用地取得に関わるエリアの情報収集・レポートを自動化 不動産ビッグデータ分析を支援する『DATAFLUCT real-estate.』提供開始

実証実験環境を無料提供 基本情報から将来の世帯年収予測までカバーし業務を効率化

データサイエンスで企業の課題を解決する株式会社DATAFLUCT(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役:久米村 隼人、以下「DATAFLUCT」)は、地価や環境などの基本情報からエリア内の将来の世帯年収などの未来予測※もカバーし、直感的な操作でレポート化できる用地取得支援サービス『DATAFLUCT real-estate.』(データフラクト・リアルエステート)について、4月20日(火)より実証実験環境を無料提供いたします。
  • 開発の背景
現在、ディベロッパーが用地を取得する際、周辺人口や世帯数、周辺の商業施設、オフィスなどのエリアに関する様々な情報収集は人力で行われており、リサーチとレポート作成に時間がかかることが課題となっています。データサイエンスで社会課題を解決することを目指す当社は、街づくりにおいて重要な役割を持つ不動産バリューチェーンの課題解決をテーマに、本サービスを開発いたしました。
本サービスは、株式会社デジタルガレージが運営するアクセラレータープログラム「Open Network Lab Resi-Tech」を通し、国内ディベロッパー複数社との共創で開発を進めております。用地取得業務担当者のニーズをもとに「エリア周辺情報の一括サーチ」「レポート作成をサポートするグラフや地図のエクスポート機能」など、業務を大幅に効率化する機能を検討し、実装いたしました。
 
  • 『DATAFLUCT real-estate.』について
本サービスは、用地取得に必要な一連の情報収集・レポート作成をデータドリブンに行うことで、業務効率化と高クオリティ化を実現します。リサーチからマーケティングプラン作成、社内の意思決定に必要なレポート作成まで、用地取得業務の各フェーズで活用可能です。



【サービス特徴】
1.エリア周辺データを取得し、必要項目をエクスポートしてレポート作成に活用可能

 

過去の土地成約情報や土地開発情報、学校区、属性別人口数などを一括でサーチし表示可能で、テキストグラフだけでなく、地図上に表示させることも可能です。必要な数値やグラフ、地図をエクスポートしてレポート作成に活用することで、資料作成の手間を大幅に削減できます。

2.機械学習による未来予測で、エリアのポテンシャルを把握

 

豊富なデータソースと当社の機械学習技術により、町丁単位の現在及び将来の世帯年収推計や地価変動予測が可能※です。こうした独自の推計データは順次アップデートし、エリアのポテンシャルをデータドリブンで可視化するサービスを目指します。

※予測機能は現在開発中となります。公開は5月を予定しております。

【取得可能な情報】実証実験環境では下記のデータを取得可能です。
土地・道路基本情報:土地情報(用途地域、建ぺい率、容積率など)
災害・治安情報:ハザードマップ、地盤、学校偏差値など
交通利便: 鉄道駅、バス停、月極駐車場、サイクルシェアステーション
人口情報:属性別人口数、世帯数
経済情報:現在の世帯年収、大型商業施設数など
取得データを元にした未来予測※ :2年後の世帯年収予測(過去の年収レンジ別世帯数から同エリアの2年後の年収レンジ別世帯数を予測)

【サービス画面 イメージ】 
エリアを指定し、詳細情報と将来予測を表示

過去の土地成約情報や土地開発情報、学校区、属性別人口数などのデータをグラフや表形式でわかりやすく表示。収集データをもとに算出した、エリアの特性評価・2年後の物件需給予測・現在及び2年後の世帯年収予測※を表示可能。

用地取得に必要な、基本的な土地情報を網羅

用途地域やハザードマップ、駅や公園、近隣商業施設など、用地取得業務に必要な基本的な土地情報を網羅。必要な項目を選択し、地図上にまとめて表示可能。

【今後の展開】
実証実験期間を通してサービス品質を向上させ、5月にβ版を提供開始予定です。また、物件データインポート機能や、用地・物件情報を社内共有することができる機能など、業務をさらに円滑にする機能を実装予定です。

・物件インポート機能:社内に蓄積された既存のデータベースを本サービス内で表示し、取得予定候補地周辺の物件の坪単価や、供給戸数、初月成約率の統計データなどを確認することができます。
・社内共有機能:社内に散在している情報を、地図ベース、住所ベースで俯瞰して確認することができ、定性的な情報も追記することが可能です。

【実証実験環境を無料提供】
下記条件にて『DATAFLUCT real-estate.』実証実験環境を無料提供いたします。ご興味のある方は、real-estate@datafluct.comまでお問い合わせください。
・定期的なヒアリングにご協力いただけること
・無料提供は、有料版提供開始までの期間限定となります(2週間程度を想定)
・無料提供は、上限に到達次第締め切らせていただきます


<株式会社DATAFLUCTについて>
「データを商いに」というビジョンのもと、データから新たなビジネスを創出し企業と社会に価値を生み出すデータサイエンス・スタートアップスタジオ。衛星画像からPOSデータまで幅広い分析実績をもち、技術やデータに拘らず業界をこえたアルゴリズム構築が可能です。多彩な自社サービス開発の知見を生かしたDX支援のほか、データ活用でSDGsに貢献することを目指し、ビジネスと社会貢献を両立させる新規事業開発にも取り組んでいます。
※ 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の知的財産・業務での知見を利用して事業を行う、JAXA職員が出資・設立したベンチャー企業。

本社所在地:東京都千代田区麹町1-4-4 2F LIFULL HUB内
代表者:代表取締役 久米村 隼人
設立:2019年1月29日
電話番号:03-6822-5590(代表)
資本金:3億5,912万円(資本金準備金含む)
事業内容 :マルチモーダルデータ活用サービス(AI/機械学習/ビッグデータ解析)の提供、企業のDX支援
WEBサイト https://datafluct.com/
Twitter https://twitter.com/datafluct
Facebook https://www.facebook.com/datafluct/
note https://note.datafluct.jp/

<サービスに関するお問い合わせ>
株式会社DATAFLUCT 『DATAFLUCT real-estate.』営業担当
Tel:03-6822-5590 Mail:real-estate@datafluct.com


※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社DATAFLUCT >
  3. 用地取得に関わるエリアの情報収集・レポートを自動化 不動産ビッグデータ分析を支援する『DATAFLUCT real-estate.』提供開始