起業家支援のソラボ、オリンピック期間等の融資問い合わせ動向と創業相談キャンペーン

「資金調達支援事業」を実施する株式会社SoLabo(本社:東京都千代田区、代表取締役:田原広一、以下「ソラボ」)は、経営者からの資金調達・融資相談に関する7月中の問い合わせ動向及びオリンピック期間中の変動についてとりまとめました。

■ソラボへの問い合わせ動向
ソラボは、経営者や起業家(創業者)からの融資相談として、2021年1月~6月までは月間で約1000~1300件の問い合わせを頂いています。2020年3~4月にはコロナ関連融資の問い合わせ急増のため従来の倍以上の相談件数が続きましたが、コロナ関連融資の1回目の融資実行が落ち着き始めた7月以降は、従来の問い合わせ規模に戻りはじめ、その後は創業融資の相談も増加し、2020年末から春にかけては相談数が継続して増加傾向にありました。

しかし、2020年7月の1ヶ月間の問い合わせ動向を見ると、前月までの平均および前年同月に比べて問い合わせ数が25%近く減少している状況が確認されました。日別に数値分析をしてみたところ、複数の要因が想定されていますが、季節要因として第一にTOKYOオリンピックの開催期間とそれ以前での差が目立って確認されました。
 


このオリンピック期間前後に注目し、オリンピック期間前後を前年同期間と比較してみたところ、オリンピック開催期間中の方が8%以上の減少率であることが分かりました。これはオリンピック開催中で日本時間の日中および夜のゴールデンタイムにTV・インターネット観戦が可能なこともあり、問い合わせを検討する人が一時的に減少した可能性があると見ています。開催前は多数の批判が集まっていたオリンピックですが、開催後になってみると開会式の視聴率は50%を超えたという報道を皮切りに、日々のメダル獲得等のTV特集も増え、日本全体がアスリートを応援するムードに包まれ、国民の関心が高まっていることが伺い知れる状況となっています。

なお、今回の調査では、オリンピック開催前の期間(7月1日~20日)での前年度比減少率が20%とそもそも大きくなっている状況のため、その要因を調査いたしました。

ソラボの融資担当チーム責任者によると、「7月に入り、採択率が厳しめなことが判明した事業再構築補助金やコロナ融資の相談を受けることが減った。また、創業融資を受けたい人の中に、直近の創業融資を焦る人が減少した」といった状況が一定の要因になっていると見ています。
  期間 2020年同期間からの問い合わせ減少率
オリンピック開催前 2021年7月1日~20日 20.38%
オリンピック開催期間 2021年7月21日~31日 28.61%


相談の内容について、同責任者は、「感染の急増と緊急事態宣言の再開、ワクチン情報等が流動的であり、特に会社を辞めて創業しようとしている人にとっては不安要素が多く状況を見極めたいという人が増えている印象」としています。
従来、ソラボへの相談は「出来るだけ早く融資を」「半年以内に事業開始」といった短期間の準備で創業融資を希望されることが多い傾向にありましたが、現在は、「1~2年後の創業」をめどに情報収集期間に充てているというケースが増えてきているようです。
この観点から、実際の問い合わせの内容について、前年対比で創業融資相談の件数を集計したところ、2021年7月は前年度比で130件以上の減少が確認されました。これは、創業融資以外の相談数の変動に比べて1.3倍程度となっていることから、特に創業の相談は控えられた状況にあったと見ています。
 

また、TOKYOオリンピックの開催期間である2021年7月の1か月間での変動を分析するため、1か月間の問い合わせ数を見てみると、7月1日~20日の期間と7月21日~31日の期間を比較すると、1日当たり問い合わせ受領の割合が、オリンピック期間中では平均で9.93%低下していることが分かりました。これにより、前年の同期間対比でも、同月のオリンピック期間前後の対比でも、オリンピック期間前後で差が生じていることがわかっており、一定のオリンピック効果は生じているものと考えています。

ソラボでは、前述のいくつかの観点について、下記のまとめの通り複数の要因が7月の相談件数の減少につながっていると考えています。

<要因まとめ>

  1. オリンピック開催期間中において観戦等の影響もあり、経営者またはこれから創業を予定している起業家からの融資相談が一時的に減少した可能性があること
  2. 7月にはコロナ対策の経済支援の目玉であった「コロナ関連融資」に関する問い合わせがなくなりかけていること
  3. 2月~6月に注目を浴び、公募採択結果が公開された「事業再構築補助金」の採択率が判明したことなどにより、補助金関連の融資相談の問い合わせも減少したこと
  4. 2021年7月中旬~下旬にかけて、コロナ感染者数急増や変異株の脅威に関する報道激化が見られる一方で、ワクチン接種がまだ浸透しきっておらず、この夏は状況を静観している創業希望者が増加傾向にあること


■創業融資相談キャンペーン
ソラボでは、これらの状況を踏まえて、創業を検討する方々のニーズに応えるため、夏の無料相談キャンペーンとして、融資支援以外にも創業までに必要な各種の業者手配(物件探し、工事、設備購入、インターネット回線、携帯電話、固定電話、集客ツール等)に加え、税理士・行政書士等の専門家探しの手配も、創業予定者に向けて原則無料で実施していく予定です。

・創業者向け・夏の無料相談キャンペーン:~8月20日まで
・創業者からの問い合わせ先:下記のサイトを通じてお問い合わせをお願いいたします。
https://so-labo.co.jp/financing-support/

※期間中、「創業融資に関する相談」とご記載いただければ、融資無料相談(30分程度)と、業者・専門家手配についても原則無料でご案内を行わせていただきます。

 

■株式会社SoLaboについて
法人経営者および個人事業主の皆さまへの「融資支援」業務を行っております。「経営革新等支援機関(認定支援機関)」として毎月1,000 件以上の新たな融資相談に対応しており、豊富な経験と専門的なノウハウを基に、お客さまにあった資金調達方法をご提案しております。

会社名:株式会社SoLabo (ソラボ)(URL:https://so-labo.co.jp/ 
所在地:〒101-0021 東京都千代田区外神田1丁目18-19 新秋葉原ビル7階
代表者:代表取締役 田原 広一
設 立 :2015年12月
資本金:4,334万円
 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社SoLabo >
  3. 起業家支援のソラボ、オリンピック期間等の融資問い合わせ動向と創業相談キャンペーン