どう作る? どう食べる? 最高の味を探求する「アジフライ会議」を開催

開催都市は、アジの水揚げ量日本一、アジフライの聖地・長崎県松浦市

アジフライを日本一愛する街、アジフライの聖地、長崎県松浦市は、庶民派グルメの代表格であるアジフライを巡って専門家・愛好家が議論を繰り広げる「アジフライ会議2021@松浦」を12月17日に開催します。松浦市はアジの水揚げ量日本一。市内の約30店の飲食店が新鮮なアジフライを提供するアジフライの「聖地」。どう調理するか、どこから齧りつくか、どんなソースで食べるか……。食の総合誌「dancyu」の植野広生編集長を交え、アジフライを偏愛する者たちが熱く楽しく激論を戦わせます。
アジの水揚げ量日本一を誇る長崎県松浦市は、2019年4月に「アジフライの聖地」を宣言。対馬・五島海域の豊かな漁場に近く、一年を通じて新鮮なアジが入ってくる地の利を生かし、刺し身でおいしいアジをフライにして観光客をもてなしてきました。アジフライを提供する旅館や飲食店は約30店。「宣言」と同時に、「松浦アジフライ憲章」を制定し、おいしさと心温まるもてなしを追求しています。

そんな聖地が12月17日に「アジフライ会議2021@松浦」を初開催します。この日は12月の第三金曜日。「鰺」は魚偏に参と書くことから、松浦市ではアジフライデーと呼ばれている特別な日です。

聖なる土地で特別な日に参集するのは、アジフライには無限の可能性があると信じる熱烈な伝道者と食の総合誌「dancyu」の編集長、植野広生氏。アジフライを最高に美味しく食べるための知識と経験を持ち寄り、激論を戦わせます。この模様はYouTubeで生中継し、全国のアジフライファンにお届けますので、ぜひご視聴ください。
 

松浦市の「味楽 きらく」が提供する一本釣りアジフライ松浦市の「味楽 きらく」が提供する一本釣りアジフライ

アジフライ会議2021@松浦開催要領
■開催日時 令和3年12月17日(金)19:30~21:00
■開催場所 Matsuo Nouen+ Coffee(松浦市志佐町浦免1252)
■YouTubeライブ中継 https://youtu.be/-SA-bycunck
■参加者
 植野広生dancyu編集長(アジフライ愛好家)
 永田弘樹・西日本魚市株式会社セリ人(日本で一番アジをセリにかける男)
 下久保直人・「味楽 きらく」店主(一本釣りのアジをフライにする)
 松尾秀平・「Matsuo Nouen+ Coffee」店主(アジフライで街を元気にする)
 久保川洋平・株式会社三陽松浦営業所次長(1日7トンのアジフライを作る)
 池田隼人・「新屋敷」店主(調理担当。生涯最高のアジフライを約束する)
 ベッターリョ・キャーラ(ビデオ出演。イタリアのアジフライ伝道者)
 
■議題
 ・なぜ、我々はアジフライを愛するのか
 ・シンプルな料理を奥深く楽しむ方法
  齧る順番は? 最高のソース・調味料は? 一緒に飲む酒は?
 ・松浦アジフライの魅力
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社プレジデント社 >
  3. どう作る? どう食べる? 最高の味を探求する「アジフライ会議」を開催