No1地域SNS「ピアッザ」、コロナ禍での地域・ローカルSNS。2020年1月から現在までを数字で振り返るインフォグラフィックスを公開

アクティブユーザー数184%増加、50〜60代への普及が進む、ビジネスユース400%増加

​PIAZZA株式会社(代表取締役CEO 矢野 晃平)は、同社が企画・開発・運営をする人気No1地域SNS「ピアッザ」が、“コロナ禍の状況下においてどのように変化をしたのか”、数字で振り返るインフォグラフィックスを公開しました。
・調査期間:2020年1月1日~8月31日
・対象:地域SNS「ピアッザ」
・ピアッザについて:https://www.lp.piazza-life.com/


登録者数
2020年1月から8月にかけて「ピアッザ」登録者数は145%増加しました。


年齢比率
利用者の年齢比率は、50歳以上の利用者が増加し、13.3%から18.1%に変化しました。
・50代の登録者:1月9.7% → 8月12.5%
・60歳以上の登録者:1月3.6% → 8月5.6%



地域に関する情報数(店舗・イベント・施設・防犯・防災・病院など)
地域のタイムライン投稿・コメント・メッセージ(店舗・イベント・施設・防犯・防災・病院などの情報)の総数が、1月179,731から8月に254,221と74,490件増加し254,000件を突破しました。



投稿・コメント総数(月)/ 初投稿・初コメント・初いいね率(月)
投稿・コメントの総数は1月と8月を比較すると206%増加しました。また、初めての投稿・初コメント・初いいねをするユーザーの率は(÷アクティブユーザー数)、1月12.2%から8月16.78%と増加しました。


 アクティブユーザー数(月)
「ピアッザ」を利用する月の登録者の数は、1月と8月を比較すると184%増加しました。


ビジネス利用者数(有料)
2020年3月から正式開始をした「ピアッザ」の有料ビジネスアカウント・サービス利用者数は毎月増加し3月から8月にかけて約4倍に増加しました。
「ピアッザ」ビジネス有料プランについて:https://www.lp.piazza-life.com/biz
お問い合わせ:事業開発部 biz-inside@piazza-life.com


展開エリア数
区が区民からの要望を受け30日以内で協定の締結に至った大阪市北区をはじめ、東京都渋谷区、神戸市東灘区、兵庫区など、類似サービス導入済みの自治体においてもピアッザの導入がすすみました。8月現在、展開エリア数は38エリア(7都道府県)と、1月より8エリア(1都道府県)が増加しました。
・エリア展開についてのお問い合わせ(自治体向け):https://www.lp.piazza-life.com/partner/community
・エリア開設のリクエスト:https://www.piazza-life.com/pre_registrations

 
Community Value *
全体のコミュニティバリューは、1月から8月にかけて615,922CVから1,322,329CVと215%成長しました。
Community Value(CV) *とは:ピアッザユーザーの行動データに基づき、住民間での「つながりの数」「活動(参加・貢献)の量」などを数値化したものです。エリアごとに設定されています。



 

■地域SNS「ピアッザ」について(利用・登録 無料)
地域SNS「ピアッザ」は多くのNo1タイトルを獲得!
・活発な地域交流型オンラインサービス(SNS/掲示板など) No.1
・信頼できる地域交流型オンラインサービス(SNS/掲示板など) No.1
・地元愛が深まる地域交流型オンラインサービス(SNS/掲示板など) No.1
※日本マーケティングリサーチ機構調べ:2020年3月期_ブランドのイメージ調査
その他、NHK、日本経済新聞、日経産業新聞などメディアに多数掲載
ピアッザについて:https://www.lp.piazza-life.com/
ピアッザ ビジネスプランについて:https://www.lp.piazza-life.com/biz

 ■地域SNSアプリ「ピアッザ」特徴
1.地域への定着
先行導入エリア勝どき(東京都中央区)では、
・30~40代世帯の37%が利用
・平均1日1回以上のログイン
・総計16万以上の「人と人のつながり」を達成
・「教えて」に対しての地域住民の返答率累計88%
・プライベートメッセージの月間利用総数1,400回以上(2019年12月統計)
2.行政や自治体が公認するアプリ(日本国内30以上の提携実績)
3.アプリ内の活性度合いを数値化Community Value®
・各地域の住民同士のつながりの数や熱量を可視化。行政もKPIとして採用
4.コミュニティデザイナー(CD)の導入
・地域ボランティアやママ・シニアを各地域内で採用し、アプリ内の活性化やリアルイベントなどの開催を行い住民同士の交流を促進
5.リアルなコミュニティ施設の運営
・街のコミュニティ施設を自社で企画・運営。地域の広場アプリ「ピアッザ」と連携し、入会・利用促進や互いの登録促進となるハブを創出

 
■PIAZZA株式会社について
グローバルで進む都市化とともに、希薄化する地域内でのコミュニケーションやその受け皿となるローカルコミュニティが減少しています。「高齢化社会」や「暮らしの孤立化」などと合わせ、これらを起因とする社会問題が現在多くの場面で顕在化しはじめています。PIAZZA株式会社は、地域の住民同士やそこで働くひとたちをつなぎ、ひとりひとりがより暮らしやすく、より活き活きとした暮らしを実現するために“人々が支え合える街を創る”というミッションのもと、地域の広場アプリ「ピアッザ」の開発・運営や、コミュニティ施設の企画・運営をしています。

【PIAZZA株式会社】
社名 : PIAZZA株式会社
所在地 : 東京都中央区日本橋茅場町1-10-8 グリンヒルビル5階
代表者 : 代表取締役 矢野 晃平
設立日 : 2015年5月
ミッション : 人々が支え合える街を創る
事業内容 : ・デジタルコミュニティ事業: 地域SNSアプリ「ピアッザ」の開発、運営
・リアルコミュニティ事業: 子育て支援施設「グロースリンクかちどき」、日本橋のコミュニティ施設「Flatto」の協働運営
企業情報 : https://www.piazza-life.com/about

 
【本件に関するお問い合わせ先】
PIAZZA株式会社 担当:島崎 Email:pr@piazza-life.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. PIAZZA株式会社 >
  3. No1地域SNS「ピアッザ」、コロナ禍での地域・ローカルSNS。2020年1月から現在までを数字で振り返るインフォグラフィックスを公開