Google 商品掲載・自動運用サービス「EC Booster」、ヤマト運輸が提供するSaaS型ECプラットフォーム「らくうるカート」と連携を開始!

Google 商品掲載・自動運用サービス「EC Booster」

株式会社フィードフォース(本社:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)が提供する Google 商品掲載・自動運用サービス「EC Booster」は、ヤマト運輸株式会社が提供する SaaS型ECプラットフォーム「らくうるカート」と連携を開始いたしました。

Google 商品掲載・自動運用サービス「EC Booster」紹介ページ:https://ecbooster.jp/

 

「らくうるカート」は、ヤマト運輸が提供するネットショップ開業サービスです。
ネットショップ開設から配送・決済まで、開業に必要な機能をまとめて導入できます。商品管理・受注・配送・決済のデータを1つの画面でまとめて管理することができ、シンプルなショップ運用が可能です。
※サービスご利用方法など、詳しくは以下URLをご確認ください。
https://www.yamatofinancial.jp/cart/service/index.html

今回の連携により、「らくうるカート」をご利用中の店舗様は、「EC Booster」を申し込むと、自社ECサイトの商品をGoogle 検索結果画面で手軽に掲載することが可能となり、自社ECサイトの売上拡大を目指すことができます。

▼今後の展開
今後も自社 EC 集客運営ノウハウの提供により、それぞれに合った最適な集客戦略の提案実現を目指します。
EC Booster をご利用希望の場合には、下記 URL よりお申し込みください。
https://app.ecbooster.jp/users/sign_up

▼Google 商品掲載・自動運用サービス「EC Booster」について
「EC Booster」は、「Google 無料リスティング」での無料の商品掲載や、「Google ショッピング広告」の運用を自動で行う自社 EC 集客サービスです。
主要 EC システム(らくうるカート、futureshop、MakeShop、カラーミーショップ、ショップサーブ)と連携することで、Google の検索結果画面に画像付きで自社商品を訴求することが可能となります。
さらに、商品出稿ステータスの自動通知や改善アドバイス機能により、EC 事業者様の商品データ改善や売上拡大に貢献します。
サービスサイト:https://ecbooster.jp/


【株式会社フィードフォース 会社概要】
株式会社フィードフォースは、データフィード、構造化データ、ID 連携といったテクノロジーを駆使したマーケティング支援サービスを開発・提供しています。
当社は 2019 年 7 月に東京証券取引所マザーズ市場へ上場しました。
今後も、「働く」を豊かにする。~ B2B 領域でイノベーションを起こし続ける~ というミッションのもと B2B 領域で企業の生産性を高めるサービスを提供し、ビジネスをより創造性溢れるものに変えていきます。

会社名:株式会社フィードフォース
所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F
代表者:代表取締役 塚田 耕司
事業内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / ソーシャルメディアマーケティング関連事業 / その他事業
Webサイト:https://www.feedforce.jp/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フィードフォース >
  3. Google 商品掲載・自動運用サービス「EC Booster」、ヤマト運輸が提供するSaaS型ECプラットフォーム「らくうるカート」と連携を開始!