<締切間近> 5/13開催決定「自治体DXを“地方から語る”オンラインイベント」

~「自治体 x DX」を導入事例からひも解く、自治体DX推進のカギとは?~

株式会社ビースポーク(本社:東京都渋谷区、代表取締役:綱川 明美)は、2021年5月13日に自治体DXの推進に携わるみなさまのお悩みを解決すべく、オンラインイベントを開催いたします。
自治体DXに精通するゲストをお招きして、よくある課題の解決方法や導入事例などをご紹介をはじめ、ゲストの方々へ直接質問することができるディスカッションコーナーをご用意いたします。
みなさまのご参加を心よりお待ちいたしております。


DXについて、こんなお悩みはありませんか?
  • どこから始めるべきか分からない
  • 情報がない・相談する先がない
  • IT人材が役所内にいない
  • 地方自治体での導入事例を見てから判断したい
  • 横断組織ですべきと思うが、慣れない・大変
  • 高齢者など誰かが取り残されてしまうだろう
  • 重要なのは会話・対話なのでDXはそぐわない
  • マイナポータル連動といわれても厳しい

私たち株式会社ビースポークは、みなさまのお悩みを解決すべく自治体様向けの「オンラインイベント」を開催いたします。

▼開催概要
開催方法:Zoom・ウェビナー
開催時間:11:00~12:30 (入場 10:45~)※入退場自由
参加費用:無料
申込方法:下記(参加申込登録はこちら)より申込登録
申込期限:5月10日(月)24:00まで

▼参加申込登録はこちら
https://forms.gle/G2ZnQeF6iGqf93p97
※録画映像配信をご希望の方もお申込みが必要です。

▼イベント概要
第一部:ミニトーク

テーマ1「自治体DXとよくある課題」
デロイトトーマツベンチャーサポート 代表取締役社長 斎藤 祐馬 氏

テーマ2「地方ですすめるDX」
富山県 南砺市長 田中 幹夫 氏

テーマ3「世界と地方のDX事例」
株式会社ビースポーク 代表取締役 綱川 明美

第二部 : 参加者の悩みに応えるディスカッション

<パネリスト>
 ミニトーク登壇者
 (斎藤氏、田中市長、綱川)

<モデレーター>
 ジャーナリスト 浜田 敬子

▼Bebotとは?
・会話形式で多言語の応答が可能なAIチャットボットです。
・専門性の高いIT人材がいなくてもシームレスに対応可能です。
 ※担当職員(導入時や導入後)の負担が少ないとご好評いただいております。
・最短1ヶ月で利用開始が可能です。
・独自開発したシステムにより拡張性の高いサービスをご提供します。
・AIが応答できない質問には専属オペレーター(有人)が対応します。
・障害の検知~復旧まで2時間以内に対応することをお約束します。
・国内外の政府機関をはじめ多くの実績があります。

▼Bebotが実現できること
  1. 住民サービスに関する窓口の一元化
  2. 日本語を含む多言語での応答
  3. リアルタイムな情報発信(新型コロナウイルス、災害など)
  4. 観光案内および回遊促進
  5. 相談窓口やコールセンターの一次対応
  6. 会話形式のアンケートの実施(集計・分析を含む)

▼お問合せ
<イベントに関するお問合せ> ※5月10日まで
株式会社ビースポーク
電話番号:03-5577-5134 / 受付時間:10~17時(土日祝休み)
参加申込URL:https://forms.gle/G2ZnQeF6iGqf93p97
メール:event@be-spoke.io
担当:柏木

<その他のお問合せ>
メール:tomomi@be-spoke.io
担当:岸井

■ 株式会社ビースポークについて
世界15カ国からトップクラスの開発者を採用し、独自開発した人工知能(自然言語処理)を搭載したチャットボット「Bebot」を国内外で展開中。Bebotは各業界の「DXソリューション」として(1)疫病・災害を含む緊急時の多言語対応の自動化(2)行政等の窓口対応の自動化、そして(3)新規リード獲得支援、以上3点に特化したチャットボットです。コロナウイルス関連の対応を含む緊急時に発生する外国語の質問やリクエストに対しても、国内外の政府や自治体に代わりリアルタイムで多言語対応を行なっています。

■「Bebot」導入実績
JNTO、成田国際空港、スターアライアンス(ドイツ本社)、タンパ国際空港(フロリダ)、ウィーン国際空港)、三重県、富山市、ホテルニューオータニ、東京ステーションホテルほか多数

■ 会社概要
商号       : 株式会社ビースポーク
代表者    : 代表取締役 綱川 明美
所在地    : 東京都渋谷区渋谷2−21−1
設立     : 2015年10月
事業内容 : AIソリューション「Bebot」の開発・運用
会社URL : https://www.be-spoke.io/jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ビースポーク >
  3. <締切間近> 5/13開催決定「自治体DXを“地方から語る”オンラインイベント」