日本ゴールボール協会と契約締結

FPパートナーは、パラリンピック種目の「ゴールボール」を応援します!

 無料FP相談サービス「保険のビュッフェ」を運営する株式会社FPパートナー(本社:東京都文京区 代表取締役:黒木勉、以下「FPパートナー」)は、7月22日付けで、一般社団法人日本ゴールボール協会(会長 梶本美智子、以下「日本ゴールボール協会」)とオフィシャルパートナー契約を締結いたしました。 
 FPパートナーは、日本ゴールボール協会が行う活動への積極的な支援を通し、障がい者スポーツの普及・発展、選手の皆さまのご活動に貢献してまいります。
 


■日本ゴールボール協会 専務理事 樫尚史氏(写真右)コメント
 日本ゴールボール協会は、1994年に任意団体として活動をスタートし、2015年4月に法人格を取得いたしました。今後、より組織として強固にしていかなければいけないと思っておりますが、まだまだその最中でございます。また、来年には東京パラリンピックを控えておりますが、そこが終着駅ではございません。パラリンピック以降も日本国内で競技を広めていくためにも、FPパートナー様のお力をお借りしたいと思っております。

■FPパートナー 代表取締役 黒木勉(写真左)コメント
 私共は保険代理店という事業形態上、お客さまの保険契約の給付のお手伝いをさせていただく場面が多くあります。私自身、21年の業界歴の中で、高度障害保険金受け取りのお手伝いをさせていただいたことが2度ありました。起こりえないことと思っていても、突然障がいを抱えることは、誰にだって起こりえることです。相関性のある業種である私共が、日本ゴールボール協会様をご支援させていただくことで、ゴールボールが誰もが知っている競技へ発展するお手伝いができればと思います。また、今後、長く一緒に歩んでいけたらと思っております。

■ゴールボールとは
 
第二次世界大戦で視覚に障がいを負った軍人のリハビリ用として考案された競技で、パラリンピックの正式種目になっています。選手は視力の程度に関わらず、「アイシェード」というゴーグルを使用し、視界を閉ざした状態から、鈴入りの専用ボールの音を頼りに攻守を繰り返し、得点を競い合います。ボールの動きを読むには「音」が非常に重要なため、競技中は選手だけでなく、観客も静かにしていることが求められるため、「静寂の格闘技」とも言われています。
 また、男子日本代表チームは、2017年IBSAアジア・パシフィック選手権で銅メダル獲得、女子日本代表チームは、2012年ロンドンパラリンピックや2018年アジアパラ大会で金メダル獲得の実績があり、男女共に、2020年東京パラリンピックでの活躍が期待されています。

〈一般社団法人 日本ゴールボール協会〉
http://www.jgba.jp/
 


ボール(上)
重さ1.25kgのバスケットボールくらいの大きさ。中に鈴が入っていて、選手は鈴の音を頼りにボール位置を予測

アイシェード(下)
光を通さないように加工されたゴーグル




 


■株式会社FPパートナー

事業内容:
・無料保険相談サイト「保険のビュッフェ」の運営
・FP(ファイナンシャルプランナー)による無料保険相談サービスの提供
・生命保険・損害保険に関するマーケティング
・保険代理業(生命保険・損害保険)
設立: 2009年12月
資本金: 1億円
本社: 東京都文京区後楽1-5-3 後楽国際ビルディング5階
「FPパートナー」URL:https://fpp.jp/
「保険のビュッフェ」URL:https://www.hoken-buffet.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 保険のビュッフェ >
  3. 日本ゴールボール協会と契約締結