「今年はバーチャル渋谷に”来る”りんぱ!」ダチョウ倶楽部さん、世良マリカさんが長谷部健渋谷区長とともに呼びかけ 区長コスプレで登場したダチョウ倶楽部さん「ダチョウ区長」公認に歓喜

10月16日より「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス 2021」がいよいよスタート!「FUN FOR GOOD」をテーマにコンテンツやイベントが盛りだくさん

渋谷5Gエンターテイメントプロジェクトを運営する、KDDI株式会社、一般社団法人渋谷未来デザイン、一般財団法人渋谷区観光協会の3社は、渋谷区公認配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」内で、10月16日(土)~10月31日(日)の期間に開催される、「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス 2021」を発表しました。10月12日(火)に行われた発表会では、公式サポーターとして世良マリカさんとダチョウ倶楽部さんをゲストに迎え、社会貢献しながら楽しむことができる「FUN FOR GOOD」をテーマとしたバーチャルハロウィーンの魅力を語っていただきました。

発表会では、渋谷区長 長谷部健より、「新しい価値や文化を発信し続けることが渋谷の原動力でありますし、渋谷がとしてこれから先、世界の都市と肩を並べる街になっていくためには、新しいことにはチャレンジしていかなければならないと考えています。また、そういった背中をしっかりと押していくことが行政の務めではないかと思います。そんな中で、バーチャルハロウィーンが始まります。テクノロジーの進歩も重なって、面白いコンテンツがどんどん増えてきています。ぜひ、多くの皆さんに参加していただきながら、渋谷というを街の楽しさもバーチャル空間で感じていただけたらと思います。ぜひ、バーチャルハロウィーンを盛り上げてまいりたいと思いますので、皆さんのご協力お願いします。」と新しい形の渋谷区のハロウィーンへの期待感を語りました。


公式サポーター世良マリカさんとダチョウ倶楽部さんをゲストにむかえたトークセッションでは、ダチョウ倶楽部さんがおなじみの挨拶「ヤー!」で登場。仮装が得意というダチョウ倶楽部さんの今日の仮装テーマは、なんと「渋谷区長」。長谷部区長は、「赤い蝶ネクタイしてこなくちゃいけませんでした?」と苦笑い。そして、今回のコスプレについて、ダチョウ倶楽部さんは、「長谷部渋谷”区長”、そして我々は”ダチョウ”。クチョウ、ダチョウ...ということで、今日私たちはダチョウ区長だヤー!」と少々無理のある説明と共に、長谷部区長に公認を求めると、「ぜひ、一日と言わず、ハロウィーンの期間お願いします。」と区長公認のダチョウ区長となりました。

ダチョウ倶楽部と共演した世良さんは「楽しいですね!仮装も、地味ハロウィーンっていうのも去年から流行っていたので、意外と流行りに乗ってますよね~」とコメントすると、「意外とって何よ」とけんか腰の上島さんがキス芸を迫るものの、パーテーションにさえぎられてしまいます。実際に上島さんとキスをしたいかどうかを聞かれた世良さんは「バーチャルだったら(笑)」と、抜群の返しをしました。


公式サポーターのお2組には、今回のバーチャルハロウィーンについてより知ってもらうため、3つのポイント「オリジナルアバターで渋谷に行ける!!」「友達とワイワイ楽しめる」「人気アニメやアーティストのライブやトークショーなどのコンテンツ」のレクチャーを体験いただきました。バーチャル空間でおなじみの押すなよ~ギャグをやっているアバターを見た世良さんは、「私も一緒に押したくなっちゃいます」とコメント。

バーチャルのオリジナルアバターを見た肥後さんがクオリティに感動し、「こっちにしようよ。リアルの上島はダチョウ倶楽部クビってことで、この三人でやったほうが絶対人気がでるから」と上島さんをクビにしようとすると、上島さんは「待て待て待て、なんで俺をクビにするんだよ、俺も一緒にやってくれよ!」とおなじみの足踏みコントを披露しました。さらに、足踏みコントをアバターが再現。その様子にダチョウ倶楽部さんは「いろんな人がいたらいっぱいの人とできるわけでしょ?」「今は三人だけど、いろんな方が入って来れる」「やーみんなと同時にやるのは楽しいな!」とバーチャルでの大人数ギャグに期待を募らせました。一方で、生でコントを見られた世良さんは「テレビで見ていた皆さんとできたので、ほんとにうれしいですね~」と大興奮しました。
バーチャル上のアバター同士によるキス芸に上島さんは、なかなか最近できないという状況を語り、「これだったら、別にほら、え~となんだっけ」と寺門さんの名前を度忘れする一幕も。この様子を見た世良さんは「バーチャルなら接触しなくても良いので、安心安全ですね」とコメント。
バーチャル渋谷について、寺門さんは「お店の中もはいれるようになるといいね。」と期待を膨らませ、出前をとりながら、バーチャルでお店に行けば雰囲気も楽しめる、「夢が広がるわ~」と大興奮。「渋谷の魅力がいっぱい、洋服とかも選んだものが買えるかもしれない。」とさらなる可能性に期待しました。

3つめのポイントであるバーチャルハロウィーンで楽しめるコンテンツについて世良さんは、「ライブもすごく楽しそうですし、わたしが出演するトークショーイベントもぜひ見てください。」とバーチャルハロウィーンをお勧め。

エンディングでは、「ダチョウ区長としては、バーチャルに参加して、全員で一緒のギャグをやってみたい。」という肥後さんに対して、「いっぱいギャグあるから、全部教えるんで、やってもらおう。」と上島さん、寺門さんは「バーチャルで体張ってもらおうよ。」と期待を膨らませました。また、寺門さんは「渋谷を案内しますよ!」と長谷部区長とも近所だという渋谷区民アピール。肥後さんは「おじいちゃんと若者と、みんなで楽しめるバーチャルでハロウィーンやってみたいですね。」と、バーチャルハロウィーンへの参加意欲を見せました。最後に、上島さんは「今年のハロウィーンは、バーチャル渋谷に来るりんぱ」と、おなじみの帽子ギャグでコメントを締めました。最後には、ダチョウ倶楽部と登壇者全員で「ヤー!!!」をして、大盛況のイベントを締めくくりました。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. KDDI株式会社 >
  3. 「今年はバーチャル渋谷に”来る”りんぱ!」ダチョウ倶楽部さん、世良マリカさんが長谷部健渋谷区長とともに呼びかけ 区長コスプレで登場したダチョウ倶楽部さん「ダチョウ区長」公認に歓喜