「月見だんご」10月23日より3日間限定で販売

十五夜に続き、十三夜もお月見商品を発売

流通・サービス業に特化したアウトソーシング事業を展開する株式会社メディアフラッグ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 福井康夫、東証マザーズ6067)の子会社で、和菓子・洋菓子の製造及び販売を行っている株式会社十勝たちばな(本社:埼玉県川口市、代表取締役社長 寒河江清人)が展開するブランド、「十勝甘納豆本舗」と「菓心たちばな」で、十三夜イベント商品として「月見だんご」を販売いたします。

十五夜イベント(2015年9月25日~9月27日)での販売の様子十五夜イベント(2015年9月25日~9月27日)での販売の様子


十五夜、十三夜とは?
十五夜は旧暦の8月15日。2015年の十五夜は9月27日でした。
旧暦の7月、8月、9月が「秋」とされており、その中間の8月を「仲秋」といい、さらに8月の真ん中の日を「中秋」と呼ぶことから、旧暦8月15日は「中秋の名月」と呼ばれています。十五夜は里芋などをお供えすることから「芋名月(いもめいげつ)」とも言われています。

もともと中秋に月を観賞する風習は中国から伝わったと言われており、この時期は収穫の時期とも重なるため、満月に豊作祈願や収穫を感謝する祭事も加わって、広まっていったと考えられています。日本では、「十五夜」の1ヶ月後の旧暦の9月13日にもお月見をする独自の風習が生まれ、それが「十三夜」と呼ばれています。
十三夜の月は十五夜に次いで美しいと言われており、十五夜と十三夜の両方のどちらか一方しかお月見をしないことを「片見月」と呼び、縁起が悪いとされています。2015年の十三夜は10月25日で、十三夜には、芋に代わってこの時期に収穫される栗や枝豆を供えることから「栗名月(くりめいげつ)」や「豆名月(まめめいげつ)」とも言われています。

当初、月にお供えしていたのは里芋や栗、豆類などの農作物でしたが、後に米で作った、満月に似せた丸いお団子が「お月見だんご」としてお供えされるようになりました。


商品詳細

商品名:月見だんご
価格:600円(+税)
販売期間:2015年10月23日~2015年10月25日

お月様にお供えする「お月見だんご」を、素材と味にこだわったほんのり甘くてやわらかい自家製でご用意いたしました。
お供えしたあとそのままお召し上がりいただけます。飾り方は帯に記載されています。


株式会社十勝たちばな 会社概要

社 名... 株式会社十勝たちばな
商 号... 十勝甘納豆本舗、菓心たちばな、甘味しゅり春秋
事業内容... 和菓子の製造及び販売
資 本 金... 99,000,000円(株式会社メディアフラッグ100%保有)
代 表 者 ... 代表取締役社長 寒河江清人
本社所在地 ... 埼玉県川口市青木2丁目6番地12号

コーポレートサイト
http://www.tokachi-tachibana.co.jp/

オンラインショップ
http://shop.tokachi-tachibana.co.jp/

楽天ショップ
http://www.rakuten.co.jp/tokachi/

「株式会社十勝たちばな」について
親会社である株式会社メディアフラッグは流通業に特化したアウトソーシング事業を展開しており、2012年9月に東証マザーズに上場。2013年11月に株式会社十勝(現・株式会社十勝たちばな)の株式を100%取得。
店 舗の商号は「十勝甘納豆本舗」、「菓心たちばな」とし、伝統製法による甘納豆をはじめ、様々な和菓子・洋菓子を製造販売している。現在十勝甘納豆本舗は 埼玉県内を中心に23店舗、菓心たちばなは東京都内9店舗で展開。また、2014年4月から新ブランドとして沖縄県に「甘味しゅり春秋」を立ち上げた。直 近では2015年4月に十勝甘納豆本舗イオンレイクタウン店、甘味しゅり春秋イオンモール沖縄ライカム店、2015年5月に菓心たちばな笹塚店がオープ ン。

■本件に関するお問い合わせ■
株式会社十勝たちばな 広報担当
TEL:048-255-6677
FAX:048-255-8506
E-mail:pr@tokachi-tachibana.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 十勝たちばな >
  3. 「月見だんご」10月23日より3日間限定で販売