セ・パe交流戦 前節 DAY4(DB vs M、C vs B、T vs E)【eBASEBALL プロリーグ 2020】

広島が勝率5割復帰!

セ・パe交流戦 前節 DAY4(DB vs M、C vs B、T vs E)のアーカイブはこちら!

 


「 NPB eスポーツ公式チャンネル」はこちらから
https://www.youtube.com/channel/UC2QZ_00ZrbRv_LiXIulpk1w?sub_confirmation=1




【DeNA 0-0 ロッテ(クラウン)】
 


【出場プレイヤー】
DB:山本△ M:下山△


DeNAとロッテの対戦は、ともに投球を得意とするプレイヤー同士が対決。ロースコアで展開された試合は最後まで得点が動かず、0対0で引き分けとなった。

初回は両チームともに三者凡退で立ち上がると、2回表にはロッテ・下山が加藤で初ヒットを放つも、牽制死となりチャンスにはつながらず。2回裏、3回表にも2死からヒットが生まれるものの、後続が続かずスコアレスのまま試合は終盤へと進んだ。
4回裏、DeNA・山本はオースティンのヒットでこの試合初めてのノーアウトのランナーを出したが、ここはロッテ・下山がソト、ロペスを三振に打ち取るなど進塁を許さない。その後は2投手で繋いだロッテ・下山と5投手をリレーさせたDeNA・山本がそれぞれ最後まで抑えきり、スコアレスドローで試合を終えた。

ロッテ・下山は積極的にスイングしていったものの最後まで捉えきれず、3安打で今季未だ無得点。ここまで自身2連勝だったDeNA・山本は本塁が遠く、連勝がストップした。

■試合後コメント
自身2連勝中も、あと一本が出せなかったDeNA・山本選手
「すごく楽にやらせてもらっている意識があったんですけど、そう思えないぐらい硬い試合になってしまったなと思います。もうちょっとうまくやれたんじゃないかなというのが反省です」

自身初勝利が遠く、悔しさを隠せないロッテ・下山選手
「チームが前試合で勝っていて、流れをそのままに思い切っていこうと思ったんですが、うまくいくことができず、自分に怒っています。(課題は)攻撃全部です」

 

予想通りの投手戦となった試合は互いに譲らず引き分けとなった


【広島 4-3 オリックス(クラウン)】
 


【出場プレイヤー】
C:野上○ B:前田●


オリックスと広島の対決は、相手の立ち上がりを攻め得点を重ねた広島が4対3と逃げ切り勝利。チームは勝率5割復帰となった。

自身初勝利を目指す広島・野上は、1回表を無失点に抑えると、その裏の攻撃でメヒアと菊池の連打に鈴木への四球で無死満塁とし、4番・堂林のタイムリーで先制点を挙げる。なおも続くチャンスで會澤が犠牲フライを放つと、西川と野間にもタイムリーヒットが飛び出し、打者一巡の猛攻で4点を獲得した。これで一気にペースを握った広島は守備でも好プレーが生まれるなど、オリックスに反撃の機会を作らせない。
前回の勝利で得た良い流れを継続させたいオリックス・前田だったが、4回までは無得点。最終回、西野で2ランホームランを放つと、続く吉田正にもソロホームランと、土壇場から一点差へと詰め寄る意地を見せたが、最後は代打のロドリゲスが倒れ試合終了。広島に軍配が上がった。

広島・野上は初回に打者一巡の猛攻を浴びせ、2回以降は無安打ながらも逃げ切り勝ちでプロ初勝利。敗れたオリックス・前田は相手を上回る7安打を放ったが、反撃が遅かった。

■試合後コメント
1点に詰め寄られるも、なんとか逃げ切って勝利した広島・野上選手
「(自分の)初戦は緊張し過ぎていたなと振り返っていたんですが、2戦目は少し緊張が解れたかなと思います。結果として勝てたのでホッとしています」

 

【1回裏】広島は満塁のチャンスで4番・堂林のタイムリーで先制点を挙げる


【阪神 1-1 楽天(クラウン)】
 


【出場プレイヤー】
H:徳田△ E:三輪△

今年のe交流戦、ともに黒星スタートとなった阪神と楽天の対決。楽天はここまで勝ち星なしと苦しいチーム状況を救うべく、キャプテン・三輪が出陣したが、決め手を欠き引き分けに終わった。

楽天が則本、阪神が小野の両先発で始まった試合は、お互いに序盤から凡打の山を築く投手戦。2回裏、阪神・徳田は四球とヒットエンドランで1死1、3塁とチャンスメイクすると、代打・糸原のスクイズで1点を先制する。
この1点を守り切りたい阪神だったが、4回表に辰己に内野安打を許すと、続くロメロにセンターオーバーのタイムリー2ベースを許し同点に追いつかれる。なおも無死2塁と絶好の得点機が続いたが、ここはリリーフ陣が踏ん張り勝ち越しは許さなかった。
何としても白星の欲しい楽天・三輪は最終回、代打の代打を送り込むなど執念の采配で得点を狙ったがスアレスの前に無得点に終わり、1対1と痛み分けの決着となった。

楽天・三輪は守備では流石のプレイを見せたが、3安打と打撃に苦しみ1点どまり。阪神・徳田は序盤からスモールベースボールを仕掛け先制したものの、逃げ切ることはできなかった。

■試合後コメント
スクイズで取った1点を守りきれず、悔しい引き分けに終わった阪神・徳田選手
「チームが好調というのもあってなんとか勝ちたかったんですけど、引き分けてしまってチームには申し訳ないという気持ちでいっぱいです。ただ、後悔するようなボールを投げて追いつかれたわけではないので、前向きにいきたいと思います」

なんとか追いついたものの、3安打と苦しい展開だった楽天・三輪選手
「立ち上がりは打撃がよくなくて、守りからリズムを作っていこうと思っていました。勝たなくてはいけない立場なので、結果的には満足はいっていないです」

 

未だチーム未勝利と苦しむ楽天。キャプテン・三輪もあと一本が出ず、引き分けに終わった




現在の順位はこちら!  eBASEBALL プロリーグ公式サイト 
https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/standings/?league=interleague

eBASEBALL プロリーグ公式サイト
https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 日本野球機構(NPB) >
  3. セ・パe交流戦 前節 DAY4(DB vs M、C vs B、T vs E)【eBASEBALL プロリーグ 2020】