hachidori、アルバイト領域の課題をテクノロジーで解決する「バイトテック」のカオスマップを公開

アルバイト×テクノロジーで、アルバイトを雇用する事業者も、アルバイト自身も「働き方改革」へ

 シフト管理アプリ『CAST』、アルバイト求人サービス『CAST JOB』を提供するhachidori株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:伴 貴史)は、アルバイト領域の課題をテクノロジーで解決する「バイトテック」サービスのカオスマップを作成・公開いたしました。

  • バイトテックとは
 バイトテックとは、アルバイト(Arbeit)とテクノロジー(Technology)を組み合わせた新しい言葉で、アルバイトを雇用する事業者やアルバイト自身が抱える課題をテクノロジーで解決するサービス群を指します。

 ※アルバイト(Arbeit)は「仕事」を意味するドイツ語由来の外来語ですが、日本においてはパートタイム労働法でパートタイム労働者と定義されている「1週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用される通常の労働者の1週間の所定労働時間に比べて短い労働者」(通称アルバイト・パートなど)を指すことが一般的であり、「バイトテック」という言葉においても同様の意味で使用しています。
 
  • バイトテック 全体の動向
 アルバイト採用や管理、勤務環境などの領域は正社員と比較して整備が遅れており、長年の間、大きな変化がありませんでした。しかし近年、アルバイトの採用・管理・教育・金融領域においてテクノロジーを活用したツールが数多く誕生し、利用事業者も増加することで事業運営の効率化やアルバイトの勤務環境の向上に寄与しています。
 これらのツールが浸透することは、事業者ならびにアルバイトの「働き方改革」に繋がります。それぞれが本来の業務にフォーカスする手助けをするバイトテック領域では、今後も多くのサービスが誕生することが予測されます。
 
  • バイトテック 各カテゴリの動向
【採用】

 近年、アルバイト採用を取り巻く状況は厳しさを増しており、厚生労働省が公表する「一般職業紹介状況(職業安定業務統計)」によると、2019年1月〜9月の平均パートタイム有効求人倍率は約1.8倍にも上っています。(参考:2013年のパートタイム有効求人倍率は1.24倍)

 人手不足は解消されないまま採用コストだけが嵩む状況下で、タイミー(株式会社Taimee)をはじめとした、数時間単位の短期バイトを即時採用できるサービスが急伸しています。また、正社員採用において徐々に市民権を得始めているリファラル採用ツールをアルバイト採用で利用し、採用コスト高騰の打破に取り組む事業者も増加しています。

【管理】

 アルバイトの管理は紙やExcelなどのアナログな手法を用いて行われることがほとんどでしたが、手動管理にかかる膨大な工数を削減するため、AirSHIFT(株式会社リクルートライフスタイル)やCAST(hachidori株式会社)等、シフト・勤怠をスマートフォンアプリやパソコンで管理できるサービスの利用が増加しています。

 また、近年の外国人労働者の急増に伴い、複雑な外国人労働者の労務管理業務を容易にするビザマネ(株式会社セントメディア)のようなサービスも生まれており、本分野は本年4月の出入国管理及び難民認定法改正によって今後さらなる伸長が見込まれています。

【教育】

 言語の壁がある外国人労働者の増加を受けて、より簡単に、標準化された教育を行うために画像・動画などのビジュアルコンテンツを用いたマニュアルを作成する事業者が増加しています。

 また、ディップ総合研究所の調査[1]によると、採用されたアルバイトの2割が半年以内に、4割が1年以内に離職してしまうといわれています。早期離職を防いで定着を手助けするために、RiCare(株式会社リクルートジョブズ)のようなアセスメントツールも利用されています。

【金融】

 アルバイトの給料即払いニーズは根強く、飲食店向けメディアEATAS[2]によると、給料日払いに対応する求人は従来の月払い対応求人と比較して約3倍の応募数が見込めるといわれています。これに対応し、Payme(株式会社ペイミー)などの給料前払いサービスを利用する事業者が増えています。

 また、クレジットカードを持つことができない学生も多いアルバイトの少額資金ニーズに対応して、年齢制限なくVisaプリペイドカードを作れるVANDLE CARD(株式会社カンム)やクレジットカードなしで決済が可能なPaidy(株式会社Paidy)などのサービスも台頭しています。

[1] 「アルバイト・パートスタッフの離職事情 ~早期離職防止・長期定着に必要な対策とは~」https://www.baitoru.com/dipsouken/all/detail/id=261
[2] 速払いサービス|スタッフへの給与の「日払い」ができる福利厚生サービス https://eatas.jp/article/219


※掲載したロゴ・サービス名称について当マップ記載のロゴ・サービス名称の表記につきましては、掲載させていただいた各社様に事前許諾を得ていないものもございます。もし当マップへの掲載に問題がある場合は、お手数ですが「pr@hachidoriinc.com」までご連絡ください。速やかに修正させていただきます。
※高画質ver.は、https://hachidoriinc.com/news/release/1647/より保存いただけます。
 
  • hachidori株式会社について
 当社はバイトテックサービスとして、シフト管理アプリ『CAST』ならびにアルバイト求人サービス『CAST JOB』の2事業を運営しています。



◼︎ 会社概要
会社名:hachidori株式会社
代表者:代表取締役社長 伴貴史
設立:2015年5月
所在地:東京都千代田区神田錦町3-17  廣瀬ビル7階
事業内容:プログラミング不要のチャットボット開発ツール『hachidori』運営
バイト領域の課題を解決するバイトテックサービス『CAST』運営
URL:https://hachidoriinc.com (コーポレートサイト)
https://cast-baito.com/ (『CAST』サービスサイト) 
https://job.cast-baito.com/ (『CAST JOB』サービスサイト)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. hachidori >
  3. hachidori、アルバイト領域の課題をテクノロジーで解決する「バイトテック」のカオスマップを公開