【10/28(木)16時】2021年最新事例をもとに解説!標的型攻撃メールの傾向と対策セミナーを開催

無料ウェビナー/標的型攻撃メールの最新事例や傾向を知れる/Zoomで気軽に視聴可能

LRM株式会社(以下 LRM、兵庫県神戸市、代表取締役CEO 幸松哲也)は、2021年10月28日(木)16時から、2021年の最新事例をもとに標的型攻撃メールの傾向と対策を解説するオンラインセミナーを無料開催します。Zoomでお気軽にご視聴いただけますので、ぜひご参加ください。


▼お申し込みはこちら(20秒で簡単)
https://www.lrm.jp/seminar/targeted-attack-approach
 
  • 開催の背景
「標的型攻撃メール」は、もともと大手企業を対象とした攻撃手法とされていました。しかし、近年は中小企業も被害を受ける傾向にあり、業種や規模を問わず警戒する必要があります。また、年々その手法は高度化していることから、これまで以上に普通のメールとの見分けがつきづらくなっており、被害に遭わないためには最新の攻撃傾向や見分け方を学び続ける必要があります。
そこで本セミナーでは、2021年最新の標的型攻撃メールの傾向や見分け方、対策をご紹介します。無料でご視聴いただけますので、ぜひお気軽にご参加ください。
 
  • 開催概要
【日時】2021年10月28日(木) 16:00-16:40
【費用】無料 (途中参加、途中退出可能です)
【視聴方法】Zoomによるオンライン視聴(Zoomアカウントをお持ちでなくてもご視聴いただけます)
 
  • 本ウェビナーで学べること
・昨今の標的型攻撃メールの被害状況
・最新の標的型攻撃メールの傾向
・標的型攻撃メールの見分け方や対策法
・標的型攻撃メールに引っかかってしまった場合の対処法
 
  • こんな方にオススメ
・最新の標的型攻撃メールの傾向を知りたい方
・標的型攻撃メールに従業員が引っかからないための対策法を知りたい方
・標的型攻撃メールに引っかかった際の対処法を知りたい方
 
  • お申込はこちら
https://www.lrm.jp/seminar/targeted-attack-approach
 
  • LRM株式会社について
​LRMは、情報セキュリティと業務効率を両立する「Security Diet」という理念を掲げ、情報セキュリティコンサルティング事業をおこなっています。2,000社を超える企業に対するISMS/ISO27001認証取得、プライバシーマーク取得をはじめとする情報セキュリティ体制構築支援の実績を持っています。

また、コンサルティングで培ったノウハウをもとに、情報セキュリティ関連サービスの開発・運営・販売事業もおこなっており、日本で一番身近な情報セキュリティ会社となるために日々活動しています。

会社名:LRM株式会社
本社 :兵庫県神⼾市中央区栄町通1-2-10 読売神⼾ビル5F
代表者:代表取締役CEO 幸松哲也
設⽴ :2006年12⽉
URL :https://www.lrm.jp/
事業 :情報セキュリティコンサルティング、情報セキュリティ関連サービスの開発・運営・販売

■主なサービス
・ISMS/ISO27001 認証取得コンサルティング
・プライバシーマーク 認証取得コンサルティング
・クラウドセキュリティ/ISO27017 認証取得コンサルティング
・ISO27701 認証取得コンサルティング
・ISMS/プライバシーマーク事務局業務アウトソーシングサービス「セキュリティBPO」
・情報セキュリティ向上クラウド「Seculio」
・容量無制限の法⼈向けオンラインストレージサービス「Box」
・データ分散型仮想デスクトップサービス「ZENMU Virtual Desktop」

▼お申し込みはこちら(20秒で簡単)
https://www.lrm.jp/seminar/targeted-attack-approach
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. LRM株式会社 >
  3. 【10/28(木)16時】2021年最新事例をもとに解説!標的型攻撃メールの傾向と対策セミナーを開催