デンソーウェーブ・長崎県・長崎市、社会課題解決のための拠点「長崎ソリューション開発センター」立地協定調印式を実施

左から:中村法道長崎県知事、杉戸克彦デンソーウェーブ会長、中川弘靖デンソーウェーブ社長、田上富久長崎市長


株式会社デンソーウェーブ (本社:愛知県知多郡阿久比町、代表取締役会長:杉戸克彦) は本日、新たな社会ソリューションの創出に向けた新拠点「長崎ソリューション開発センター」の立地協定調印式を長崎県および長崎市と実施しました。この拠点は2019年11月1日に開設を予定しており、地域が直面する具体的な社会課題の解決に向けたシステム開発の拠点として位置付けています。ソリューション開発拠点を設置するのはデンソーウェーブとして初めてのことで、今後は産・官・学の連携による地域の課題解決を目指します。

長崎県は「平成31年度長崎県重点戦略」において、「力強い産業を創造する長崎県」を掲げ、人口減少や少子高齢化に伴う地域活力の低下を課題とし、喫緊に解決することを目指しています。そのため長崎県は課題解決の施策として、企業誘致支援に加えて「ながさきICT戦略」を進めており、その対象は観光業や製造業、水産業など多岐に渡っています。
これらの分野はデンソーウェーブのソリューション事業が価値創造を目指すところであり、関連する地元企業とのコラボレーションを通して、これまで培ってきたQRコード®やICカード、RFID技術などを用いたシステムを活用することで、長崎県域の課題解決に貢献できると考えています。

また、長崎県内の大学とも連携した学術研究の実施に加え人材採用も検討しており、センター開設後5年間で30名の人員体制を計画しています。

デンソーウェーブはこれからも、地域の課題解決に直結するソリューション開発を目指してまいります。


■立地事業所の概要
    (1)事業所名   株式会社デンソーウェーブ 長崎ソリューション開発センター
    (2)立地場所   長崎県長崎市出島町2番11号 出島交流会館10階(予定)
    (3)事業内容   デンソーウェーブ各事業分野におけるソリューションの研究・開発
(様々な社会課題へ環境・安全・快適で貢献するソリューションシステムと、脆弱性対応など安心・安全で貢献するセキュリティソリューションの研究・開発)
    (4)開設時期   2019年11月1日 準備室設置(予定)
            2020年4月1日 事務所設置(予定)
    (5)雇用計画   30名(開設後5年間における長崎での人員体制)

■目指す取り組みの概要
長崎県をはじめとする自治体・企業とともに、デンソーウェーブの保有する技術の活用と、大学・企業との連携により、長崎県域で抱える様々な課題を解決するソリューションの創出を目指します。

○【長崎県でのデンソーウェーブが目指す取り組みとソリューション例】



(注)ニュースリリースに記載されている内容は報道発表日時点の情報です。その後、予告なしに変更する可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

※「QRコード®」は、株式会社デンソーウェーブの商標登録です。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. デンソーウェーブ >
  3. デンソーウェーブ・長崎県・長崎市、社会課題解決のための拠点「長崎ソリューション開発センター」立地協定調印式を実施