『第58回技能五輪全国大会』 建築大工の部 ポラスハウジング協同組合の田代 悠太(21歳)が敢闘賞を受賞

ポラスグループ ポラスハウジング協同組合

 23歳以下の青年技能者たちが技能を競う『第58回技能五輪全国大会』(主催:中央職業能力開発協会)の建築大工部門においてポラスグループ ポラスハウジング協同組合(草加市 代表理事:中内 晃次郎)の田代 悠太(たしろ ゆうた21歳)が敢闘賞を受賞いたしました。

 技能五輪全国大会は、特定の技能を身につけた満23歳以下(一部競技を除く)の青年技能者による、技能レベル日本一を競う大会です。国内の青年技能者の技能レベルを競うことにより、青年技能者に努力目標を与えるとともに、技能に身近に触れる機会を提供するなど、広く国民一般に対して、技能の重要性、必要性をアピールすることにより、技能尊重気運の醸成を図ることを目的として、1963年(昭和38年)から毎年開催されています。今回第58回は、コロナウイルスの影響により無観客での開催となり、11月13日~11月16日の4日間、愛知県に全国から機械組立、旋盤など全42職種合計944名が参加し技能を競い合いました。

 建築大工部門には53名が出場し、金賞1名、銀賞3名、銅賞3名、敢闘賞8名がそれぞれ表彰されました。

 ポラスグループからは建築大工部門にポラスハウジング協同組合埼玉・千葉に所属する7名が参加しました。

・敢闘賞受賞の田代 悠太コメント
初めて入賞出来たことは大変嬉しいです。金賞を目指していただけに悔しいですが、細部にわたりもっと精度を上げて来年こそは金賞を目指します!

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ポラス株式会社 >
  3. 『第58回技能五輪全国大会』 建築大工の部 ポラスハウジング協同組合の田代 悠太(21歳)が敢闘賞を受賞