セ・パe交流戦 後節 DAY2(E vs D、C vs M、T vs B)【eBASEBALL プロリーグ 2020】

広島は完封リレーで勝率5割復帰!

セ・パe交流戦 後節 DAY2(E vs D、C vs M、T vs B)のアーカイブはこちら!

「 NPB eスポーツ公式チャンネル」はこちらから
https://www.youtube.com/channel/UC2QZ_00ZrbRv_LiXIulpk1w?sub_confirmation=1



【楽天 2-3 中日(クラウン)】


【出場プレイヤー】
E:荒木● D:新井○

楽天と中日のe交流戦。ともに苦しいチーム状況を背負っての対戦となった試合は、最終回の攻防を制した中日が白星を挙げた。

先に得点を挙げたのは中日・新井。1回表に2ベースのビシエドを大島が送りバントで進めると、アルモンテがレフトへタイムリーヒットを放ち1点を先制する。しかしその裏、楽天・荒木も先頭の島内をヒットで出塁させると、2番・浅村でバックスクリーンへ2ランホームランを打ち込み、すぐさま逆転に成功した。
逆転を許した中日・新井だったが、3回表に1死満塁から走者を一斉にスタートさせての内野ゴロで同点に追いつくと、3回裏からはリリーフにOB・浅尾を投入し、楽天打線を抑え込む。再び試合が動いたのは5回表、1死2塁で打席に入った高橋周が3ボールからの意表を突いたチェンジアップを左中間へ弾き返し1点を勝ち越した。
5回裏には楽天・荒木も2死2塁と同点機を迎えたが、浅村が放ったヒット性の打球をセカンドの阿部が好捕し試合終了。中日が僅差のゲームを制し勝利を手にした。

勝った中日・新井は毎回の9安打に小技を絡める執念の采配で3得点、好守も光り自身今シーズン初白星を手にした。敗れた楽天・荒木はイニングの先頭打者に出塁を許す苦しい展開が続いてしまった。

■試合後コメント
最終回に勝ち越しを決め、辛勝した中日・新井選手
「去年ずっと結果を残せなくて、それでも継続契約してくれた球団のためにも結果を残さないといけないと思っていました。ここまでは気負いすぎていたので、楽しんでやろうと思い臨みました」

 

最終回に勝ち越し、見事接戦を制したD・新井  ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment


【広島 5-0 ロッテ(クラウン)】

 
【出場プレイヤー】
C:伊勢家○ M:大石●

広島とロッテのセ・パe交流戦は、序盤から繋ぐ野球で効率的に得点を重ねた広島が勝利し、e交流戦3勝目を挙げた。
初回、ロッテ・大石は幸先良く先頭の岡をヒットで出塁させるも、牽制球で誘い出され得点に繋げられない。すると2回裏、広島・伊勢家は會澤と菊池のヒットでチャンスメイクすると、野間のセカンドゴロが相手のタイムリーエラーを誘い1点を先制。この回は続く代打・磯村とメヒアにもタイムリーが生まれ、一気に3点をリードした。
反撃に転じたいロッテだったが、3回表に迎えた2死1、2塁のチャンスでは加藤が内野ゴロに倒れ無得点に終わる。すると4回裏、再び連打で広島がチャンスを作ると、2死満塁から堂林と鈴木にダメ押しのタイムリーヒットが飛び出し、これで5対0。最後はフランスアから九里に繋ぐ継投で逃げ切った広島が完封リレーで勝利した。

勝利した広島・伊勢家は自身今シーズン2勝目でチームも勝率5割復帰。敗れたロッテ・大石は不運なエラーに見舞われ、試合を立て直すことが出来なかった。

■試合後コメント
終始余裕ある試合展開で勝利した広島・伊勢家選手
「前の試合でいろいろなことを考えながらやりすぎてしまった反省があったので、家でやっているかのようにプレーすることを心がけました。チームメイトと会話しながら楽しくできたのがよかったのかなと思います」

 

広島は完封リレーで勝率5割復帰とした  ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment 


【阪神 1-0 オリックス(クラウン)】


【出場プレイヤー】
T:脇○ B:高川●

昨季はオリックスが勝利した関西ダービー。2020年の対決では、僅かなチャンスを得点に繋げた阪神が勝利し、昨年のリベンジを果たした。

先にチャンスを迎えたのはオリックス・高川。1回表に2死からモヤが2ベースを放ったが、4番起用の頓宮が三振に倒れ無得点に終わる。その後も両チームともに走者を出すイニングが続くと、2回裏に木浪のヒットエンドランで1死1、3塁の好機を演出した阪神・脇が代打・糸原の内野ゴロの間に先制点を挙げた。
リードした阪神は、3回から小林、才木と繋ぎ、最終回には守護神・スアレスを投入。オリックスの代打攻勢を抑えきり、最小得点差を守った阪神が関西ダービーを制した。

勝った阪神・脇は開幕から全てロースコアゲームを制し、防御率0点台の安定感で自身3連勝。オリックス・高川は2度ノーアウトの走者を出しながらもともに併殺打に終わるなど、強攻策が裏目に出てしまった。

■試合後コメント
好調を維持し、開幕から自身3連勝となる白星を得た阪神・脇選手
「苦しい試合でした。自分らしいゲームをしようと思ってリラックスして試合に臨みました。調子が良くない中でどうやって勝つかというのをずっと意識してやってきているので、3連勝できているのは、自分の力が出せているのかなと思います」
 

開幕から無傷の3連勝となる白星をあげたT・脇  ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment


現在の順位はこちら!  eBASEBALL プロリーグ公式サイト 
https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/standings/?league=interleague

eBASEBALL プロリーグ公式サイト
https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/




 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 日本野球機構(NPB) >
  3. セ・パe交流戦 後節 DAY2(E vs D、C vs M、T vs B)【eBASEBALL プロリーグ 2020】