セ・パe交流戦 後節 DAY1(M vs S、B vs G、H vs DB)【eBASEBALL プロリーグ 2020】

2019ベストプロリーグプレイヤーのオリックス・指宿が3本塁打で快勝!

セ・パe交流戦 後節 DAY1(M vs S、B vs G、H vs DB)のアーカイブはこちら! 

 

「 NPB eスポーツ公式チャンネル」はこちらから
https://www.youtube.com/channel/UC2QZ_00ZrbRv_LiXIulpk1w?sub_confirmation=1


【ロッテ 5-2 ヤクルト(クラウン)】
 

 

ⓒNPB ⓒKonami Digital EntertainmentⓒNPB ⓒKonami Digital Entertainment


出場プレイヤー
M:清野◯ S:矢吹●

セ・パe交流戦後節はロッテとヤクルトの対戦でスタート。試合は2本のホームランでロッテが快勝し、交流戦無敗を継続した。

1回裏、2ベースで出塁した加藤が岡のセンター前ヒットで生還し、ロッテが1点を先制すると、これで波に乗ったロッテ・清野は2回裏に1死1、2塁からレアードでレフトへ3ランホームランを放ち大きくリードを広げる。対するヤクルト・矢吹も3回表に村上の2ランホームランで反撃するが、直後の3回裏にはロッテに再び一発を許してしまい、主導権を握れず。
以降はヤクルトもリリーフ陣が踏ん張り追加点は許さなかったが、ロッテ投手陣が先発の種市から小野、澤村へと繋ぐ継投でヤクルト打線をシャットアウトし、5対2で逃げ切りに成功。これでロッテはe交流戦2勝1分と好調をキープし、昨年に続き得意の交流戦で上昇のきっかけを掴んだ。

勝ったロッテ・清野は長打攻勢で得点を重ね、自身今シーズン初勝利。敗れたヤクルト・矢吹は序盤で甘く入ったボールを捉えられ、ペースを作れなかった。

■試合後コメント
効果的に得点を重ね、勝利を手にしたロッテ・清野選手
「開幕戦で勝てなくて、チームに悪い流れを持ってきてしまったかなと思っていたんですが、今日は勝ててよかったです」

e交流戦好調のロッテが長打攻勢でヤクルトを圧倒 ⓒNPB  ⓒKonami Digital Entertainmente交流戦好調のロッテが長打攻勢でヤクルトを圧倒 ⓒNPB ⓒKonami Digital Entertainment



【オリックス 3-0 巨人(クラウン)】
 

ⓒNPB ⓒKonami Digital EntertainmentⓒNPB ⓒKonami Digital Entertainment


出場プレイヤー
B:指宿◯ G:高川●

オリックスと巨人のe交流戦は、オリックスが助っ人の3本塁打で、巨人を相手に快勝を収めた。

初回を三者凡退に抑えて順調に立ち上がったオリックス・指宿は1回裏、モヤで豪快なソロホームランを放ち先制点を挙げる。対する巨人・高川は3回に代打・パーラのレフト前ヒットでチーム初安打を記録するも後続が続かず、反撃の糸口を見いだせないまま中盤戦へ。
追加点は3回裏、再びモヤが右中間スタンドへとソロホームランを放ち2対0とすると、4回裏にはジョーンズが高梨のスライダーを捉えてバックスクリーンへと叩き込み3点目。オリックスはこの得点を4投手の継投できっちりと守り切り、巨人打線を完封。助っ人の一発攻勢で相手を制圧したオリックスが、今季のe交流戦初白星を挙げた。

勝ったオリックス・指宿は3本塁打で、個人としても今季通算6本塁打目に。敗れた巨人・高川は4回表に無死1、2塁の好機を迎えたが走者を進められず、反撃機を逸した。

■試合後コメント
3本塁打&完封と、攻守に自分のペースで試合を進めたオリックス・指宿選手
「(勝利の要因は)強振の精度が良かったかなと思います。甘いところを捉えるという、自分のバッティングができました」

オリックス・指宿が2019シーズンのベストプロリーグプロプレイヤーの本領発揮 ⓒNPB  ⓒKonami Digital Entertainmentオリックス・指宿が2019シーズンのベストプロリーグプロプレイヤーの本領発揮 ⓒNPB ⓒKonami Digital Entertainment


【ソフトバンク 2-0 DeNA(クラウン)】
 

ⓒNPB ⓒKonami Digital EntertainmentⓒNPB ⓒKonami Digital Entertainment


出場プレイヤー
H:大上◯ DB:●大茂

ソフトバンクとDeNAの対戦となったe交流戦。強力打線のチーム同士が激突した試合は、僅かなチャンスをものにしたソフトバンクが、ロースコアゲームを制した。

DeNAはOB選手のラミレスをDHでスタメン起用し、必勝体制で臨む一戦に。しかし先手を取ったのはソフトバンク・大上。2回裏にヒットで出塁の上林が盗塁で2塁に進むと、松田にタイムリーヒットが飛び出し1点を先制。さらに松田も盗塁を成功させると、牧原のセンター前ヒットで生還しもう1点を追加した。
追いかける展開となったDeNA・大茂は持ち味の投球術で3回以降無失点に抑えたものの、失点後には立ち直りを見せたものの、攻撃面では良い当たりが相手の正面を突くなどリズムに乗れず。試合はそのまま終了し、2回に機動力を絡めた野球で得点したソフトバンクが勝利した。

勝ったソフトバンク・大上は前の試合での大敗を払拭する完勝で自身今シーズン2勝目をマーク。敗れたDeNA・大茂はナイスピッチ率90%超と歴代最高の数字を記録し、4奪三振の力投を見せたが、得点力不足に泣いた。

■試合後コメント
僅差の試合を制したソフトバンク・大上選手
「早い段階から2点を取ることができて、ずっと有利な形で試合を進められたかなと思います。ロースコアになるだろうなと思っていたので、投手戦で投げ勝ててよかったです」
 

ソフトバンク・大上が機動力で奪った得点を守りきって完封勝利 ⓒNPB  ⓒKonami Digital Entertainmentソフトバンク・大上が機動力で奪った得点を守りきって完封勝利 ⓒNPB ⓒKonami Digital Entertainment



現在の順位はこちら!  eBASEBALL プロリーグ公式サイト 
https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/standings/?league=interleague

eBASEBALL プロリーグ公式サイト
https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 日本野球機構(NPB) >
  3. セ・パe交流戦 後節 DAY1(M vs S、B vs G、H vs DB)【eBASEBALL プロリーグ 2020】