル7F

■代表取締役社長
坂本 憲史

■従業員数
2,326人(正社員343名・アルバイト1983名)

■事業内容
飲食事業(居酒屋・ダイニング等)の経営・企画・運営・店舗プロデュース事業

■公式HP
https://five-group.co.jp/

■ファイブグループの「ヒト」を伝えるオウンドメディア
https://hi-five.me/

■公式アカウント
Twitter:https://twitter.com/Hi_Five_555
Instagram:https://www.instagram.com/hi_five_gram
Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCiCrUngRmaeDDNfo5a4lZaw
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ファイブグループ >
  3. 【経産省認定】飲食企業として『株式会社ファイブグループ』が経済産業省による「健康経営優良法人2020」を3年連続で認定されました。