ダイソンは今年のホリデーシーズンに向けて、新色に「プルシアンブルー」と「リッチコッパー」をヘアケア製品に起用

ダイソンのデザイン哲学に基づいて色、素材、仕上げにまでこだわったヘアケア製品はDyson Supersonic Ionic、Dyson Airwrap™、Dyson Corrale™共に数量限定で登場

 

ダイソン株式会社(東京都千代田区、以下ダイソン)は、2021年ホリデーシーズンに向けて、「Dyson Supersonic Ionicヘアドライヤー」「Dyson Airwrap™スタイラー」「Dyson Corrale™ヘアアイロン」の特別カラーモデルを、数量限定にて2021年10月13日より発売します。
この特別なプルシアンブルーとブライトコッパーのカラーコンビネーションは、ダイソン・エレクトリックカーのインテリアとして初めて採用されました。自動車プロジェクトは廃止されましたが、ダイソンの未来の技術に影響を与え続けており、今シーズンのヘアケア製品の特別カラーもその一例となります。
 
創業者兼チーフエンジニアのジェームズ・ダイソンはこう語ります。
「私たちの技術には、目的に応じた色の選択プロセスがあり、当たり前のことを超えて考えます。新色のプルシアンブルーとリッチコッパーは、もともと私たちの車のために選ばれたもので、黒一色の退屈な自動車業界に色を注入したかったのです。」

ダイソンのデザインエンジニアは、目的を持って色を使うことを重視しており、コアテクノロジーを強調するための色の配置を慎重に検討しています。今回の限定モデルでは、Dyson Supersonic Ionicの円形の開口部やDyson Corrale™のフレックスプレートなど、  各ツールに搭載されたダイソンのコアテクノロジーを強調するために、リッチコッパ―のアクセントが施されています。

ダイソンは、2016年にイギリスのハラヴィントンキャンパスを拠点に、初のCMF(Colours/色, Materials/素材, Finishes/仕上げ)専門チームを導入しました。このチームは、英国、シンガポール、マレーシアのマシンを支えるエンジニアと協力して、製品の形と機能を補うカラースキームを作成しています。

 エマ・シェルドン(ヘアケア・カテゴリー・ディレクター、元CMFデザイン・リード)はこう述べています。
「ダイソンでは、新しい技術を開発する際、形状と機能が本質的に結びついています。この2つを組み合わせて、パフォーマンスの最適化を考えます。ダイソンは、トレンドや流行、大衆文化に左右されることなく、ダイソンならではの色調や質感、形に挑戦することで、消費者の認識を変え、業界をリードする製品を生み出すことができるのです。」

 20年以上前から、ダイソンはユニークなカラーパレットに強い影響を受けてきました。鮮やかで大胆な色使いの掃除機は、無味乾燥で味気ない掃除機の反面教師となりました。他に類を見ない、ダイソン独自のカラーを開発したいという思いは今も変わりません。 ダイソンのエンジニアは、個性を主張することと、お客様のご家庭でうまく機能することのバランスをとることに努めています。

  
Dyson Supersonic Ionicヘアドライヤー
Dyson Supersonic Ionicヘアドライヤーは、過度な熱を加えることなく、速く髪を乾かします。毎分最大110,000 rpmという回転数を誇る小型でも強力なダイソン デジタルモーター V9は、エンジニアチームの工夫によりハンドル部分に配置され、手に持ったときのバランスを最適にしています。インテリジェント・ヒートコントロールにより、毎秒20回温度を測定し、過度な熱ダメージを防ぎ、髪本来のツヤを守ります。2021年9月に『浮き毛抑制ツール』が加わって合計5つになった付属のアタッチメントは、頭皮ケアやなりたい仕上がりをサポートします。

 


Dyson Airwrap™スタイラー
髪をスタイリングすることは、髪を傷めることと同義ではありません。Dyson Airwrap™スタイラーは、髪が乾く過程で水素結合が再結合し、形状が固定される仕組みを利用して、過度な熱ダメージを防ぎながらスタイリングを叶えます。濡れた髪を乾かしながらスタイリングできるのでヘアケア時間を短縮することもできます。エアラップにはダイソン デジタルモーター V9が搭載され、コアンダ効果と呼ばれる現象を生み出します。この空気力学の現象を応用して、風の力で髪を自動的に巻きつけカールをつくるので、簡単にエアリーカールをつくることができます。
プレートで髪を強く挟んだり、ひねったりする必要はなく、付属のカーラーやブラシを使い分けて、エアリーカールも、ストレートブローも思いのままに、ヘアサロンで仕上げたようなヘアスタイリングをご自宅で手にいれてください。

 

 
Dyson CorraleTM ヘアアイロン
すべての髪質に対応するDyson Corrale™(ダイソン コラール) は、形状を変化させながら毛束をやさしく包み込み、髪にかかるテンションを均一にするフレックスプレート技術を採用し、一度のストロークでも髪に均等に熱と張力を与え、熱への依存度を減らすように設計されています。インテリジェント・ヒートコントロールは、プレート温度を1秒間に100回温度を制御し、165度、185度、210度の3つの温度を上がりすぎることなく正確に提供します。また、4セルリチウムイオンバッテリーを搭載し、コードレスでの使用時にも安定的にパワーを供給して温度を保ちます。コードレスなので、自宅のドレッサーからダンスフロア、オフィスでのパーティーや、家族でのお祝いの席でのお直しにも最適です。


ダイソン ヘアケア製品の詳細情報については、www.dyson.co.jp、製品カタログ をご覧ください。
-  ダイソン ヘアケア製品について : 
  https://www.dyson.co.jp/hair-care.aspx
-  製品カタログ          :
  https://www.dyson.co.jp/medialibrary/Files/Brochures/JP_Brochures/PC_Brochure_02.pdf
 
  • 製品ラインナップについて

 

 
  • 直営店、百貨店、公式オンラインストア限定セット

直営店、百貨店、公式オンラインストアでは、ギフトカラー限定モデルにパドルブラシとコームのついたセットで販売します。クッション性のある幅広のパドルブラシは頭皮に やさしく、ブロー時に髪をなめらかに整えるのに適しています。コームは目が粗く、濡れた髪や絡まった髪をほぐすのに適しています。
Dyson Supersonic Ionic、Dyson Airwrap™、Dyson Corrale™いずれも対象です。
 

 

ダイソンヘア 日本公式インスタグラムアカウント: Dyson Hair JP

髪のお悩み解決、製品の使い方など役立つ情報をお届けしています。
https://www.instagram.com/dysonhair_jp/
#ダイソンビューティー #ダイソンスーパーソニック #ダイソンエアラップ 
#ダイソンコラール

 
★10月27日 (水) 21時半~、Dyson Hair JPからインスタライブを配信します★


最新のトレンドヘアを提案するヘアサロン『ALBUM』所属のNATSUMIさんに、
Dyson Supersonic Ionicヘアドライヤーに新しく付属した「浮き毛抑制ツール」の使い方から、ドライヤー1台で出来るヘアスタイリングをアドバイスいただくインスタライブを実施します。

ぜひ、10月27日(水)21時半~、@Dysonhair_jpをチェックして、NATSUMIさんにセルフヘアスタイリング術を伝授してもらいましょう!

 

<お客様お問い合わせ先>
ダイソンお客様相談室:0120-295-731
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ダイソン株式会社 >
  3. ダイソンは今年のホリデーシーズンに向けて、新色に「プルシアンブルー」と「リッチコッパー」をヘアケア製品に起用