ベクトルがアパレル企業の「下取り」運営をトータルサポート!

日本ファッションECリユース連合会を結成し、「1.5次流通市場」を開拓!

ITを活用したアパレルの買取や販売を手掛ける株式会社ベクトル(本社:岡山県岡山市、代表取締役:村川智博、以下ベクトル)は、ファッションEC業界1位のZOZOやフリマアプリ業界1位のメルカリに対抗する「第2グループ」の確立を目指し、アパレルメーカーやリユース業者、商社、ショッピングモール、セレクトショップなどを集め、「日本ファッションECリユース連合会」を結成しました。

 

 

■アパレル業界の市場傾向

経済産業省の報告によると、日本のアパレル市場規模は、バブル期の約15兆円から約10兆円に減少する一方、供給量は約20億点から約40億点程度とほぼ倍増しており、市場に供給されたが消費されていない商品が相当数増加しているのではないかと推測されています。

※図:平成30年「繊維産業の課題と経済産業省の取り組み」

 

「日本ファッションECリユース連合会」結成の経緯

大手ECモールに出店する多くのアパレル企業は、顧客データを完全に入手することが難しく、顧客データを活用したマーケティング活動が困難な状況です。また、ECモール上では同じような商品が並列して表示されるため、価格競争に陥りやすく、顧客が他ブランドやリユース業者に流出する恐れがあります。さらに、近年のCtoCフリマアプリの浸透により、顧客の選択肢がさらに広がり、顧客自身が中古品を売ったり買ったりすることで、顧客がフリマアプリにも流出する恐れも出てきました。

  
そこで、当社が「1.5次流通のプラットフォーマー」となり、1次流通を手掛けるアパレル企業が顧客に対して新品購入時に「下取り」などの訴求を行うことで、アパレル企業が自社で顧客ロイヤリティの向上を図ることが可能になると考え、当連合会を結成するに至りました。2次流通を手掛けるリユース業者にも当社のプラットフォームを提供するなどし、様々な業種・業態の企業を巻き込み、「1.5次流通市場」を開拓して参ります。

■リユースを必要としている企業の信頼できるパートナーに
当社は、近年あらゆる企業からリユース事業への参入支援、事業提携のご相談を受けております。15年以上に渡り培ってきたリユースの買取・販売に関するノウハウを提供し、企業のリユース事業を支援することで、リユース業界が更に活性化すると考えております。今後、当社はリユース業界No.1のプラットフォーマーを目指し、システムプラットフォーム事業を展開して参ります。

アパレル企業に対するリユース事業参入支援 〜ブランド公認買取・販売サイト構築・運営〜
当社は、アパレル企業のブランド公認「買取サービス」「販売サービス」を構築・運営をすることで、アパレル企業のリユース市場参入をトータルサポートします。顧客は、ブランド公認のリユースサービスを利用することで、不要な洋服を下取りに出したり、ブランド公認の中古品を安心して購入したりすることができます。
アパレル企業は、インフラ整備なくリユース市場に参入でき、自社で「循環式」のファッションEC事業を構築することが可能です。自社の商品を顧客から買取し、新品より安価な価格で公認の中古品を販売することにより、新規顧客の囲い込みを図ることができます。また、買取サービスを利用した顧客に自社ポイントなどを付与することでECモールやフリマサイトなどへの顧客流出を防ぐことができます。

 ​
リユース業者に対する支援 〜流通プラットフォームを提供〜
当社は2003年の設立以来リユース事業に取り組み、ブランド古着通販サイト「ベクトルパーク」や宅配買取サービス「フクウロ]の運営をしております。取り扱いアイテム数は常時70万点以上と日本最大級の品揃えを実現し、国内最大級のブランド古着マーケットを構築し、日本のリユース市場の一端を担ってきました。
近年のリユース市場の拡大に伴い、買取・販売ともに取扱商品数が急激に伸びたため、2018年5月にアパレル物流に特化したロジスティックカンパニー「ジーエフ」と提携し、物流体制を強化しました。また、同年7月にビックカメラグループの「ソフマップ」、9月に即時買取アプリ「CASH(キャッシュ)」を運営するバンクと提携し、買取の多角化を進めて参りました。

 

現在リユース市場では、フリマアプリの台頭や大手による寡占が進んだことで、買取競争が過熱し、多くのリユース業者が買取に苦しんでいます。そこで、今後、希望する業者には、当社が提携企業から買取した商品を卸したり、当社の開発したマルチチャネル出品システムや流通プラットフォームを提供したりするなどし、「仕入」から「販売」までトータルサポートします。在庫管理や入金管理はもちろん、お問い合わせ対応や物流などバックヤードの作業も一括して当社が引き受けます。リユース業者は当社のプラットフォームを利用することで、仕入の安定化や売上の拡大を図ることができます。


■株式会社ベクトルについて  http://vectorcorp.co.jp/
「ゴミバコのないセカイへ」を企業理念とし、全国に100拠点展開するリユースマーケットプレイス(リサイクルショップ・出品センター)とブランド古着通販サイト「ベクトルパーク」の運営をしております。オンライン宅配買取サービス「フクウロ」や店舗で仕入れた古着ファッションアイテムを自社運営通販サイトを始め、楽天やヤフオク!等で販売するマルチチャネル販売戦略をとっており、取り扱いアイテム数は常時70万点以上と日本最大級の品揃えを実現しています。また、商品の査定から出品までの効率化を図った物流拠点「ベクトルグローバルポート」も新設致しました。今後は、他社との積極的な業務連携を図り、リユースビジネスを多角的に推進させる、新たな取り組みを行っております。

設 立:2003年2月
所在地:岡山県岡山市北区学南町3-2-1岡山放送別棟2F (岡山本社)
    東京都港区芝3-15-13 YODAビル4F(東京本部)
代表者:代表取締役 村川智博
資本金:2,800万円
従業員数:330名(2018年12月末時点)
売上高:4,780百万円(2018年4月期)
事業内容:リサイクルショップ運営、ECサイト運営、システムプラットフォーム事業
サービスサイト:ブランド古着通販サイト「ベクトルパーク」 https://vector-park.jp/
        古着宅配買取サービス「フクウロ」 http://vector-kaitori.jp/



 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ベクトル >
  3. ベクトルがアパレル企業の「下取り」運営をトータルサポート!