<ヴィス>上半期売上高が過去最高を更新(2022年3月期第2四半期決算を発表)

デザイナーズオフィス事業を手がけ、「はたらく」をデザインする株式会社ヴィス(本社:大阪市北区、代表取締役社長:中村勇人)は、2021年11月12日、2022年3月期第2四半期決算を発表しました。売上高は51億25百万円で前年同期比149.7%、営業利益は3億97百万円で前年同期比419.5%となり、上半期では過去最高の売上高となりました。

 

  • 2022年3月期 第2四半期業績

・予想比
2022年3月期上半期の業績は、売上高51億25百万円(予想43億49百万円、予想比117.8%)、営業利益3億97百万円(予想2億21百万円、予想比179.5%)と、上半期予想を大幅に上回りました。

 

・前年同期比
2022年3月期上半期の売上高は、“with コロナ”に対応したオフィスデザインの需要増加、大規模案件の受注・完工により過去最高を更新し、新型コロナウイルス感染症拡大前の水準へ回復しています。

 

・売上高と営業利益の推移
2022年3月期第2四半期(7~9月)の売上高は28億28百万円と過去最高を更新しました。

・受注高・受注残の推移
2022年3月期上半期の受注高は、大規模案件の受注により50億55百万円と過去最高を更新しました。


・大規模案件の受注状況
2022年3月期上半期の大規模案件(1億円以上)の受注件数・受注金額は、4件・5億3百万円と過去最高を更新しました。

 

・B/S概況
自己資本比率は67.4%と、60%台を維持しています。


・C/F概況
先行き不透明な状況下ですが、一定の手元流動性を維持しております。

 

  • 2022年3月期 業績予想

増収増益の見込みです。
新型コロナウイルス感染症拡大の影響が一定期間に渡り継続することを想定しつつも、売上高が回復しつつあることを踏まえ、売上高は前年同期を上回る見込みです。営業利益、経常利益、当期純利益についても、売上高の増加に伴い前年同期を上回る見込みです。


詳細は、本日発表の「2022年3月期 第2四半期 決算短信」「2022年3月期 第2四半期 決算説明資料」をご覧ください。

・2022年3月期 第2四半期 決算短信
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS02976/f31588e0/811d/4cb8/b4d8/d3bef8fd48f4/140120211112433876.pdf

・2022年3月期 第2四半期 決算説明資料
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS02976/c45f9eae/99e5/4f4b/bd86/d038774493c7/140120211112433915.pdf

・「IRTV」決算説明動画
https://irtv.jp/channel/4526

・「ログミーファイナンス」決算説明内容書き起こし
https://finance.logmi.jp/376610

・ヴィス IRサイト
https://vis-produce.com/index.php?category=ir&filename=ir_top
 

「はたらく人々を幸せに。」
株式会社ヴィスは、フィロソフィー(企業理念)である「はたらく人々を幸せに。」のもと、“はたらく”をデザインするワークデザインカンパニー。コンサルティング、ワークスタイリング、ブランディングを通して継続的に企業価値向上の実現をサポートしてまいります。
実績:デザイナーズオフィス実績 累計6,500件以上(2021年3月末現在)

【会社概要】 
社名:株式会社ヴィス
代表:代表取締役社長 中村 勇人 
設立:1998年4月13日
事業内容:デザイナーズオフィス事業、VISビル事業
事業所:東京オフィス、大阪オフィス(本社)、名古屋オフィス
 
▽URL
デザイナーズオフィス事業サイト:https://designers-office.jp  
コーポレートサイト:https://vis-produce.com  
「The Place(ザ プレイス)」:https://theplace.co.jp
「ココエル」:https://cocoyell.jp

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ヴィス >
  3. <ヴィス>上半期売上高が過去最高を更新(2022年3月期第2四半期決算を発表)