ドキ土器(ドキ)ワークショップでこころキラめく!子育て力向上イベントを「ハーベストの丘」で6月3日(日)開催 ~全国で唯一の弥生文化全般を対象とした「弥生文化博物館」がやってくる~

大阪府内で賃貸住宅の提供などの事業を行う大阪府住宅供給公社(本社:大阪市中央区、理事長:堤 勇二、以下、公社)は、『大阪「こころの再生」府民運動』の一環として、大阪府立弥生文化博物館と協働で、6月3日(日)に子育て応援イベントを「ハーベストの丘」(堺市南区)で開催します。

以前実施したイベントの様子以前実施したイベントの様子

公社は、子育て世帯向けにリノベーションした住戸の提供や、新婚・子育て世帯向けの家賃補助優先申込期間制度により、子育て世帯の豊かなくらしをサポートしています。また、『大阪「こころの再生」府民運動』のパートナー企業として、”子どものこころ”と”地域の子育て力”を育むため、親子で楽しめるワークショップと公社賃貸住宅の子育て世帯支援制度を紹介するイベントを大阪府内各地で行っています。
 

銅鐸パズルの様子銅鐸パズルの様子

今回は、「ハーベストの丘」に、弥生文化全般を広く対象とする全国で唯一の博物館「弥生文化博物館」がやってきます。普段目にすることがない土器や銅鐸(ドウタク)を複製した立体パズルを考古学者気分で組立てることができ、子ども達に日本の歴史文化を体感してもらうイベントです。

 

≪イベント概要≫
○ワークショップ:土器・銅鐸(ドウタク)パズル、キラキラ定規作り、公社賃貸住宅のご紹介
○日  時   :2018年6月3日(日)11時~16時 ※受付は随時(材料がなくなり次第終了)
○会  場   :「ハーベストの丘」 街のエリア 食のホールみのりの丘
         大阪府堺市南区鉢ヶ峯寺2405−1(泉北高速鉄道「泉ケ丘」駅からバス約20分)
○参 加 費   :無料(※別途ハーベストの丘の入園料が必要です)


■『大阪「こころの再生」府民運動』とは
大人も子どもも忘れてはならない大切な「こころ」をもう一度見つめ直し、府民一人ひとりが身近な取組みを実践することを呼びかける運動です。次代を担う子どもたちの豊かな人間性を育むために、家庭、学校、地域、企業等社会全体で、子どもの「こころ」を信じ、守り、育て、鍛える取組みを行っています。

▽子育て応援イベントのチラシ
https://prtimes.jp/a/?f=d19188-54-pdf-0.pdf

■大阪府住宅供給公社概要
商号                 : 大阪府住宅供給公社
代表者              : 理事長 堤 勇二
所在地              : 大阪市中央区今橋2丁目3番21号
設立                 : 1965年11月
事業内容           : 賃貸住宅の管理事業、宅地管理事業、府営住宅の指定管理業務等
基本金              : 3,100万円(全額大阪府出資)
公式WEBサイト : https://www.osaka-kousha.or.jp

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 大阪府住宅供給公社 >
  3. ドキ土器(ドキ)ワークショップでこころキラめく!子育て力向上イベントを「ハーベストの丘」で6月3日(日)開催 ~全国で唯一の弥生文化全般を対象とした「弥生文化博物館」がやってくる~