新潟県を徹底調査!発行累計100万部突破の地域批評シリーズから新刊「これでいいのか新潟県」 が発売!

まさしく新潟は豊穣の国、この世のパラダイスのようである。

・全国各地で大好評の地域批評シリーズ最新作!
・新潟県を徹底調査!
・なぜか落ちぶれる新潟の謎に迫る!!
株式会社マイクロマガジン社(東京都中央区、代表取締役社長:武内静夫)は、全国各地で好評いただいている地域批評シリーズの新刊として、書籍「これでいいのか新潟県」を11月26日に発売いたします。

地域批評シリーズ42 これでいいのか新潟県
http://micromagazine.net/books/11390/
編者: 鈴木士郎/ 岡島慎二
ISBN:9784896379402
文庫 / 書籍 / 311ページ
定価:980円(税抜)
発売日:2019年11月26日

ヨソ者の多くは「新潟県」というワードに豊潤で甘美な響きを感じ取るかもしれない。
その理由は美味なる食の数々にある。
新潟といえば日本一の米王国にして、その代表品種「コシヒカリ」は絶対的なブランド力を持っている。
また新潟といえば地酒。
そんな美味い地酒と山海の幸を名湯と共に味わえば気分も最高。
まさしく新潟は豊穣の国、この世のパラダイスのようである。

しかし、そんな新潟からどんどん人が減り続けている。
豊かな県なのになぜなのだろう?
おそらくヨソ者が新潟に感じる好印象とは裏腹に、県の内側には大きな問題が潜んでいるのではないだろうか。

新潟は古くから人材流出県ではあった。
もともと新潟県には驚くほど多くの人がいた(明治初期の人口は全国1位)。

やがて大量の出稼ぎで人が流出。
さらに上越新幹線や関越自動車道など首都方面への高規格インフラの開業で、多くの若者が新潟を出ていくことになった。
こうした構図は東北も同様だが、田舎から人が出ていく要因は、いつの時代でもまずは「職が無い」こと。
そして現代の若者に多いのは「大都会への憧憬」である。
つまり、新潟県内には美味い飯や酒はあっても雇用が不足し、政令指定都市はあってもそれは東京に比肩し得る「魅力ある都会」ではないのだ。

本書では新潟県を構成するさまざまなファクターを丹念に分析。
さらに各地の問題点については現地に赴き、調査・取材を基にその真相や真実を明らかにした。

~地域批評シリーズとは~
2007年創刊の「東京都足立区」からスタートし、
通巻100号、発行累計100万部を超えた超ロングランシリーズ。
各地域のイメージとして貼られたレッテルを、統計データや現地取材など、さまざまなアプローチを用いて検証し、地域の真実の姿や本当の魅力を明らかにする「面白くてためになる」地域分析本です!
地域の美味しいお店や遊べるスポットを紹介する〈地域ガイド〉とは一線を画す【今までに無いご当地本】として
北は北海道から南は鹿児島まで計134タイトルを好評発売中!

【本商品に関するお問い合わせ先】
株式会社マイクロマガジン社 販売営業部
TEL:03-3206-1641  http://micromagazine.net/

【取材、内容に関するお問い合わせ先】
株式会社マイクロマガジン社 編集部
TEL:03-3551-9564

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
株式会社マイクロマガジン社 広報担当
TEL:03-3555-3478
release_mg@microgroup.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社マイクロマガジン社 >
  3. 新潟県を徹底調査!発行累計100万部突破の地域批評シリーズから新刊「これでいいのか新潟県」 が発売!