水問題の構造的解決に挑む「WOTA株式会社」、「新明和工業」より出資が決定

「小規模分散型水循環システム」および「水処理自律制御技術」を開発・提供するWOTA株式会社(代表取締役・前田瑶介、以下「WOTA(ウォータ)」)は、このたび新明和工業株式会社(本社:兵庫県宝塚市 代表取締役社長:五十川 龍之 以下、新明和工業)より出資を受けることが決定いたしましたので、お知らせいたします。

WOTAは、2014 年の設立以来、人類と地球の未来に関わる水問題について、その構造的な課題に目を向け、解決に挑んできました。水問題には、世界規模の水不足や水汚染、そして従来型の水インフラに係る課題があり、いずれの課題も年々深刻化しています。
WOTAは、その解決策として「小規模分散型水循環システム」を世界に普及させることを目指しております。これにより、水にまつわる根本的な社会課題のうち、次の3つの側面の解決に貢献したいと考えています。

  1. 水不足への構造的解決:生活排水を小規模に効率的に再生処理・循環利用し、水資源を大切に使う社会システム・ライフスタイルの醸成
  2. 水汚染への構造的解決:生活排水を資源として再利用することで、未処理の排水が放流され水汚染が生じることによる人々の健康被害や生態系の悪化を阻止
  3. 従来型の水インフラに係る課題の構造的解決:従来型インフラと分散型インフラ双方の長所を活かした、持続可能な水インフラの迅速かつ柔軟な構築

この度の出資に伴い、長年、下水処理場、浄化槽、農業集落排水向け水処理機器の設計からアフターサービスまで手がける新明和工業の培ってきた技術、ネットワークと、当社の小規模分散型水循環システムを融合することで、日本国内(特に過疎地域)や、海外の水資源に乏しい地域における上下水インフラが抱える諸課題の解決を目指します。

【新明和工業について】
新明和グループは、現在、特装車、パーキングシステム、産機システム、流体、航空機の5つの事業を柱に、社会インフラを支えるさまざまな製品やサービスを通じて、人々の安心で快適な暮らしを支えるとともに、省人化・無人化による人手不足の解消、効率化によるコスト削減、環境負荷低減などの社会課題解決にも貢献しています。
そして、2030年に在りたい姿を謳った「長期ビジョン」のもと、「都市・輸送・環境インフラの高度化に貢献する価値共創カンパニー」を目指して、既存製品の付加価値向上に取り組むとともに、新規事業の創出やグローバル展開にも注力しています。
https://www.shinmaywa.co.jp/

【WOTAについて】
WOTAは、「水問題を構造からとらえ、解決に挑む」を存在意義に掲げる、日本のスタートアップ企業です。地球上の水資源の偏在・枯渇・汚染によって生じる諸問題の解決のため、「水処理自律制御技術」及び「小規模分散型水循環システム」を開発しています。
当社プロダクトには、災害時等に仮設シャワー施設として活用できる可搬型の水再生処理プラント「WOTA BOX」、水道不要の水循環型手洗いスタンド「WOSH」があります。これらのプロダクトを日本国内において災害対策、衛生対策のため全国的にご活用いただく中で、将来構想である「小規模分散型水循環システム」の実証も実施してまいりました。
今後も研究開発とプロダクト普及を推進し、人類がより持続的かつ自由に水資源を使いこなせる「小規模分散型水循環社会」の実現を目指してまいります。
詳しくは、https://wota.co.jp/をご覧ください。

【会社概要】
WOTA株式会社 https://wota.co.jp/
代表者:代表取締役CEO 前田瑶介
所在地:東京都中央区日本橋馬喰町一丁目13番13号
設立:2014年10月24日 
事業内容:小規模分散型水循環システムの開発、水処理自律制御システムの開発

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. WOTA株式会社 >
  3. 水問題の構造的解決に挑む「WOTA株式会社」、「新明和工業」より出資が決定