シーケンス分析クラウドUSERGRAM上でAIによる「CVまで惜しかったユーザ」の抽出が可能に

CVしなかった状況を推察することで、より効果的な体験設計を

株式会社ビービット(本社:東京都千代田区、代表取締役:遠藤 直紀)は、同社が提供中のシーケンス分析クラウドUSERGRAM(ユーザグラム)に、「コンバージョン(以下CV)まで惜しかったユーザ」を抽出・一覧表示する機能を追加しました。「CVに近かったが、結局CVしなかったユーザ」を把握することで、よりCVにインパクトのある体験の改善が可能となります。

※「CVまで惜しかったユーザ」機能の画面イメージ※「CVまで惜しかったユーザ」機能の画面イメージ

■USERGRAMに「CVまで惜しかったユーザ」を抽出する機能を追加

ビービットが提供するUSERGRAMの基本思想は「CVしたユーザ」の行動を見ることで、UXの成功事例を評価し、さらなる体験の改善へつなげていく、というものです。CVしたユーザの状況を推察するにあたって重要なのは、CVという目標点へと到達する際の行動の流れであり、したがってユーザ行動に時間軸を加味して分析する「シーケンス分析」は行動データの有意性を高めるとビービットでは考えています。

一方、「CVしなかったユーザ」の行動データは、そもそも利用・購買意欲のない「あまり参考にならない行動」等のノイズを含んだ大量の情報となってしまうため、それらを個別に観ることは効率的ではありません。しかしながら、CVしなかったからこそ丁寧に分析すべきデータも勿論存在しており、それが「CVしそうだったが結局CVしなかったユーザ」のデータでした。この「CVまで惜しかった」という状況には、CVを阻害する何らかの課題が存在することが考えられるからです。そこで今回、USERGRAMに「CVまで惜しかったユーザ」を抽出・観察できる機能を追加いたしました。


■本機能の詳細

直近の日曜日から過去4週間遡った期間にアクセスしたユーザの中で、「CVまで惜しかったユーザ」の一覧を表示する機能です。「CVまで惜しかったユーザ」とは、「ユーザの閲覧行動からAIが抽出した、CVしそうだったが実際にはしなかったユーザ」です。対象CV別に対象期間内の「惜しかったユーザ」の数がホーム画面に表示され、ワンクリックでユーザ一覧画面に遷移します。
  • ホーム画面に「CVまで惜しかったユーザ」というボックスが追加されます。
  • ボックスの中には、CVの一覧、抽出されたユーザの人数、該当期間が表示されます(CVリストはスクロール表示されます)。いずれかのCVをクリックすると、対象期間中にそのCVまで惜しかったと判定されたユーザの一覧が表示されます。
  • CVが惜しかった訪問の判定は過去4週間のデータを対象に行います。したがって、4週間より前の期間に対象のCVをしたユーザが抽出される場合があります。また、機能利用の直前に対象のCVをしたユーザが表示される可能性があります。
  • 上記のユーザの抽出は週次で行います。
  • 本機能はβ版です。今後予告なく機能やロジックの変更等を行う可能性があります。

※詳しい機能内容や利用方法については、直接お問い合わせください。


■「CVまで惜しかったユーザ」の活用イメージ

本機能により、USERGRAM利用企業の担当者様は、CVごとに「惜しかったユーザ」をワンクリックで抽出することができます。本機能の活用イメージについては、以下のような事例を想定しております。
 

  • 想定のCVルートから外れていく、あるいは特定のページで手間取る等のユーザ行動を把握して、離脱パターンを発見
  • CV直前で離脱した行動から状況を推察し、よりCVに直結する課題とその対策を検討


■ビービットがデータサイエンスを用いて実現したいこと

本機能のリリースは、ビービットが推進しているデータサイエンス活用の一環です。

データサイエンスの力で、ユーザ観察に新たな視点を提供します。「CVに手間取った」「CVまで惜しい」など、より良いユーザ体験を創り出す上で重要な点に着目し、大量の行動データをデータサイエンスの手法を用いて処理することで、観察する価値のあるユーザを提示します。さらに、提示するユーザは、利用者の想定や仮説を起点とした従来のUSERGRAMの使用法では見つけにくいユーザを想定しており、利用者の経験や勘だけでは得られない発見を提供できる可能性を秘めています。

データサイエンスを活用した今回の新機能は、単独でも新しい発見を得られるものになっていますが、従来のUSERGRAMの使用で蓄積された知見と組み合わせることで、より効果的に価値ある発見が得られると考えています。

本機能をご活用いただき、これまで見えなかった課題の把握とユーザが置かれていた状況の分析を行うことで、より良いユーザ体験の改善につなげていただければと願っております。

                                           以上

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
シーケンス分析クラウド USERGRAM(ユーザグラム)
行動データを活用した企画がデータドリブン・マーケティング成功の鍵!

シーケンス分析クラウド USERGRAMは、ユーザ単位の時系列データ(シーケンスデータ)から、その行動の目的や、背景にある状況を把握し、マーケティング施策の企画立案に活かせるクラウドサービスです。

▼資料ダウンロードはこちらから
https://www.bebit.co.jp/usergram/ug_contact/brochure.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■USERGRAM(ユーザグラム)について https://www.bebit.co.jp/usergram/
シーケンス分析クラウド「USERGRAM」は、顧客の行動の順序や流れ(シーケンス)を加味した行動データ分析によりユーザの『状況』を捉え、顧客体験(UX)の高速改善=UXグロースハックを実現するクラウドサービスです。従来高度なデータ解析技術が必要であったシーケンスの把握・分析を、専門外のスタッフでも簡単に行うことができます。USERGRAMは、真の意味でユーザ中心のデータドリブン・マーケティングを実現します。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■株式会社ビービット https://www.bebit.co.jp/
設立      : 2000年3月
代表者    : 代表取締役 遠藤直紀
事業内容  : ビービットは、「エクスペリエンスデザインを実践できる組織への変革」を支援する企業です。2000年の創業以来、開発を続けてきた「ユーザ中心の方法論」に基づき、企業のエクスペリエンス運用業務を支援する「エクスペリエンス設計支援コンサルティング」および「シーケンス分析クラウド USERGRAM」を提供しています。2012年に台北、2013年に上海にて海外現地法人を設立。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ビービット >
  3. シーケンス分析クラウドUSERGRAM上でAIによる「CVまで惜しかったユーザ」の抽出が可能に