太陽インキ製造が「関東地区電気使用合理化委員会委員長表彰」において2年連続で最優秀賞を受賞

 太陽ホールディングス株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:佐藤 英志、証券コード:4626)の子会社である太陽インキ製造株式会社(本社:埼玉県比企郡嵐山町、代表取締役社長:峰岸 昌司)は、一般社団法人日本電気協会関東支部が管轄する「関東地区電気使用合理化委員会委員長表彰」において、省エネルギーへの貢献が顕著であったとしてエネルギー管理優良事業所等に選ばれ、最優秀賞を受賞しました。
太陽インキ製造は、ISO14001を取得しており、その活動の一つとして環境負荷低減があります。いかに効率よくエネルギーを使用できるか考え、老朽化している機器の計画的更新と運用の見直しなど、徹底的にムダの排除改善を積み重ねました。その結果、エネルギー原単位を過去5年平均マイナス14.5%削減することに成功し、2年連続で最優秀賞を受賞しました。

  (右)エネルギー管理企画推進者 太陽インキ製造株式会社 製造技術部 佐藤 和彦
  (左)エネルギー管理委員 太陽インキ製造株式会社 製造技術部 志藤 和弘

 
  • 「関東地区電気使用合理化委員会委員長表彰」とは
関東地区電気使用合理化委員会は、 戦後の電力不足から社団法人日本電気協会が提唱した「電力は国の宝運動」を推進するため、1952年7月に設立されました。今日では、電力の有効利用や総合的な省エネルギーの普及・促進・PR等に関する活動を行っています。「関東地区電気使用合理化委員会委員長表彰」は、委員会の活動のひとつです。省エネルギーの一層の普及促進を図るべく、電力の有効活用、省エネルギーの推進、負荷率の向上等に顕著な功績のあった工場・事業場および個人を毎年表彰しています。



関東地区電気使用合理化委員会
http://www.kandenkyo.jp/index.php?p=rational

太陽インキ製造株式会社
URL:https://www.taiyo-hd.co.jp/jp/group/ink/

太陽ホールディングス株式会社
太陽ホールディングスは、ソルダーレジスト(基板などに使用される緑色の絶縁材)の世界シェアトップクラスを誇るリーディングカンパニーです。ソルダーレジストをはじめとするエレクトロニクス事業、植物工場を稼働させる食糧事業、日本で13カ所の水上太陽光発電所を開設をするなど、エネルギー事業、医療・医薬品事業の4本柱で、グローバル総合化学企業を目指します。
 

【会社概要】 

本店所在地 〒355-0222 埼玉県比企郡嵐山町大字大蔵388番地
本社  〒171-0021 東京都豊島区西池袋一丁目11番1号 メトロポリタンプラザビル16階
代表  佐藤 英志
創業  1953年9月29日 
資本金  94億9,984万円【従業員数】連結 1,988名/単体 112名 (2020年3月時点)
URL  http://www.taiyo-hd.co.jp/jp/

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 太陽ホールディングス株式会社 >
  3. 太陽インキ製造が「関東地区電気使用合理化委員会委員長表彰」において2年連続で最優秀賞を受賞