“筐体設計に「時間戦略」を”『MISUMI FRAMES』UIデザインを大幅リニューアル

~より直感的な画面デザイン・新機能を追加、シンプルさと使いやすさを追求~

株式会社ミスミグループ本社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:大野龍隆)は、アルミフレーム筐体※1設計ソフトウェア『MISUMI FRAMES』のUIデザインを2021年3月4日に大幅リニューアルしました。
今回のデザインリニューアルのテーマは「シンプルさ、使いやすさ」。ユーザーのご要望をもとに全体のレイアウトを再設計、一貫して心地よい体験を提供できるよう、ユーザビリティを追求しました。
※1:機械や電気機器などの外装部分

 

 
  • 『MISUMI FRAMES UIデザインのリニューアル背景
『MISUMI FRAMES』は、お絵描き感覚で簡単にアルミフレームを用いた筐体などの制作物を設計できる、無料のインストール型ソフト。アルミフレームをはじめ筐体設計に用いるバリエーション豊富な製品を搭載し、手間のかかる作業を自動化する特長により、従来のCADソフトを利用した場合と比べ、設計から発注まで最大90%の時間短縮を実現※2。この高いユーザビリティが評価され、2020年2月のサービス開始から1年経過した現在、2万6千人のユーザーにご利用いただいています。
設計画面の操作性や視認性は生産性に深く関わっていることから、サービス開始から1年経過を機にUIデザインを大幅リニューアル。初めてお使いになる方でも直感的に機能を理解できることに拘りました。また、ファイルメニューや設計関連メニューを進化、操作性が格段に向上したことで各機能を迷わずスムーズに呼び出せるようになりました。ログイン後のスタート画面もレイアウトを刷新、最近使用したファイルやお知らせなどの最新情報が探しやすくなりました。さらに、「中間ファイル出力機能」へのアクセスを改良、操作画面からワンクリックで出力ができるようになるなど、ユーザーのご要望をもとに「シンプルさと使いやすさ」を徹底追求しました。
※2:当社調べ。従来のCADを使用した設計と比較した場合
 
  • 『MISUMI FRAMES UIデザインリニューアルポイント
1.設計画面のレイアウトを大幅リニューアル、さらに設計がしやすくなりました
・ 設計関連メニューは左側に統一しました
・ 「中間ファイル出力」ボタンをヘッダーに用意しました

2.画面デザインを刷新!シンプルで見やすく、快適な作業を実現
・ スタート画面のレイアウトを改善、お客さまの利用シーンに合わせて設計が開始しやすくなりました
・ 「お知らせ欄」を追加、最新情報(キャンペーンやメンテナンス情報)を表示

3.チュートリアルの追加
・ 設計画面上にチュートリアルを追加
・ チュートリアルを再生して操作方法を学びながら設計していただけます

  4.「商品履歴メニュー」を追加
・ 履歴が一覧表示され、カテゴリ単位で表示可能
・ 履歴から商品選択できるようになりました

  5.寸法入力時の計算機能追加
・ アルミフレームの長さや部品配置位置の数値入力時に四則演算が可能になりました

6.編集メニューバーの改良
・ 商品編集メニューを見やすく改良

7.2D作図画面の図面の印刷機能を新搭載
・ 「出力/印刷」メニューから2D図面が印刷可能

8.その他機能の改良

 
  • ミスミとは
オートメーションの現場で必要とされる自動化装置・部品や工具・消耗品などをグローバル31万社以上に販売。製造機能を持つメーカーと他社ブランド品を販売する商社としての顔を併せ持つ。ユニークな事業モデルとそれを支える事業基盤により「確実短納期」を実現し、お客さまの利便性向上に貢献しています。
 
  • 参考資料


Webサイト: https://jp.misumi-ec.com/special/alumiframe/frames/pr/
動画: https://youtu.be/jtIJlHYcmbM
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ミスミグループ本社 >
  3. “筐体設計に「時間戦略」を”『MISUMI FRAMES』UIデザインを大幅リニューアル