AI契約書レビュー支援ソフトウェア「LegalForce」「条ずれチェッカー」機能をアップデート

引用条文の内容を瞬時に確認 「条ずれ・引用条チェッカー」に名称を変更

AI契約書レビュー支援ソフトウェア「LegalForce」を提供する株式会社LegalForce(本社:東京都千代田区 代表取締役:角田望、以下LegalForce)は、契約書内で条番号の抜け落ちや、重複がある箇所を自動でチェックすることができる「条ずれチェッカー」機能をアップデートし、新たに契約書本文中で引用されている条文の内容を確認できるようになりました。この機能アップデートに伴い「条ずれチェッカー」を「条ずれ・引用条チェッカー」に名称変更しました。

  • 「条ずれ・引用条チェッカー」とは

契約書内で条番号がずれている可能性のある箇所や、引用されている条の内容を瞬時に把握することができ、煩雑な目視作業を簡易化し作業時間を大幅に短縮することができる、AI契約書レビュー支援ソフトウェア「LegalForce」の自動レビューの一つの機能になります。
契約書本文の引用条部分にカーソルを当てる、または指摘の条番号をクリックすると引用元の条文がポップアップ表示されます。
 

▽お問い合わせはこちら
URL:https://legalforce-cloud.com/

■ 株式会社LegalForceについて
株式会社LegalForceは、2017年に大手法律事務所出身の弁護士2名によって創業されました。独自のAI技術と弁護士の法務知見を組み合わせ、企業法務の課題を解決するソフトウェアの開発・提供しています。京都大学との共同研究をはじめ、学術領域へも貢献しています。2019年4月に正式版サービスを提供開始したクラウド型契約書レビュー支援ソフトウェア「LegalForce」、2021年1月よりクラウド契約書管理システム「Marshall」の正式版を提供しています。 

【株式会社LegalForce】(URL:https://legalforce-cloud.com
・会社名:株式会社LegalForce
・所在地:東京都千代田区内幸町1丁目1−6 NTT日比谷ビル8階
・代表者:代表取締役CEO角田 望
・事業内容:法律業務に関するソフトウェアの研究・開発・運営・保守
・資本金等:41.9億円(資本準備金等含)(2021年2月現在)

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社LegalForce >
  3. AI契約書レビュー支援ソフトウェア「LegalForce」「条ずれチェッカー」機能をアップデート