プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

東洋エンジニアリング株式会社
会社概要

遠隔モニタリングシステムの構築支援を行ったメタンハイドレート長期産出試験の開始<English Follows>

Commencement of Long-Term Onshore Methane Hydrate Production Test supported by TOYO

TOYO

東洋エンジニアリング(取締役社長 細井栄治、以下、TOYO)が、独立行政法人エネルギー・金属鉱物資源機構(以下、JOGMEC)から受託し支援業務を進めている、米国アラスカ州ノーススローププルドーベイ鉱区でのメタンハイドレート長期陸上産出試験において、ガス生産が開始されました。


                試験設備全景写真(2023年8月撮影)

                  (出典:www.mh21japan.gr.jp)


JOGMECは、国立研究開発法人産業技術総合研究所及び日本メタンハイドレート調査株式会社と共に、コンソーシアム(MH21-S研究開発コンソーシアム)を組成し、経済産業省よりメタンハイドレートの商業開発に向けた研究開発を受託しており、その一環としてメタンハイドレートの長期生産挙動を把握することを目的に、アラスカでのメタンハイドレート長期陸上産出試験を進めています。


メタンハイドレートは、天然ガスの主成分であるメタンガスが、水分子と結びついた、氷状の物質で、火を近づけると燃えるため、「燃える氷」とも呼ばれています。過去にJOGMECは、複数回のガス産出試験を実施し、井戸内の圧力を下げることで地層中に固体で存在するメタンハイドレートを分解し、メタンガスを生産できることを証明しました。しかし、商業化に向けた課題として、安定的なガス生産を継続する技術の確立と、長期にわたる生産挙動の理解が求められていました。


TOYOは、2016年にJOGMECから産出試験システムの概念検討業務を受託して以来、下記業務を行ってきました。

①    物理探査による地質データの取得

②    産出試験システムにおける地上生産設備の基本設計

③    産出試験システムにおける生産と観測のための坑井の基本設計と調達

④    産出試験システムにおける遠隔モニタリングシステムの設計、構築と運用・保守業務


そして、2023年9月19日(現地時間)に産出試験システムによる井戸の減圧が開始され、2023年10月24日(現地時間)にはガス生産が確認されました。TOYOは本フェーズにおいて、産出試験システム全体の遠隔モニタリングシステムの構築を行っており、現在産出試験の実施における遠隔モニタリングシステムの運用・保守業務と合わせて現場作業監理支援業務を進めています。


                      遠隔モニタリングシステム


TOYOが構築した遠隔モニタリングシステムは、アラスカ州ノーススロープの産出試験サイトのモニタリングデータをリアルタイムで収集し、遠隔地からのオペレーション状況の把握、またデータをダウンロードしての即時解析を実現し、JOGMECの目的達成を支援しています。


TOYOは、今後も引き続きJOGMECの産出試験の目的達成を支援し、国が進める未利用のエネルギー資源の開発促進に貢献していきます。


<English Follows>

ー------------------------------ー------------------

Gas production has started in the Long-Term Onshore Methane Hydrate Production Test at the Prudhoe Bay Unit on the North Slope of Alaska, U.S.A., for which Toyo Engineering Corporation (TOYO, President and CEO Eiji Hosoi) has been commissioned by the Japan Organization for Metals and Energy Security (JOGMEC) to provide technical support services.

         Panoramic view of the testing facility (photo taken in August 2023)

                   (Source: www.mh21japan.gr.jp)


JOGMEC has formed a consortium (MH21-S R&D consortium) with the National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST) and Japan Methane Hydrate Operating Co., Ltd. (JMH), and the consortium has been conducting research and development for future commercial development of methane hydrate under contract with the Ministry of Economy, Trade and Industry, Japan. As a part of such research and development, a long-term onshore methane hydrate production test in Alaska is underway, led by JOGMEC and its US collaborative partner, the National Energy Technology Laboratory (NETL), in order to understand the long-term production behavior of methane hydrate.


Methane hydrate is an ice-like substance formed when methane gas, the main component of natural gas, combines with water molecules. In the past, JOGMEC has conducted several gas production tests from methane hydrate deposits and proved that methane gas could be produced by lowering the pressure in the wellbore. However, there still remain challenges for commercialization, such as the establishment of technology to sustain stable gas production and understanding of long-term production behavior.


Since being commissioned by JOGMEC in 2016 to conduct a conceptual study of a production test system, TOYO has performed the following tasks.

(1) Acquisition of geological data by geophysical exploration (DAS-VSP)

(2) Basic design of surface production facilities in the production test system

(3) Basic design and procurement of wells for production and observation in the production test system

(4) Design, construction, operation and maintenance of the remote monitoring system for the production test system


On September 19, 2023 (local time), the project started depressurizing the well by the production test system, and gas production was confirmed on October 24, 2023 (local time).


 During this phase, TOYO has been constructing a remote monitoring system for the entire production test system, and is currently providing on-site work supervision support services in addition to operation and maintenance services for the remote monitoring system during the implementation of the production test.


                    Remote Monitoring System


The remote monitoring system that TOYO have constructed collects monitoring data in real time from the production test site on the North Slope of Alaska, and supports JOGMEC in achieving its objectives by enabling the monitoring of operational status from remote locations and immediate analysis by downloading data.


TOYO will continue to support JOGMEC in achieving its production test objectives and contribute to the development of unutilized energy resources promoted by the Japanese government.

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
経営情報
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

東洋エンジニアリング株式会社

12フォロワー

RSS
URL
https://www.toyo-eng.com/jp/ja/
業種
建設業
本社所在地
千葉県習志野市茜浜2丁目8番1号
電話番号
047-454-1113
代表者名
細井 栄治
上場
東証プライム
資本金
181億9897万円
設立
1961年05月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード