ランドマーク税理士法人、文京学院大学とインターンシップで連携

実務体験でミスマッチ解消、業界志す人材を育成

国内トップクラスの相続支援業務を手掛けるランドマーク税理士法人(本社 神奈川県横浜市、代表 清田幸弘 https://www.zeirisi.co.jp/)は、文京学院大学(学長 櫻井隆 https://www.u-bunkyo.ac.jp/)と連携し、8月から10日間、現役大学生をインターンとして受け入れ、会計ソフト入力や所得申告などの各種資料作成といった実務に近い業務体験を提供します。
 ランドマーク税理士法人は、これまでも大学側のインターン制度や単位取得のための評価など要望に合わせ、柔軟な受け入れ体制を構築し、学生個々人の将来キャリアを見据えたサポートをしつつ、各種実務を体験いただいてきました。2018年からは単位取得可能なインターンシップとして立教大学の学生を受け入れ、この度の文京学院大学においても、単位取得可能な制度として5名の学生を受け入れます。
 ランドマーク税理士法人は、これからもミスマッチ解消や税理士業界の人材不足解消の一助となるべく、各大学からのインターンシップ受け入れ要請に対応しつつ、業界を志す人材育成に取り組んでまいります。

■インターンシップの概要
受入期間:2021年8月から10日間
所用時間:1日8時間(8:30~17:30)
予定人数:経営学部2年生及び3年生5名
業務内容:会計ソフト入力・所得申告資料・法人税申告資料・相続税申告資料の作成など
備  考:所定時間以上の実習をする生徒には、成果に基づき2単位を付与

新卒採用説明会の様子新卒採用説明会の様子


■減少が続く税理士試験の受験者
近年、税理士試験の志願者は減少し、全国的に若手の人材が不足しています。税理士が担う業務領域が税務申告に限らず、中小企業の「社長の右腕」的な存在となりコンサルティングをするなど幅広いことを知ってもらい、ミスマッチを解消しながら採用拡大を目指すことが課題となっています。

 

国税庁サイトの公開資料より作成国税庁サイトの公開資料より作成

■ランドマーク税理士法人について

随時、セミナーを開催随時、セミナーを開催


 相続税をはじめとする資産税に特化した税理士法人。1税理士あたりの年間の相続税申告は平均約1.4件と言われる中、年間700件超の相続税申告案件を取扱う。前身である清田幸弘税理士事務所設立以来、相続税の申告件数は5,000件を超え、相続相談件数は19,000件超に及ぶ全国トップクラスの相続税申告実績を誇る。

社 名 : ランドマーク税理士法人(https://www.zeirisi.co.jp/
代表者 : 清田 幸弘
所在地 : 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1 横浜ランドマークタワー37階
設 立 : 平成20年1月4日
資本金 : 2103万円
事業内容: 1.相続・事業承継対策支援    2.相続手続き支援、相続税申告
      3.資産税コンサルティング    4.税務調査対策支援
      5.決算、確定申告(個人・法人) 6.セミナー開催
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ランドマーク税理士法人 >
  3. ランドマーク税理士法人、文京学院大学とインターンシップで連携