顧客体験プラットフォーム『talkappi』を提供するアクティバリューズが、クラウドセキュリティの国際規格「ISO/IEC 27017:2015」の認証を取得!

観光分野・レジャー産業のDXを推進する株式会社アクティバリューズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:陳適)は、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際認証規格である「ISO/IEC 27017:2015」の認証を取得いたしました。


アクティバリューズは2018年より「ISO/IEC 27001:2013」の認証を取得し、一般的な情報セキュリティの管理体制を構築してまいりましたが、お客様によりご安心してご利用いただくため、クラウドセキュリティの規格である「ISO/IEC 27017:2015」についても認証を取得いたしました。本認証は、クラウドサービスの提供及び利用に関して、当社で構築した管理策と運用に対して第三者機関が審査の上、認証したものです。

・認証登録日:2022年10月9日
・審査認証登録機関:BSIグループジャパン株式会社

今回の認証により、当社の情報セキュリティ体制と信頼性の高いサービス提供に証明を得ることができましたが、今後も継続的に管理体制の改善を行い、お客様にご安心してご利用いただけるよう努めて参ります。

■talkappi(トーカッピ)について
AI活用の顧客体験プラットフォーム『talkappi』は、標準で日本語を含む5言語、最大109言語に対応。導入先施設の公式HPに加えて、公式アプリ、LINE公式アカウント、Facebookページ、WeChat公式アカウントなど様々な顧客チャンネルと連携し、下記の機能を備えております。
  • AIチャットボットによる問合せの自動応答
  • チャットで完結できる予約・販売
  • チャットボットのデータよりFAQページを自動生成
  • セグメント別プロモーション配信
  • アンケート実施、クーポン発行
  • イベントや館内サービスなどの予約・申込
『talkappi』は、旅マエ〜旅アトのあらゆるシーンで24時間質の高い顧客対応をしながら、新規・リピーター客の獲得に貢献し、観光分野のDXを大きく進めるAI活用の顧客体験プラットフォームです。ホテル、旅館、自治体、商業施設を中心に国内450施設以上に導入されています。
URL:https://talkappi.com

■talkappiの導入効果
  • HP経由のお問い合わせが40%〜60%削減
  • コールセンターの電話待ち時間が1/4に短縮
  • SNS友達の増加スピードが導入前の11倍以上
  • チャットとSNSなど新しいチャンネルに手数料0円で販売可能に
  • プッシュ配信の開封率がメルマガの3倍
  • アンケートの回収率10倍アップ

■talkappiの導入先​(敬称略)
・宿泊施設(一部)
ホテルモントレグループ、ホテル京阪チェーン、東急ホテルズ、チョイスホテルズジャパン、クラブメッド、SHIROYAMA HOTEL kagoshima、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル、ルスツリゾート、北こぶし知床 ホテル&リゾート、安比高原、湯元舘、西村屋、十八楼、一の湯グループなど

・観光自治体(一部)
沖縄県、高知市、大阪観光局、奈良市観光協会、横浜観光コンベンション・ビューロー、草津温泉観光協会、洞爺湖温泉観光協会など

■talkappi運営会社概要
社名  :株式会社 アクティバリューズ
代表者 :代表取締役 陳 適
資本金 :1 億9,270 万円(資本準備金を含む)
所在地 :東京都渋谷区代々木1-30-14
事業内容:
1.⼈⼯知能、深層学習関連ソリューションの提供
2.⼈⼯知能技術の研究、開発、サポート
3.アプリ‧ウェブサービスの開発運営
URL:https://activalues.com

■本件に関するお問い合わせ
株式会社アクティバリューズ
担当: 妹尾
info@activalues.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アクティバリューズ >
  3. 顧客体験プラットフォーム『talkappi』を提供するアクティバリューズが、クラウドセキュリティの国際規格「ISO/IEC 27017:2015」の認証を取得!