新型コロナウイルス感染拡大防止のため【リビエラ逗子マリーナ】への入場自粛を4月29日から5月6日までお願いします。同期間、「逗子マリーナ駐車場」「リストランテAO 逗子マリーナ」は臨時休業します。

新型コロナウイルス対策で外出自粛要請が出ている中、リビエラ逗子マリーナ周辺道路での路上駐車も大変多く、マリーナ住民・関係者外から多くの人が訪れている状況です。感染者の多い都市部からたくさんの人が訪れることで、地域に感染が広がる懸念があると考えられています。
つきましては、4月29日(水)9:00 から5月6日(水)17:00(予定)の期間、逗子市とリビエラグループは協力し、リビエラ逗子マリーナへの入場自粛のお願いをすることとなりました。範囲は位置図のとおりです。尚、リビエラ逗子マリーナ利用者は通行可能ですので、パスカード提示ください。また、リビエラ逗子マリーナにおいて4月8日より営業自粛をしている「マリブファーム 逗子マリーナ」「ロンハーマンカフェ 逗子マリーナ店」、ブライダル、Meeting & Events に加えて、上記期間、リビエラでは「逗子マリーナ駐車場」「リストランテAO 逗子マリーナ」も臨時休業し、最大の自粛をいたします。
  • ​「リビエラ逗子マリーナへの入場自粛のお願い」に関する概要     

    (1)場 所
              逗子市小坪5丁目地内(市道小坪154号及び小坪159号)

    (2)期間
              令和2年4月29日(水) 9:00~令和2年5月6日(水)17:00(予定)

    (3)問合せ先
              リビエラ逗子マリーナ TEL:0467ー23ー2111

      (4) 位置図 

 

■リビエラグループについて

リビエラグループは、94年続く米ロサンゼルスの名門ゴルフコースである「ザ・リビエラカントリークラブ」をフラッグシップとし、中国上海ではレストラン事業、国内では「リビエラ逗子マリーナ」など4拠点でマリーナ事業、不動産売買・管理、リゾート開発、高級プレジャーボートの会員制クラブ「ザ・リビエラリゾートクラブ」及びスポーツクラブ「リビエラスポーツクラブ」、レストラン7店舗、MICE、ウェディング事業を3拠点で展開し、より豊かなライフスタイルを提案しています。東京・池袋の「リビエラ東京」は料亭「白雲閣」からはじまり 2020年に70周年を迎えました。リビエラ逗子マリーナでは、「マリブホテル」と日本初上陸レストラン「マリブファーム」を2020年3月26日に開業しました。現在、建造から93年の歴史的木造帆船「シナーラ」のレストア(本格修復)を、神奈川県三浦にて世界30か国の職人と取り組んでいます。また事業展開と同時に「リビエラ未来創りプロジェクト」を通じ、国連の持続可能な開発目標(SDGs)を推進しています。
公式Webサイト:https://www.riviera.co.jp/


※4月29日にリリースしました「リビエラ逗子マリーナ周辺道路の交通規制のお知らせ」のなかで交通規制という表記をしておりましたが、一般車両の通行止めといった交通規制を実施している事実はなく、正しくはリビエラ逗子マリーナへの入場自粛のお願いです。訂正させていただきます。
新型コロナ感染拡大防止のため、引き続き逗子マリーナ場内への入場自粛のご協力をお願い申し上げます。

 


 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. リビエラグループ >
  3. 新型コロナウイルス感染拡大防止のため【リビエラ逗子マリーナ】への入場自粛を4月29日から5月6日までお願いします。同期間、「逗子マリーナ駐車場」「リストランテAO 逗子マリーナ」は臨時休業します。